【朗報】部活動の外部コーチが、国家資格になるっぽいぞ!

【スポンサーリンク】

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

先日、某リア友氏から「部活動の外部コーチが国家資格になる」みたいな話をチラッと聞いて調べてみたらマジだったので、この記事にまとめてみます。

イエーイ 将軍みてるー?(AA略

部活動指導員の制度化

実はすでに今年の3月に、文科省は「部活動指導員」の制度化を発表しており、4月にはその制度がスタートしています。知ってましたか?僕は知りませんでした()

松野文部科学大臣「部活動指導員の制度化により、地域のスポーツ指導者等が部活動の指導や引率を職務として行うようになりますので、生徒の技術の向上に資するとともに、教員の業務負担に資するものと期待しています。」

※動画内より抜粋

その「部活動指導員」を国家資格にしようって動きもすでにできているようです。

文部科学省は4月から、外部人材が指導や大会への引率を行うことができる「部活動指導員」制度を導入しており、国家資格化により指導者の信頼性を高めたい考えだ。

引用元:部活指導者の国家資格検討=外部人材を積極活用へ-自民|時事ドットコム

年内には制度の概要ができあがり、来年以降に関連法整備を経て実現…ってことみたいなので、「国家資格を持った部活動の外部コーチ」って人間が登場するのは、そんなに遠い未来の話じゃないことが分かります。

自民党は、学校の運動部活動のレベル向上や安全確保のため、指導者の国家資格制度導入に向けた検討を進める。各種目で専門的技能を持つ外部人材を積極的に活用することで、指導内容を充実させるとともに、教員の負担軽減につなげることも狙う。年内に制度の骨格をまとめて政府に提言し、来年以降に関連法整備を経て実現することを目指す。

引用元:部活指導者の国家資格検討=外部人材を積極活用へ-自民|時事ドットコム

問題の所在

そもそも「部活動指導員」が登場する背景には、どんな問題意識があったのでしょうか。

それは「教員の負担が大きい」ということと「専門外のスポーツ等の指導をしなければならない」ということです。

大学までサッカー一筋だったA先生。突然テニス部の顧問を命じられたとしましょう。こうなると2つの不利益が生じます。

  1. A先生は自らの意思とは関係なく、新しくテニスの勉強をし直さなくてはならない
  2. テニス部の生徒たちは、競技経験のない顧問の先生に教えられなければならない

やっぱりある程度まで「餅は餅屋」だと思います。

たとえばバドミントンを教えられる人間はたくさんいます。全国大会に出たことすらないぼくですら「バドミントンの指導やるぞー」とか言ってるんだから、そりゃあ全国にたくさんいますよw

それに「高校までバドミントンがんばってきました!」みたいな人が、バドミントンを仕事にしながら生きていける道だってあってもいいと思うんですよね。

しかし現行の制度だと、公立校ではなかなかそれを受け入れることができない現状がある。

その他、東京新聞の記述がよくまとまっていてわかりやすいと思います。

運動部の活動では、競技の専門知識を持たない教員が顧問を務めるケースが多く、教員の長時間労働の原因にもなっている。こうした状況を解決するため資格制度の制定構想が浮上。住民が主体となって運営する「総合型地域スポーツクラブ」や、学校近隣にある水泳や体操などの民間スポーツクラブの指導者を想定し、公的な資格を与えることで指導力や責任が明確になり、保護者の安心感にもつながることが期待される。

引用元:部活指導に「国家資格」 民間参加、教員負担減も|東京新聞

確かに指導者の競技レベルと指導能力とは比例しません。

ぼくの中学校の先生はバドミントンの競技経験がありませんでしたが、バドミントンをみっちり教えてくれました。母校は10年間で団体戦や個人戦で大阪府ベスト4入り以上を果たした年が5度以上あります(近畿大会や全国大会へも出場経験あり)。

また、西本拳太選手の指導にも携わっておられる(?)「お師匠はん」(@Nn_OP)さんもそうですよね。

…とはいえ、どちらかといえばそんなケースは多くありません。だからこそ「部活動指導員」なるものが制度化されることになった…というわけです。

具体的に何をするの?

スポーツ庁からの通知として、具体的には以下のものが挙げられていました。これらのことを「部活動指導員」がやってもいいし、顧問の先生がやってもいいですよってこと。

  • 実技指導
  • 安全・障害予防に関する知識・技能の指導
  • 学校外での活動(大会・練習試合等)の引率
  • 用具・施設の点検・管理
  • 部活動の管理運営(会計管理等)
  • 保護者等への連絡
  • 年間・月間指導計画の作成
  • 生徒指導に係る対応
  • 事故が発生した場合の現場対応

引用元:学校教育法施行規則の一部を改正する省令の施行について(通知)|スポーツ庁

特に「学校外での活動(大会・練習試合等)の引率」が加わったのは大きいと思います。

ぼくが高校生のとき、女子の試合に顧問の先生がついていっていて、男子は他校で練習試合…みたいなことがありました。

そのときにバドミントン部に名前だけ貸してくださってた副顧問の国語の先生が、練習試合の引率に来てくださっていたんですよね。

練習試合のあいだ、バドミントンには目もくれず1日中本を読んでいたことがありました。あのとき副顧問の先生には本当に申し訳ないなと思ったものです。

個人競技だと「大会の会場が1日で2つ以上にわかれる」なんてことはザラにあります。引率可能な部活動指導員さえ配置できれば、こういうとき困らないよね。

すでに実例もある

実際に、それを自治体単位で制度化しているところもあるようです。滋賀県草津市の取り組みが京都新聞で紹介されていました。

ただ「年間30回が上限」ってのはちょっと少なすぎる。週1回ペースでも年間50回ぐらいにはなりますからね。

指導は年間30回が上限で、1回2千円の謝礼を支払う予定。新年度当初予算案に70万円を計上した。市体協には27の競技団体が加盟しており、市スポーツ保健課は「人材を把握している体協のノウハウを生かしていきたい」とする。

引用元:外部コーチで指導力アップ、教員は負担減 滋賀・草津の中学|京都新聞

ともあれ、今後は「部活動のアウトソーシング」も、いまよりは一般的になっていくんじゃないでしょうか。ぼくとしては「チャンス」だと思ってます。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~