勘違いすんなよ!ポケモンGOはレベル30ぐらいからが本番だからな!

ぼくの周りでポケモンGOをいまでもやってる人は随分と減ってきました。

しかしここでぼくは声を大にして言いたい。

ポケモンGOがおもしろくなるのはレベル30ぐらいからだからな!!!!!!

せっかくなので声だけじゃなく文字も大にしてみt(殴

「ジム」こそポケモンGOのおもしろさの真髄だ!

  • 「バイオーム」や「季節変動」などがある
  • レアなポケモンが出ると嬉しい
  • ARのゲームである

などなど、ポケモンGOには様々な魅力があります。

他方で、ポケモンGOに飽きる人が多い理由として「歩いてボール投げるだけのポケモンGOはおもしろくない」ってのがあると思います。

しかしポケモンをゲットするだけがポケモンGOのおもしろさではありません。むしろ、ポケモンのゲットはこのゲームの基本行動にすぎず、おもしろさは別のところにあります。

ぼくが「ポケモンGOおもしろい!」と思い始めたのは、ジムのおもしろさがわかってきはじめてからでした。

ジムでポケコインが入手できる

f:id:or_chard:20170617035507j:plain

というのも、ジムにポケモンを配置するとポケコインやほしのすながもらえるんですよ。

ポケコインは「魔法石」のようなもので、本来課金アイテムです。通常プレーでは一切入手不可能。そんなポケコインを入手する唯一の方法が「ポケモンをジムに配置する」ということ。

したがって、レベルが上ってくると、いかにジムに自分のポケモンを配置し続けるかというゲームになってきますw

ポケコインがあると孵化が楽になる

  • カイリュー、バンギラス、デンリュウのような、珍しいポケモンを入手する
  • ジム戦で使うための高個体値ポケモンを厳選する

これらには「孵化」がもっとも効率の良い方法です。

そしてその孵化の効率を大幅に上げるのが「ふかそうち」であり、「ふかそうち」を入手するために「ポケコイン」が必要だ…というわけです。

ポケコインを稼ぎ続ける方法

特に車などで人がやってきにくい田舎や郊外のジムの場合、一度CPの高いポケモンを配置してしまえば、数日間脅かされることはありません。

1体でもCP3000オーバーのカイリューやバンギラスやギャラドスを持っていれば、長期に渡ってそのポケモンをジムに配置し続けることが可能です。

そして、21時間毎にジムに配置したポケモンの数だけボーナスが貰える…ってわけです。

その辺のコツとかは以下の記事を参考にしてみてください。

「レベル30ぐらいからが本番」の意味

ポケモンGOはレベル30ぐらいからが本番です。

ポケモンGOにおいて、ポケモンはレベル30までが能力の伸びやすい、いわば「成長期」です。

>参考:【ポケモンGO】ポケモンの成長曲線を理解しよう!成長期はレベル30までです|ポケマピ

そしてポケモンがレベル30になるためには、トレーナーレベルもおよそ30あたりまで到達していないといけません。

>参考:【ポケモンGO】ポケモンにもレベルがあるって知ってた?トレーナーレベル+1.5のレベルまで強化できる!【最大40レベル】|ポケマピ

トレーナーレベルが28のとき、ポケモンのレベルは最大29.5まで育つことになります。したがって、まずはこのあたりを目指したいところ。

このあたりまでくると、カイリューで3000、ギャラドスでも2700をこえるCPとなるため、タワーの中層ぐらいには位置することになります。

田舎や郊外のなかでも、車で行きづらいようなジムの場合、タワーの中層にポケモンを配置していれば「ほしのすな」と「ポケコイン」を21時間おきに入手することが可能になります。

まとめ

  • ジムにCPの高いポケモンを配置
  • 「ポケコイン」と「ほしのすな」を入手
  • 「ポケコイン」のお陰で孵化が捗る
  • 高個体値ポケモンと「ほしのすな」を入手
  • 手持ちのポケモンが強化される

…という理想的なサイクルを回すことができます。

この理想的なサイクルにきづいたとき、あなたはポケモンGOの虜となっていくことでしょう!

そしてそのためにはレベル30あたりをまずはめざしましょう…ということです。

ポケモンGOやるなら

おすすめサイト

どことは言いませんが、ポケモンGOについていえば、明らかにクラウドソーシングで外注したような低品質な記事が検索の上位に来てます。

ひとことでいうと「愛がない」。

ドライなビジネスって感じが文章の端々から伝わってくるしょーもないサイトが乱立しています。そんな中で「愛」に溢れた攻略サイトがあるので紹介。

>外部リンク:ポケマピ|ポケモンGO攻略サイト

このサイトがすごいのは、海外のポケモンGOサイトからも有益な検証記事を拾ってきて、それを日本語にして紹介してくれているところです。

もちろん独自のコンテンツもたくさんあるんですが、このサイト見てればとりあえず情報はバッチリつかめますね。

また、ポケモンGOでジム戦をやっていて悩むのは、「このポケモンの最適技はなに?」ってことです。

このサイトはコンボDPSという指標を提供してくれているので、かなりわかりやすい。

おすすめツール

1つだけ外部ツールをあげておくなら、オススメは「ピゴサ」です。近くにヨーギラスがいる!あと○分で消滅!などがひと目でわかります。

>外部リンク:https://pmap.kuku.lu/

ピゴサの使い方は以下を参照のこと。

>外部リンク:https://pokemongo-get.com/pokego708/

レアポケモンの出現を見落とすことがなくなるのはでかい。ミニリュウのアメ集めも捗りました。

おまけ:日本人はぬるゲーに慣れすぎ

スクフェスみたいに、音ゲーなのに「ゲーム」パートがあまりにおもしろくないと、やってて退屈なんですよね。

日本で展開されてるアプリゲーって、結局ゲームのやりこみ度合いよりも課金額によって優位性が決まるゲームばっかりです。

その点、Nianticから出るゲームはちゃんと「ゲーム」してます。課金額よりもやりこみ度合いがものを言う。Ingressしかり、ポケモンGOしかり、です。

歯ごたえのあるゲーム、たまにはやってみるのもいいんじゃないでしょうか。足腰がボロボロになるまで近所を歩き回りましょうw

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain