【ポケモンGO】知らない人とレイドバトルに挑んできた!

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ポケモンGOのレイドバトルを成功させるために、「知らない人に声をかける」というやつを初めてやってきました!

知らない人と一緒にレイドバトルに挑んだ

ぼくが住んでるのは人口5万人ほどの小さな市です。

そんなぼくの地元でも、家の近所でレイドバトルが催されることがときどきある。土曜日の日中、めずらしく人通りの多い場所にあるジムにスイクンがあらわれたので、早速駆けつけてみました!!

レイドバトルは、1人じゃ勝てないからおもしろい

スイクンのような強いポケモンを制限時間内に倒すためには、数人で戦う必要があるんですよねー。いかに最上級者といえども、仕様上ソロプレイでは絶対勝てないようになってる。

だから大人数で挑む必要があるわけです。ポケモンGOの「よくできてるなー」って思うポイントですね。

さて、スイクンへのチャレンジを数回試みるも、人数が足らず(3名前後)、なかなかバトルに突入できずに20分ほどが経過してました(人口の少ない都市の宿命)。

ぼくが声をかけられたのはそんなときだった。

知らない人でも緊張しない!

???「すいません、スイクンですか?」
ぼく「あ、そうです!」

不意打ちでめっちゃキョドったけど、スイクンゲットを目指す同志だし、まあ打ち解けるのは早かったですw 待ち時間はポケモンの話とかしてました。

お互いどう考えてもご近所さんなんだけど、リアルの詮索はしない。これ、マナーだからな!

公民館の近くだったんだけど、明らかにスマホ片手に居座ってたので「こいつポケモンGOやってるな…」ってのはすぐわかったみたいです()

…ちなみに、声をかけられたのは、男の人と女の人の2人組。親子でポケモンGOをやっているという、なかなかおもしろいコンビでした!

しかしそれでも人数が足りない!もう少し、あと2−3人いれば…。というところ。

そんなとき、スマホ片手にちょうどこちらに歩いてきた男女カップル2人組!リア充爆発しr(待て

なんて声をかければいいんだろう

ぼくは即座にリア充カップルさんのもとに自転車こいで接近を試みました。

ぼく「すいません、スイクンですかー?」
カップル「あ、そうです!」
ぼく「人数ぜんぜん足りなくて困ってるので、よかったら一緒にやってもらえないでしょうか?」

こんな感じ。2つ返事でOKしてくれたリア…カップル2人組には感謝しないとな!!

結局、ぼくと、親子と、カップルという5人がその場で集まって野良パーティが結成され、近くにいたであろう数名と協力して10人でスイクンに挑戦!

バトルスタート!

息子さんはぼくと同年代だし、話の内容的にもよく分かるんですよ。中上級者だわ。レベルも30こえてて手持ちも充実してる。

気になるのはお母さんの方です。どんなモチベーションでやってるのかは非常に気になるところ。

待機時間中の親子の会話では「えー、でもお母さんあんまり強くないからー」とか言ってたから、戦力としてあんまり期待してなかったんだけど、お母さまが使ってたポケモンはカイリューとかだった。

マッマ、十分強いやんけwwww

※実際には、強さにかかわらず誰にでもレイドバトルに参加する権利はもちろんありますよ(

レイドバトルの結果は…

無事スイクンを倒すことができました(^^♪ ホンマにこんな感じやった!!!見知らぬ人たちと、共通の目的のために共闘し、熱狂する!!!

ADVENTURE TOGETHER!!

終わったあとは「ありがとうございました〜」って言って解散。あっさりしたもんだけど、ゆるーいつながりのほうが何かといいよね。

知らない人とでも、話が弾む神ツール。それがポケモンGOだ!!!

ちなみに5人の野良パーティのなかで、ワイだけスイクン捕まえられなかったwwwwww

イエ川ロー児wwwwwwwwwwwwww

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~