【NHK】業務委託の人に地デジから衛星に受信契約変更させられたんだがwwwww

はー?キレそう

イエロー(@inahime_poke)です。

事の顛末

インターホンが鳴ったのでとりあえず応答したのが運の尽きでした。

委託「NHKの業務委託のものですー。おまえのところテレビ設置してんのに受信料払ってねえぞ(゚Д゚)ゴルァ!」

ぼく「住所登録変更してなかったわ、すまんな。前の家で住んでたときに契約してるから確認して、どうぞ。住所はこれやで^^」

委託「住所確認できたで!変更手続き終わったわ。ほな、また。」

これで、一件落着。さーてアニメでもみるか…と思ったのですが。そうはいかなかったのでした。

委託「…あ、ちゃうわ!この集合住宅、BSのアンテナあるからアンタのところ衛星放送の契約にしてもらわなあかんねん!

ぼく「は?」

委託「デジタルテレビやったらBS映るやろ?はい、衛星契約な。」

ぼく「は?」

委託「契約も変えといたから。ほな、また!」

ぼく「」

実はBSも見れたうちのハイツ

うちのハイツの建物自体にBSアンテナがついているので、これはもう有無を言わさず契約必須なようです。

見ている見ていないは関係なく、アンテナが設置されていれば衛星契約の受信料だと。

衛星放送を受信できる設備をお備えの場合は衛星契約が必要です。お客様に該当するお手続きをお選びください。

引用元:放送受信料 衛星契約への契約変更のお手続き|NHK

もはやテレビを設置するのをやめたほうがいいかもね。

>参考:【NHK衛星契約】BS対応マンションで「観ないから払わない」は通用せず ならば賢く支払い堪能しよう|マネーの達人

うちの場合、テレビはほぼBlu-ray Disc再生専用機と化しています。テレビなんて見てねーよ!BSなんてなおさら見てねーよ!って話。

普段は自分で買ったアニメやライブのBlu-ray Discを見ているし、J sportsオンデマンド、YouTube、ニコニコ動画、hulu、dアニメストアなんてのもある。

Twitterぶらーっと眺めてるだけでもそれなりに時間は潰せる。終戦直後の日本じゃあるまいし(笑)、世の中コンテンツにあふれています。

そろそろテレビありきのパラダイムから脱却しないと、もう時代錯誤でしょ。

今回の一件、なにが納得いかないか

「住所変更」のところまでで話が済んで、一件落着、アニメでもみるか…のところで終わってれば今回はなんのストレスもなかった。

でもそのあと地上波契約から衛星契約に変えさせられたのはマジで納得がいかない。今回で一気にNHKに対する心象が悪くなりました。

でも感情論で話をしてもしょうがないし、「放送法」みたいなNHKのために作られた法律をひっぱりだしてどうのこうの言っても意味がない。

それから、公共に資するお仕事だからNHKの職員の給料が高いのもまあいいかって感じ。問題はそこじゃない。

ちょいと冷静になってみましょう。今回なんで納得いってないか考えてみた。問題は2つあると思いました。

受信料の不公平

色々とごねてNHKの受信料を払っていない人が一定数いますよね。2016年の実績だと、受信料を払っているのは8割しかいない。

受信料を払っていない人が2割もいるんですよ!?低すぎ。論外。

別に根拠はないけど、その受信料を払っていない2割の分を埋め合わせるかのように、衛星契約で補填しようとしている意図が見え見え。

そこを衛星契約で埋め合わせるんじゃなくて、まずは受信料の支払い率9割5分ぐらいを目指してほしいところ。

不公平でしょ。

衛星契約の料金が高すぎ

そもそもNHKは公共放送だから、水道料金とか電気料金みたいに「設置してるだけで基本料金がかかる」ってのはわかるんですよ。

公共に資するNHKの地上波やラジオなどを維持するのに月1000円ほどかかる。人件費とか機材代とかも込みで1000円。

そういう話なら「まあしょうがないか」と思えるわけです。そこを争う気はないの。

ただ、衛星契約があまりにも高額すぎるでしょうってことがいいたいわけ。

  • 地上波で1000円/月←わかる
  • 衛星放送でさらに1000円/月←は?

視聴率を度外視して、社会的弱者に寄り添った番組を作ることもできるだろうし、「Eテレ」の教育番組なんかも公共放送ならではです。

幼少の頃といえばNHKの教育テレビにかじりついていた。ハッチポッチステーション好きでしたよw

中学生の頃にはラジオ講座の「基礎英語」や「ラジオ英会話」にすごく助けられました。おかげさまで中学英語はすんなり理解できた。めっちゃ感謝してる。

大学生の頃は「まいにちフランス語」のおかげで第二外国語のフランス語の学習も楽しめたし、ZAZというシャンソン歌手とも出会えたし、仏検3級取るところまでいけた。

CMスポンサーの意向を気にしなくていいから、「最大公約数」的で似たり寄ったりなしょぼいコンテンツしか扱えない民放にはできない芸当が、NHKさんならできる。

たとえば、いまバドミントンと無縁な小学生に「バドミントン見たことある人?」って聞くと、以前よりたくさん手が挙がるようになりました。

それは他でもなくNHKがリオ五輪のバドミントンの放送をやってくれたからだと思ってます。

公共放送はぜひとも必要。そう思って、テレビなんか1日30分も見ないけど、公共のためにと地上波の料金をマジメに払っていたわけです。

でもそれとほぼ同額の料金を「衛星放送の料金」として選択の余地なく徴収されるのはさすがに納得がいかない。

  • 地上波で1000円/月←公共のためだからね
  • 衛星放送でさらに1000円/月←ドサクサに紛れて何してんねん!

NHKのBSでは「奇跡のレッスン」「ぼくらはマンガで強くなった」のような、ちょっとおもしろいプログラムも組まれています。

正直言って契約してもいいかなって思えるレベルの内容。でもNHKのBS放送には地上波のNHK総合テレビやEテレほどの公共性がありません。

したがって衛星契約には選択の余地が残されるべき。

  • 地上波放送は、公平に負担して公共に資するプログラムを組む
  • 衛星放送は、J Sportsのように対価を払ってる人だけが見られるコンテンツにする(スクランブル化)

これを個人ブログでひっそりと主張しておきます。

BSの番組表を見てみたら…

そもそも「この家でBSが見られる」ということを知らなかったぼくは、BSの番組表見てみた。

テレビショッピングばっかりじゃねーかwwwwwwwwww

笑う。マジで笑う。BSの存在価値あんのか?ってレベルでしょぼい。

恩恵と言えば、せいぜいBS11でアニメ見れるのと、放送大学のテレビ講義が見れることぐらいかな。

しょせんオリックス・バファローズの放送なんてBSでもやってくれない。NHKの衛星契約に払う金でパ・リーグTV契約させろや!って思いますね。

衛星「契約」なのに同意を必要としていない。それを後押しする法体系には欠陥ありすぎ。NHKは泥棒のそしりを受けても仕方ないレベル。

終わりに(衛星契約したくない人は)

可能であれば地上波契約だけにしたいところ。

うちみたいに「集合住宅がBSアンテナ設置してまーすwwwサーセンwwww」みたいなところじゃなければどうにかなりそう。衛星契約の契約率は5割ほどなので、そこまで強く言われることはないと思われ。

今回は、委託業者が訪問してきたときに「はーい」とノコノコ玄関先にでていったのが最大のミスでした。まず玄関先にでて応対しないことですね。お引き取りいただきましょう。

ぼくみたいに契約してしまったあなたは…諦めましょ。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain