愛用1年の SATOLEX Tsubomi DH298-A1 をレビューしてみる

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくは大学生のころに、某氏の影響で少しだけイヤホンにこだわるようになりました。まだ「オーディオ沼」ってのに片足を突っ込むまではいってませんけどねw

さて、そんなぼくが前回購入して気に入ったイヤホン(SATOLEX Tsubomi DH298-A1)をリピ買いしたので、評価というかレビューのようなものを書いていこうと思います。ユーザーの評判もいいですよ!

SATOLEX Tsubomi DH298-A1

f:id:or_chard:20171130015427j:plain

前のイヤホンの購入はちょうど1年前。ながらく愛用してたんだけど、コネクターのあたりが断線してしまったので買い直さなければならなくなりました。

で、何買おうかなーって考えたんだけど、わりと迷わず「リピ買い」に決めました。それが SATOLEX Tsubomi DH298-A1 ってやつです。

コストパフォーマンスが抜群

なんといってもこのイヤホンのすごいところは、コストパフォーマンスが抜群であるという点でしょう。3500円あれば買えちゃうんです。価格破壊と言ってもいいレベル。

もともとは、1万円台のイヤホン(SHUREのSE215)使ってました。ただ、当時は会社を辞めてお金にも余裕がないなかで、予算は5000円ぐらいかな…となったわけです。

e-イヤホンの「5000円以下のイヤホン」コーナーで1時間も2時間も滞在して色々試し聴きしてみたものの(お店の人ごめんなさい)、なかなかしっくり来るものがない。あーでもないこーでもないと悩んでました。

やっぱり1万円クラスからグレードを下げようと思ったら妥協が必要かなあ…と諦めかけていたときに サトレックスのTubomiシリーズ を見つけたわけでした。

SHUREのSE215から乗り換えるには十分なレベルだったので、ざっくりと「1万円弱のイヤホンと遜色ないレベル」であると思ってもらえればいいんじゃないかな。

ハイレゾ対応

ぼく自身はハイレゾ音源を聞く機会ってほとんどありませんが、このイヤホン(SATOLEX Tsubomi DH298-A1)はハイレゾ対応らしいんです。

5000円以下でハイレゾ対応のイヤホンってほとんどでてないそうで、そういう意味でも業界の「刺客」とも言える存在なのかもしれません。

ハイレゾ対応しようと思ったら一定以上の品質じゃないといけないだろうし、そうなると低価格に抑えるのは難しいでしょうからねえ。

われわれは「2倍の価格がするものは2倍の価値がある」と思ってしまいがちだけど、そうとは限らないんだなあ…と、このイヤホンは教えてくれますw

個人的なレビュー

1年前に初めて聞いたときは、女性ボーカルで色々試し聴きしてたんですよね。

豊崎愛生さん、スフィア、ClariS、高垣彩陽さん、LiSA、Kalafinaなどで試し聴きしていました。いまだとAqoursとかも聞いてる。

Tsubomi DH298-A1は、そういう女性の中高音域のボーカルもけっこうクリアに聞こえるのが嬉しいところです。

安い価格帯のイヤホンって、シンバルの音が「シャリシャリ」なりすぎてたり、ボーカルが「こもる」感じがして苦手なんだけど、そんな安っぽさも感じさせません。

ClariSや豊崎愛生さんのような優しい声の人の曲も

高垣彩陽さんやKalafinaのような実力のある人の曲も

スフィアやAqoursのような元気な曲も

ちゃんとしっかり聞けます!

低音のバンドサウンドもしっかり響いてきます(GRANRODEOも遜色なく聞ける、といえばアニメ界隈の人なら納得するんじゃないでしょうか)。なにこれ、すごい…。

あとはイヤホン本体がめっちゃ軽いのも嬉しいところですね。どんな素材使ってるんだろうw

イヤーピースの装着感だけちょっと好みが分かれそうな感じ。「薄い」というか、耳の穴に設置する面積がちょっと狭いかなーみたいな。

f:id:or_chard:20171130015513j:plain

慣れれば問題ないけど、気になる人はイヤーピース買ったりしなきゃいけないかもしれません。ぼくはこのままで1年以上使ってますが、どうしても不安ならそういう手もあります。

e-イヤホンによる評価

あとはe-イヤホンによる評価も見てみましょう。「イヤホンといえばこのお店」って感じだよな!いつも参考にさせてもらってます(

DH299-A1と比較すると、どうしても低音のシャープさや、全体の安定感は格下ですが、上位機種のニュアンスや、意図は感じられると思います。はっきりくっきり、全体に均整の取れた優等生です。どう考えても10,000円ぐらいはするんですが、4,000円以下の販売価格。 (※引用元:e-イヤホン

「どう考えても10000円ぐらいはする」というところには本当に同意したいところ。

直近まで1万円クラスのイヤホン(SHUREのSE215)を使ってた自分も「あ、これはいける!」って思えました。おっしゃるとおり「優等生」だなあと感じさせられます。

SATOLEXってなに?

聞いたことなかったんだけど、それもそのはず。

大阪府の八尾市にある部品メーカー(株式会社ホシデン、創業1947年)発のブランドらしいんだけど、1982年を境にコンシューマー向けの販売をやってなかったんだそう。

ここのところは企業向けに作ってたところから、再びコンシューマー向けの商品へ参入してきたみたい。

これを「技術的には難しくなかった」というんだから驚く。こんな技術力をもった会社が、日本にはまだまだたくさんあるんだろうなと思うとワクワクしますね!

→関連:ハイコスパなハイレゾヘッドホンブランド、SATOLEXの謎 | USENの音楽情報サイト「encore」 | スマホで音楽を聴く | USEN音楽放送 | スマホアプリ | スマホでUSEN

個人的には、八尾市は大学生のころに頻繁にお世話になっていたので、そういう意味でも勝手に親近感持てますw

e-イヤホンで購入しました

  • 5000円以下で買えるイヤホンを探している
  • 手軽に買えるハイレゾ対応のイヤホンを探している
  • 女性ボーカルの音楽が好き
  • イヤホン選びで迷いたくない

こんな人にはオススメしておきますb

一応、最後にAmazonへの商品リンク貼っとくけど、ぼくはこのイヤホンをe-イヤホンで購入しました。よければそっちでも見てくださいましー。

SATOLEX Tubomi DH298-A1

SATOLEX Tubomi DH298-A1

実店舗いくとワクワクしますよ!実機で視聴もできるから自分で納得して選べるってのが嬉しいところ。

それから、これはあくまでもエントリーモデルなので、上位版が気になる人はそっちもどうぞ。ぼくもいまの事業が軌道に乗ってお金が回り始めたら上位版にも手を出したいなあと思っとりますw

SATOLEX Tubomi DH299-A1

SATOLEX Tubomi DH299-A1

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~