何かのファンなら、ブログどんどん書いたらいいよ!

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくは「ファンはブログやるといい」って思ってます。理由は以下の2つ。

  1. ネット上にアーカイブされて検索しやすい
  2. 関係者の目に留まりやすい

今日はそんなお話。

ファンがブログをやるべき理由

Twitterもいいけど…

Twitterで発信してる人はたくさんいます。ぼくがフォローしてる人にはほんとうに素敵なツイートをする人がたくさんいます(ちなみにそういうツイートは積極的にRTやふぁぼしてます)。

でもツイートってすぐに流れていっちゃうじゃないですか。しかもあとから検索してもほとんど引っかからない。それがもったいなさすぎるんだよねー。

自分ですら整理できずに「あのツイート引っ張ってきたいんだけど、どこにあったっけ?」ってなっちゃいがち。

ましてや他人が「あの人のツイート、すごくよかったんだけど、いつどこで見かけたっけなー」って思って探してくれたときなんか、よっぽどのことがないとTwitter単体だと見つかりません。

そういうとき、TogetterとかTwilogとかが便利だけど、ブログを組み合わせるって選択肢もいいんじゃないかなって思うわけですよ。

特にRTやふぁぼをたくさんもらうような人は、そのツイートをブログに埋め込んでまとめとくだけでも十分。「ライブの感想記事を自分のツイートまとめだけで済ませる」ってのは1回やってみたいっすねw

イメージ的には以下の記事、ほとんど本人のツイートをまとめただけで1記事になってるけど、こんな感じのレベルでも十分ですw

ブログって、Twitterと違って流れていかないんですよね。Googleとかの検索エンジンにちゃんと引っかかってくれるし、自分のブログの「カテゴリー」や「月別アーカイブ」などから簡単に探すことができる。

なんだろう、たとえるならTwitterがフローで、ブログはストック…みたいな感じ。

せっかくあなたの頭のなかから生まれたその言葉、「フロー」で終わらすのは非常にもったいない。「ストック」にしちゃったほうがいいと思うんだよねー。

意外と読まれているかも?

いわゆる「ファンビジネス」であれば、ある程度Twitterだって関係者から読まれてるとは思うんだけど、ブログだったらその可能性はより高くなります。

なんてったってGoogleで気軽にポンと検索するだけで引っかかるんですよ。検索からだったら、関係者だって、本人だって読んでくれているかもよ?

たとえば「もう、そうするしかない」さんのブログをミューレ関係者が知らないとは到底思えない。

ミューレ声優さんたちみたいにラジオやってれば、感想とかはそっちに送ればいいんだろうけど、そうはいかないこともあるよね。たとえばClariSとかはラジオやってないし、オリックス・バファローズのことだってそう。

そうなったら「ブログで感想を書く」ってのは「ダイレクトに感想を届ける」って意味でアリなんじゃないかと思うんですよ。

ポケモンの対戦考察で有名な人のブログを、当然のように増田順一さんは知っていた…みたいな話はその辺にゴロゴロ転がってそう。

ブログに感想記事書いてるときは、まず第一に本人にラブレターを書いてるぐらいのつもりで書いてます。

もちろんスタッフや本人だけでなく、「ファンの人にも読んでもらえる」ってのもあります。それが共感を得られたりしたら、やっぱ書いてよかったなあって思ったりします。

無名でも、拙くても、発信しちゃいな!

ぼくなんて文章クソ雑魚ですよ。

夏コミとかでサークルから同人誌出してる人たちのほうが文章もうまいと思うし、見ているポイントも冴えてると思うし、共感も呼べると思う。

だからぼくはたびたび自問しています。「このブログ、書く価値あるんか?」ってね。

でも、意味があるかどうかは書いてみないとわからない。なにが評価されるかなんて公開するまでわからないし、そもそも価値なんて移ろいやすいもの。

http://www.tokiwa-grove.com/entry/valuation

もし価値がなければGoogleの検索結果から淘汰されるだけだし、それならそれでいいやーと思って自己満足で書いてます。

最低限大事なのは、書いてる本人が真剣に書いてること。ぼくの愛するショーペンハウエルは、優れた文体の最低条件は「表現したいことがあること」だと言っています。これさえあればとりあえず大丈夫やでって言ってくれてる。

そこですぐれた文体の第一規則は、主張すべきものを所有することである。あるいはこの規則は第一規則どころか、第二第三の規則をほとんど必要としないほどの、十分な規則であると言ってよい。
 
引用元:ショウペンハウエル「著作と文体」『読書について』63頁、岩波文庫、1960年。

だから、拙くても大丈夫。それはそれで、あとから読むとおもしろいもんですよ。5年前にmixiで書いてたやつ、移動させたのでここに貼っときますね。キャーwwwwはずかちーwwwwwww

こっちは4年前に書いたやつ。すでに長文癖がこのときからあったことがわかります()

書くという行為は、「表現したくてしたくてたまらない」熱いものを抑えきれなかった結果生まれるもの。思索の果実、感情の結晶だと思っています。

とりあえず、こみ上げてくるものがあるなら!!どんどん書くんだ!!!何かを感じた、いま、その瞬間にっ!!

500文字だろうが、5000文字だろうが、分量は問題じゃねえ!書きたいことがあるなら書けばええねん!!

…そしてそれをブログという「ストック型」のものにしちゃうと、なおいいよね。そんな話でした。ちなみにブログ持ってない人は、はてなブログがけっこう使いやすくていいよw

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~