保育士にも色々あるんだなって思った話

【スポンサーリンク】

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくはバドミントンをやっているんですが、大会に出たりして話をしていると、いろんな世代の人、いろんな業界の人がいるんだなーってのを実感します。

そんな中でも今日は「保育士」の話。

保育士業界はブラック?

ぼくは未婚ですが、同世代あたりだと周りにそろそろ結婚してる人が出てきています。ぼくのチームの人や、母校の先輩などの中には既婚者もけっこういてる。その人達にとっては子育ても遠い未来の話じゃないよなあ…なんて思うわけです。

…いや、ぼくは子育てには無縁だと思いますが(駄

共働きだと、子育てでまず困るのは保育所の問題。待機児童が多くて「日本氏ね」ってはてな匿名ダイアリーが国会で取り上げられたりもしてましたよね。

もう1年以上前になりますが、週刊ニュース深読みって番組で保育士不足に関する諸問題を取り上げていたんですよ。

バドミントンの「オグシオ」こと小椋久美子さんが出演していたので、ボーッと見ていた記憶があるw

保育士には専門性が求められているのに、それを保護者が理解せず、国からの助成も他の分野に回って経営も難しい…みたいな話をしてました。

保育士の仕事をしてる人の話

このブログではときどき記事にしていますが、市民大会レベルだと男女混合の団体戦ってのがけっこうあります。

それで、大会も準優勝で終わり、いい気分で試合後に飲みに行ったわけなんですが、そのときに保育士やってる人の話が印象に残ってます。

「週刊ニュース深読み」の放送のイメージが残っていたので、「保育士ってめっちゃブラックなんでしょ…」って思ってたんですよ。

でも、その子の話を聞いてると、めっちゃイキイキしてるんですよねー。「天職だ」とまで言ってた。その人にとってはいい職場なんだそうで。

「ほーん、そんなこともあるのかー」と思って調べてみると、保育士でも結構色々あるみたいね。

  • 無認可の保育園で勤務していたときはベッドに蓋をしていた
  • 少人数の職員で監視するような保育

みたいな話があるかと思えば、

  • 個々に子どもの状態を把握した、個別的な保育
  • 広い園庭で思いっきり遊べる

みたいな話もあるんだそう。体験談とか一度読んでみるもんですね。発見ってのはどこであるかわかりませんw

>外部リンク:元保育士が届ける保育士転職総合サイト

「子どもを見る」という仕事

NHKの「奇跡のレッスン」って番組があるんですが、そのバドミントン編をいまでもよく覚えています。

マレーシアの、ミスボン・シデクというコーチが「指導者が子どもたちの人格を形成する」とまで言い切っていたんですよ。

子供たちがスポーツに夢中になるとき、あなた方は子供を失います、それは、指導者が彼らの人格を形成するからです。でも信頼してください。私たちは子供たちに人生を生き抜くための独立心を持たせたい。

上の言葉は、ミスボン・シデクさんが親にむかって言ってたこと。子どもを預かるなら、こういう志を持ってやりたいものです。

それはスポーツの指導者はもちろんのこと、人格形成に大きく寄与する保育士さんでも同じことだよね。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain