わたしとスフィア(1)/前史としての「おからじ」

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

スフィアが充電期間に入るということなので、なんとなく自分なりにいままでのふりかえりをしようかなあと思いました。自分の語りたいことだけを語る、誰得企画です()

今回は、ぼくがスフィアを知ったきっかけである「豊崎愛生のおかえりらじお」について。

アニメの世界へ

深夜アニメに初めて興味を持ったのは高校生のころ。特に高校の同級生から「ハヤテのごとく!」を布教されたのが一番のきっかけだった。

「ハヤテのごとく!」との出会い

あのときに、主題歌のCDやら、ラジオCDやら、キャラソンやらを、たくさん渡されたのだった。

白石涼子さん、釘宮理恵さん、田中理恵さん、植田佳奈さんなど、いま思えばすごい人たちが名を連ねていたなかで、特に衝撃的だったのが伊藤静さんの演じる桂ヒナギクのキャラクターソングだった。

なんと、キャラソンとして1つのアルバムを出していたのだった!

※ ちなみに、桂ヒナギクはその後もリリースを続け、今までに単独キャラ名義で3枚もアルバムを出し、ソロライブも敢行している。

「キャラソン」という存在自体がまずもって驚きだった。そして、そのクオリティの高さにも驚きました。これ、声優さんが歌ってるんだ…という驚き。

アニラジとの出会い

そこから「声優」という人たちを明確に意識するようになって、ラジオなんかも聞くようになっていった。当時、まだ深夜アニメを見始めたばかりの高校生だったぼくは、アニラジの世界に少しいた。

「喜多村英梨のROYAL×RADIO」とか、今でもやってる「名塚佳織のかもさん學園」とか、「Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO」とか、「YAMAKING!!」とかは、わりとずっと聞いてた記憶がある。

「とあるラジオの禁書目録」で伊藤静さんが酒を飲みながら放送した回とか、「とあるラジオの超電磁砲」で愛生ちゃんがらっきょうを食べた回とかは、すっごく印象に残ってるw

ラジオを聴き漁ってるなかで出会ったのが「豊崎愛生のおかえりらじお」だった。

「豊崎愛生のおかえりらじお」について

出会ったのは、まだED曲がDEPAPEPEの「いい日だったね」がだったころw

最初に聞いたときは衝撃でした。なんて和むラジオなんだ…!と。 たまらず視聴し続けた。

愛生ちゃんが1人喋りをしてるのを聞いていると、オシャレな洋楽に混じってときどきソロ曲が流れてくるんですよ。

そのなかで特に好きだったのが「Magical Circle」だった。どうやら「Dill」というシングルが発売されるらしい。聞いてみるとそっちもかなりいいじゃないか!

そのころ「けいおん!」のCDを買い漁っていた自分は、初めて声優さんの名義のCDを買うことになった(ちなみにけいおんでは澪ちゃんが好き)。

そしたら、ちょうどOrbitのあたりだったかな、ソロだけじゃなくてスフィアをやってるらしい、ということを知る。愛生ちゃんがスフィアのライブのことを嬉しそうに語ってるのを聞くと、スフィアにも次第に興味がわいてくる。

そうして、最初に購入したスフィアのCDが「LET・ME・DO!!」だった。

たぶん、今のスフィア勢ってorbitの前後あたりでスフィア好きになったよーってぐらいの人がボリュームゾーンなんじゃないかと勝手に思ってる。

この頃は「けいおん!」をやってた時期だったし、唯ちゃんが好きで、愛生ちゃんも好きになったよって人は多いんじゃなかろうか。

自分も似たような時期だけど、今振り返ってみるときっかけはおからじだったなあ…と思います。

いまの自分がはじまったのはここから。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~