だいたいのサービスはGoogleアカウントがあれば解決するよね

【スポンサーリンク】

f:id:or_chard:20170513234744p:plain

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

Googleのサービスはどれも使い勝手が良くて、こんなのが無料で使えるのかという驚きが正直あります。最近、めっきりExcel使わなくなりました。

ぼくはすべてのデータをGoogleに集約しています。

そもそもGoogleは何の会社なの?

突然ですが、Googleって何の会社なんでしょう?あの会社はなんの事業をやってるの?

検索…というのがパッと思いつく答えかもしれませんが、それだけでは不十分。

Googleが提供しているサービスを見てみると、検索、動画(YouTube)、メール、オンラインストレージ、表計算、ワープロ、メモ帳、地図、アドレス帳…など多岐にわたります。

一見何の会社なのかわからないかもしれないけれど、Googleは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」ことを使命としているんだそう*1

つまり、Googleにデータを集約しとけばだいたいなんでも便利になるよ…ってことです。知りたい情報がパッと見つかるってこと。

メール添付不要!なんでも共有できるGoogleドライブ

f:id:or_chard:20170513233121p:plain

ぼくは仕事で色んな人と、動画や、原稿、金額データの照合などのやり取りをしています。

そんなとき、いちいちメールにファイルを添付してる人って多いんじゃないでしょうか。

…でも見てほしい動画が20本もあったらどうしますか?20個も全部メールに添付するの?めんどくさいよね。

しかもメールのデータ容量が大きくなるから、相手にも迷惑がかかるよね。1か月3GBまでしか高速通信できないような人に1GBのメールを送り付けたらヒンシュクでしょ…ってことですw

そんなときはみんなが閲覧できる「共有フォルダ」をインターネット上に持っときましょう。

パソコンだろうが、タブレットだろうが、スマホだろうが、インターネットにつながってさえいれば、どこからでも全く同じものを見ることができます。

画像、動画、音声、PDF、文書、表、スライド…などなど。共有できるファイルはオンラインストレージを使うのが一番いい。

>外部リンク:Google Drive

Excel不要!表計算ならGoogleスプレッドシート

f:id:or_chard:20170513233333p:plain

Excelって作業をはじめるまでにクソ時間かかるよね。

あれは「Microsoft Excel」ってソフトをいちいち起動しなきゃいけないからです。しかも同じExcelなのに「Excel 2007」と「Excel 2013」では、色の見え方が違ったり、対応していない関数があったりするわけです。アホくせえ。

ウイルス対策ソフトも、会計ソフトも、今は「クラウド」ですよ。常に最新版を使えるのはGoogleスプレッドシートです。ネット上で完結できるんだったらそれでいいじゃんって話になるよね。

会社員時代にはExcelを添付して上司に送ったりしてましたが、アホくせえってずっと思ってました。いまは「スプレッドシート見といてね~」ってURLをお知らせするだけです。

あとから編集したとしても、常に全員が最新版を見ることができるってのがもっともわかりやすいメリット。

f:id:or_chard:20170513233146p:plain

共有するときもURLのお知らせだけだから、メールみたいなお硬い「文書」じゃなくて、ハングアウトとかLINEとかSkypeみたいな「チャット」でも十分。

>外部リンク:Googleスプレッドシート

Word不要!ワープロならGoogleドキュメント

同上。

  • Excel→スプレッドシート
  • Word→ドキュメント

>外部リンク:Googleドキュメント

メモ帳不要!走り書きならGoogle Keep

日常、あるいは仕事で用いる言葉のやり取りって、ワープロみたいに文字装飾や段落設定をいちいちしなくていいものがほとんどではないでしょうか。

基本的にプレーンテキストで十分なわけですよ。そういうときは「メモ帳」を使うのが一番。Google Keepってのが便利です。

カテゴリーごとに色分けができたり、リマインダー機能がついていたり、タグ付けでメモを整理したり、不要になったメモを削除ではなく「アーカイブ」に放り込むことができたりします。

あとすごいのは、短い音声もメモとして残せることですね。手が塞がってて文字入力ができないときでも、音声なら簡単に残せたりする。

f:id:or_chard:20170513233438p:plain

もちろんこうしたメモを「共有」することができます。

>外部リンク:Google Keep

メールはGmailに一本化

f:id:or_chard:20170513233629p:plain

10年ぐらいYahoo!メール使ってましたが乗り換えました。

返信のときの広告表示が鬱陶しいのと、メールの検索や整理の機能性が段違いだった。

Gmailだと、独自ドメインのメールも使えるので、末尾が「@gmail.com」ではないメールを使うこともできます。

それからやっぱり便利なのが「アーカイブ」「タグ付け」機能ですね。

もう読まないメールを「削除」と「アーカイブ」にわけられるのが嬉しい。

予定表ならGoogleカレンダー

f:id:or_chard:20170513233726p:plain

Googleカレンダーは使いやすいUIが特筆すべき点。

また、「予定の30分前」などリマインダーを設定することもできます。

さらにすごいのは「自宅に着いたらリマインダーによる通知」のように、位置情報から判断して通知を設定することもできる。

地図ならGoogle Maps

これはかなり使っている人も多いと思いますが、Googleマップは便利ですよ!

身近なところだと、渋滞情報とかがわかったりしますよね。この記事執筆時点だと、京セラドーム大阪からほっともっとフィールド神戸へはほぼ渋滞無しで行くことができるな~ってわかる。

f:id:or_chard:20170513233747p:plain

公式ブログに書いているとおり、あれは、規約に同意した人の「位置情報」を匿名で大量に集めることによって、いまこの道路は渋滞している…などがリアルタイムで把握できるようになってるんです。

自分のカフェや飲食店を持っている人だと、Google My Businessに登録することなんかもできちゃう。

f:id:or_chard:20170513233759p:plain

これら全てをGoogleに一本化するメリットは?

情報を集めれば集めるほど、ユーザー側にとっても便利な設計になっていることです。

オンラインストレージならDropbox、カレンダーならLifebearのように、それぞれ単体で見れば良いサービスってたくさんあるんだけど、結局は全部Googleのサービスでまとめたほうが便利なんだよね。

たとえば、Gmailでコンサートや飛行機のメールを受信したらGoogleカレンダー上にもそのスケジュールが登録されていたりします。

f:id:or_chard:20170513234731p:plain

ぼくの訪れた土地や、アクセスしたウェブサイトの情報などから「この人はオリックス・バファローズのファンだな」って判断したら、試合の途中経過を通知してくれたりします。

位置情報から判断して「今いる場所からだと、11時半までに電車乗らなかったら、自宅への終電を逃しちゃうよー」とかも通知してくれたりする。

いちいち乗り換えアプリを起動して、家までの最寄り駅の電車を検索する必要すらありません。本当にすごい。

これらを統括するのがGoogleアプリだ…というわけです。

Googleのサービスは基本的に無料で使えるので(対価は自分の情報提供)、会社とか立ち上げるなら、ツールはGoogleのサービスでできないかな?って考えてみるといいんじゃないでしょうか。

>外部リンク:Googleのサービス一覧

唯一の致命的な欠陥は「インターネットにつながっていないとなにもできない」ってことですが、今よりますます「インターネットはつながっていて当たり前」の時代になります。

だから心配ないよ。

Googleは「遊び心」のある集団でもあるので、大好きですw

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain