読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

大阪インターナショナルチャレンジが2017年も楽しみ!

羽根(バドミントン) 羽根(バドミントン)-バド関連ニュース

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

大阪府に今年もバドミントンの国際大会がやってくる!「YONEX大阪インターナショナルバドミントン選手権大会2017」が今年も開催されます。

「インターナショナルチャレンジ」って?

大会のグレードのことです。

世界バドミントン連盟の公式サイトを見ると、だいたい以下のようにグレードが分かれていることがわかります(バドミントンの大会には、オリンピックや世界選手権のような大会をのぞく)。

  • スーパーシリーズプレミア(Super Series Premier)
  • スーパーシリーズ(Super Series)
  • グランプリゴールド(Grand Prix Gold)
  • グランプリ(Grand Prix)
  • インターナショナルチャレンジ(International Challange)
  • インターナショナルシリーズ(International Series)
  • フューチャーシリーズ(Future Series)

上位選手になってくると「グランプリゴールド」「スーパーシリーズ」のような大会に参加し、上位に入ってポイントを稼いでいくわけですねー。

それが「世界ランキング」につながってくるし、そのポイントの積み重ねでオリンピックの出場枠が決まる。つまり「オリンピックレース」そのものだったりするわけです。

いまで言えば、ちょうどドイツでグランプリゴールドが行われていますね。3月には最も歴史と伝統ある大会の全英選手権も行われます。これはスーパーシリーズプレミア。

そんななかで、バドミントンのインターナショナルチャレンジは「若手の登竜門」とよく言われています。こういう大会は、賞金総額もゲットできるポイントも大きくないので、上位選手は出てきません。かわりに将来を有望視されてる選手がでてきたりする。

たとえば、つい先日、B代表で日本ユニシスの金子・井上ペアと、トナミ運輸の常山さんがオーストラリアのインターナショナルチャレンジで優勝していました*1

この中から将来のスター選手が出てくるかもしれません。だいたいそんな感じ。

大堀彩さん、奈良岡功大さんも出場っぽい

f:id:or_chard:20170303091832p:plain
出典:大会公式サイト

大会の告知ポスターを見てもらえばわかると思うんですが、大堀彩さんと奈良岡功大さんがどーんと出ています。これで出場しなかったら詐欺も甚だしい()

ということでおそらく出場するのでしょう。まだ大会のドローは公表されていません。

大阪INCのチケット

チケットは、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスで入手可能。当日券も出ますが前売りのほうが500円ぐらい安いです。

ちなみに、チケットぴあでは限定Tシャツつきのチケットが入手できる模様。

ぼくは30日木曜日と、4月2日の決勝戦を見に行こうかなーと思ってます。

別の用事があるので見に行けないんだけど、個人的には観戦するなら4月1日の準決勝とかがオススメかも。決勝戦は各カテゴリー1試合ずつしか見れないけど、準決勝なら各カテゴリー2試合ずつ見れるからねw

大阪府で各国の代表選手のプレーが間近で見られる!行かない手はないと思いますよ。。

ぼくは中学校のときはじめてこの大会を見に行ったんですが、そのときめっちゃ圧倒されました。「バドミントンの上位選手の試合ってどんな感じなの?」って人にはぜひ見てほしいなーと思います。

動画もいいけど間近で見るとまた違うよ!

Osaka International Challenge 2017 公式情報まとめ

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain