【プロ野球のヤジ問題】選手や監督に敬意を持つことのできない人は嫌いです

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

昨日はオリックス・バファローズのホーム最終戦を見に行ってきました。山崎福也投手の2016年夏の陣ユニが入手できてよかった!!

f:id:or_chard:20171008183802j:plain

試合内容はあまりにも残念な感じだったけれど、それよりも残念だったのはオリックスファンの態度ですねえ。

エラーが出ればヤジ、チャンスで凡退すればヤジ、投手が打ち込まれればヤジ、福良監督のインタビュー中にヤジ。しまいには、なぜか応援団にまでヤジを飛ばす人がいる始末。

ぼくはヤジを飛ばす人が嫌いです。なぜかというと、選手や監督に敬意が感じられないから。彼らは上から目線で何様のつもりなのだろうか。

評論家気取りの素人は滅びろ

ヤジは愛だろうか?

よくある言説として「ヤジはファンの愛だ」ってのがあるけれど、まったく同意できませんね。

たとえば昨日の試合、ライトでエラーした吉田雄人選手に対して、ものすごい罵声を浴びせていた人がいました。

ライトスタンドからの声って、ライトに守ってる選手にも聞こえるんですよね。たぶん吉田雄人選手的にはキツかったと思います。

「ヤジ」を飛ばす人って、「ヤジ」で言うことをそのまま選手に対して1対1で同じことを言えるんでしょうか。 たとえば吉田雄人選手の面前で、まったく同じことを言えるの?無理だよね?

ほらほら、その「愛」とやらを面と向かってぶつけてみろよ。 「福良ぁ!俺とかわれー!!」って福良監督の前で言ってみたら?

匿名だから増長して、そういうしょーもないヤジを飛ばそうって気になるわけだよね。面と向かって言う勇気すらない雑音です。そんな雑音は耳汚しにしかならないので今すぐやめるべき。

匿名になると増長するってのは、ショーペンハウアーの言うとおりですよ。インターネットやっててもよくわかる。匿名のクソコメの多いこと。

スタンドからのヤジ。それは匿名のクソコメと似たようなもの。そこに「愛」など介在しない。

プロ選手はエラーしなくて当然?

f:id:or_chard:20171008184505j:plain

三振、エラー、チャンスでの凡退、四死球などに対してヤジを飛ばす人もよく見かけます。

「プロだから失敗しなくて当たり前」というのもよく聞く言説だけど、それにも同意できない。

多くの人は大事なことを忘れている。相手もプロ選手なんですよ。プロ選手同士の真剣勝負。そりゃ、毎回成功するわけがない。

テニス、バレーボール、サッカーのように、対戦相手や天候などの外的要因に左右されがちな技術を「オープンスキル」と言い、ダーツ、サービス(卓球やテニスなど)、バスケットボールのフリースローなど、外的要因に左右されにくい技術を「クローズドスキル」と言います。

野球で求められる技術というのはほとんどが「オープンスキル」なので、それだけ相手の技術レベルによってミスが誘発されるのは当然といえる。特にバッティングなんかはそうだよね。

いくらプロ選手だといっても人間です。ミスだって出る。当たり前。別に失敗しようと思って失敗しているわけじゃないし、手を抜いてるわけでもない。

「ミスをしない完璧な選手」を求めるのは、プロ選手を「雲の上の存在」「自分とは異質な存在」として見ていることにほかならない。

しかし、少し考えてみればわかるように、最初は誰でも自分たちと同じように初心者だったし、中級者だった。その延長線上にトップ選手がいる。

プレーの質は違えど、やってることは本質的に初心者や中級者と変わらない。自分たちと同類なわけですよ。草野球と同じ。

お互いに、結果を出すために全身全霊で取り組んでいる。だからこそ、うまくいかないことだってある。何かしらスポーツやってる人なら、ある程度わかるんじゃないかなあ。

一流選手同士、お互いの真剣勝負の場です。選手にも、監督にも、敬意を持って当然だよね。それなのに心ないヤジを飛ばす人にはそういう敬意が感じられない。その時点でダメ。

金払ってるから?

「こっちは金出してるんだから、ヤジを飛ばされて当たり前」って言葉もよく聞く。果たしてそうだろうか。

では、お金を払わないで地上波のテレビ放送で試合を見ているときは、一切文句を言わないでしょうか?結局テレビの前でピーピー文句垂れてるだけじゃないの?笑

また負け試合のあとには必ずと言っていいほど聞くのが「金返せ!」というヤジ。

こういうことを言うってことは「お金を払って、勝ち試合を見に行く」ってことになるけれど、まったくもって不合理極まりないので今すぐやめることをオススメします(

そもそも、今年のパ・リーグ1位のソフトバンクホークスですら勝率7割を切っていて、ほぼ3回に1回は負ける計算。自分の応援しているオリックス・バファローズに至っては勝率5割を切っている。

なのに「お金を払って、勝ち試合を見に行く」って行為は割にあってなさすぎるんだよね。お金を払っているのは、他のことに価値を感じてるからでしょう。

応援で声をだす、選手の一挙手一投足に注目する、一流のプレーを間近で見る、勝つか負けるかわからない試合に手に汗握る、知り合いと会う場として、などなど。

お金さえ出してれば何言っても許されるって姿勢は、「誰のおかげで飯を食えてると思ってるんだ!」と息子や娘に威張り散らすオヤジや、ファミレスにあらわれるクレーマーどもと大差ない。

「応援」しましょう

たかがお金を払っただけで、なぜか上から目線で偉そうにヤジを飛ばす人の多いこと!

プロ選手に対しても、1人の人間として敬意を持ちましょうや。 どんな道徳教育受けてきたのか知らないけれど、人間として最低限必要なことじゃない?

野球場にいくたびに、もうちょっと暖かい声援を聞きたいなあ…と思わずにはいられない。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~