読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【悲報】アローラ地方、新チャンピオンが生まれない

2017年2月24日、アローラ地方初代チャンピオンのミヅキが53回連続の防衛に成功した。

未だにアローラ地方から2人目のチャンピオンは生まれていない。

四天王ライチの反応

四天王の1人であるライチは、かつて「島巡り→リーグ挑戦→チャンピオン」という構図に賛同していた。

「いいね! これからの こどもたちは しまめぐりを へて しあげに リーグで チャンピオンに いどむ」

「アローラの トレーナー もっともっと つよくなるよ!」

そんな彼女が、今回われわれの取材に答えてくれた。


<アローラの子どもたちも過酷な試練を与えられているわ…。それと、あの子最近はオハナぼくじょうとラナキラマウンテンを行き来しているみたいよ。一体何やってるのかしらね?」
http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/character/20.html

また、「いくら チャンピオンでも してんのうと たたかわずに チャンピオンのまへは いけないよ!」と言っている四天王のアセロラも、本音ではチャンピオンの間に自由に出入りしてほしいようだ。

(※プリンセスなので顔出しNG)<多い日だと1日に2回も3回もくるんだもーん!もう飽きちゃったよ!

アローラ地方のポケモンリーグ「仕掛け人」であるククイ博士も取材に応じてくれた。

「ミヅキちゃんがあそこまで強くなるとは思っていなかった。いまやレベル100のルナアーラ1体で四天王を軽々突破していくのだから、他のトレーナーとの差は歴然だね。最近はテッカグヤやカプ・レヒレみたいな珍しいポケモンまで使うようになって、すっかり「ポケモン博覧会」になってるよ。」

挑戦者

四天王のハラ、ライチ、アセロラ、カヒリはいずれも屈指の実力者である。挑戦者としては、やっとの思いで四天王を突破しても、待ち構えているチャンピオンが強すぎる。もはや戦意を喪失している者もいるようだ。「エアーマンが倒せない」ならぬ「ミヅキちゃんが倒せない」だ。

意識高いブロガーとして有名な(元)支部長Sさんも、挑戦者としてチャンピオンに挑んだうちの1人。

当時は肩書きを目当てにやってくることもあったようだが、最近では支部長からも降格処分を受けて、めっきりポケモンに力が入らないようす。

レベル100のルナアーラ以外、残りのポケモンはレベル30付近のポケモンが揃っているケースが多いだけに、まずはルナアーラの突破を狙いたい。

果たして、アローラ地方で次なるチャンピオンが生まれる日はやってくるのだろうか…。