バドミントン専門サイト「シャトルサークル」オープンします!

以前お伝えしていたように、バドミントンの記事だけを独立させて新しいサイトをオープンさせました!

移転作業はちょっとずつ進んでいて、過去に書いたバドミントン関係の記事がすでに一部移転となっています。

ただね、WordPressへの移転作業が死ぬほどめんどくさい…orz

その辺は今後「WordPress奮闘記」としてこのブログでお送りしますw

なぜこのサイトが登場しなければならなかったか

初心者から中級者や、その指導者を対象にした、わかりやすいサイトがあんまりないなあと思っていたからです。

問題の所在

バドミントンの技術解説をしているブログやサイトはそれなりにあります。

特に、下記2サイトは、管理人さまが日本のトップクラスのプレーヤーであり指導者でもあります。ぼく自身こういうサイトを目指したいと思っています。

他方、バドミントンを始めたばかりの人にとってわかりやすいコンテンツは、未だに整備されていると言い難い面もあるとぼくは考えています。

バドミントン界には、日本語書かれた定番の理論書、指導書というのがなかなかありません。

それは例えば、哲学ならプラトンの『ソクラテスの弁明』、歴史学ならE.H.カーの『歴史とは何か』のような、初学者がまず読むべき定番の入門書のようなものがバドミントン界にない、ということです。

『バドミントン・マガジン』などで一部の強豪チームのノウハウを断片的に兎集することはできても、それらを体系立てて理解することはなかなか難しいのが実情ではないでしょうか。

結果として、どうしても指導の中に理論的基礎づけがないまま、借り物の概念でいわゆる「根無し草」のまま指導が行われている面も否めません。

新しいサイトで発信すること

そこで、新しいサイトでは、バドミントンを上達したい、あるいは楽しみたいという人に向けてこんなコンテンツを配信していこうと思っています。

  • 初心者に対しては、簡潔に、かつ、明快に。
  • 初中級者に対しては、もう一歩上達するためのヒントを与えられるように。
  • 指導者に対しては、理論的基礎づけを与えられるように。
  • 保護者に対しても、何か発見があるように。

そんな内容にしていけたらなあと思っとります。ゆくゆくは「とりあえずこのサイトで勉強したら?」って言ってもらえるようにしたい。

それから、やがてはうちのサイトを卒業して、バドミントンアカデミーさんのような優れたサイトを読むための橋渡しとしたいです。

サイト名について

新しいサイトの名前は「シャトルサークル」です。

「シャトル」は、バドミントンの「シャトルコック」からとっています。"shuttle" という語の「行ったり来たりするもの」という意味から、著者からの一方的な発信ではなく、読者の方とをつなぐ象徴としての意味を持たせています。

「サークル」は、「場」を表す語の中から選定。また “shuttle” と “circle” で韻を踏んでいます。ちょっとした言葉遊びw

引用元:http://www.shuttle-circle.net/about

英語の堪能な数年来の友人に相談を持ちかけたところ、素敵なアイデアをいただいたので、全面的に採用させてもらいましたw

新たな局面へ!次の一歩を踏み出します。