読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BsGirls 2016-2017 卒業ライブにいってきた

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

BsGirlsの2016シーズンの最後のライブにいってきました。そして18人全員が揃ったライブには初めて参加しました!近鉄時代からのファンであり、ぼくを外野スタンドでの応援に引き込んでくれた、ちくりんさんを誘い参戦。

勝手がよくわかってなかったんだけど、チケットは先着順かもしれないと思って発売開始時刻に待機してたんですよねー。そしたら大当たり、スペシャルBシートのD列(4列目)のほぼ真ん中を確保できました。

めっちゃ前やからメンバーの表情とかもよく見えた!というわけでイベントレポートいってみよー。

友人とライブ後の打ち上げで「あのときああだったよね!」って話してるときみたいな、雑多な感想になってしまったけどせっかくだから公開しますw

BsGirls For Future FINAL LIVE 2016-2017 レポート的なの

開場してみると、他のお客さんたちが旗に寄せ書きを書いていました。なんと卒業メンバー1人ずつに直接言葉を伝えられるという絶好の機会!人がいっぱいで、全員に対しては書けなかったけれど、書いた人にはすっごく伝えたかったことがあったので、たっぷり書かせてもらいました。

そして、グッズを受け取り、いざ開幕。

はじまると、2014年の曲から立て続けに数曲。球場でBsStage(屋外)で斜めから見てたり、外野スタンドから踊ってる姿を見てたりはしたけど、こんなに正面で間近で見るのは初めて。過去には京阪守口のイベントではBsGirlsを見たことがあったけど、あのときはこんなに近くなかったしメンバーも8人だけだった。後述するけれど、全員が揃ったパフォーマンスはすごすぎて本当に圧倒されてました。

とりあえずBsGirlsあんまりちゃんと見たことないって人に、個人的なおすすめの動画はこれ。

avexとオリックス・バファローズのコラボで作られた「球団公式ダンス&ボーカルユニット」という位置づけ。曲もかっこいいんですよ!EDM的な曲がたくさんあって、インストの音源もほしい。

何気ないところかもしれないけど、間髪入れずに3曲4曲5曲と立て続けにやるんですよね。ボーカルの2人は歌い続けてたわけで、パフォーマーの16人は踊り続けてたわけで。あのレベルのものを続けてできるってすごい。。

パフォーマンスのレベル!

1曲終わった後は息があがっていたりもします。ものすごくハードな内容であることが伺える。あの1曲踊り上げるまで、その裏でどれだけの努力を積み重ねてきたのか…、と想像せずにはいられない。

Go up!! の間奏とかめっちゃ好きなんですよね。

たとえばそういうところとかはわりとずーっとYUKAさんを見ていました。もともとダンスの仕事をしたいと言っておられただけあって、すっごくキレてるというか、思わず魅入ってしまうものがありました。そしてあのかっこいい赤髪に表情も素敵、お姉さん感ある!

それぞれのソロパフォーマンスの時間もあって、そのときも思ったけど、メンバーそれぞれに「得意ジャンル」的なのがあるんですね。たとえばKAPIさんにはバレエ要素があった。あれキレイだったなあ、、

それから、CHALさんやHONOMIさんは力強い動きがとても映えるなあとステージ上から見ていて感じました。どの曲だったかちょっと忘れてしまったけど、その2人がペアで踊ってる曲があって、そことかは本当に釘付けでした。めっちゃかっこいい。

…という話を、終演後にちくりん氏としていたら、まったく同じ感想だったというww オタクを拗らせると見るところが同じになっていく()

CHALさんといえば、途中で角つきキャップピンクをかぶってた時があって、めっちゃ似合ってました!今年のベストアルバムでもかぶってましたよねー。こんなやつ。BsGirlsリーダーCHALさんとバファローCHALさんは別人。これ豆な。

「to be,」ではみんなが楽しそうなのがとても好き!眼福です。かっこいいだけじゃない、というのがまたいいんですよね。

そしてパフォーマンスすげえなあって思ったのはKOYUKIさんやMOEさん、表情好きだなあって思ったのはMIKUさんやAOIさんかな。AOIさんなんかソロコーナー入場しただけで前列の人たちが熱狂してたし、場の空気かえる力あるなと思いましたが、それも納得。

あとはステージ上から客席とすっごく目があってるよなって人もいました。MIYUさんの「掴んだら離さない」感がやばかった。REIKAさんなんかはずっと客席見てたんじゃないかな。「to be,」だけは自分も一緒に踊ってたんだけど、そのときに正面にいたREIKAさんに気づいてもらえた、と思います(

トークも楽しい

2014年の曲が終わるとトークコーナーへ。まずは2014年当初からいたメンバーの3人が登場!のっけからCHALさんが泣きそうになっていました。

当時を振り返るということで、映像をみんなで見た。ワンピースを着ていた数日間の話とか、ヒール高すぎて走るのが大変だったとか、ミッションオクトーバーのときの話とか、2014年からいたメンバーならではのお話がたくさんありました。

それからオーディションのときの映像が流れてたんだけど、LUNAさんがこの3年間ですっごく大人びたんだなーってのがよくわかります。いまの淑やかな大人の女性って感じとは違う姿が見られたのも貴重だったかも。

ビデオでは一瞬だけ近鉄応援歌「ドリーム&パワー」が流れていた瞬間を俺とちくりん氏は見逃さなかった…!来年は近鉄復刻でこれやってほしいな(。>﹏<。) ドリーム、パワー、ミラクル、ウィナーという4つのワードは近鉄バファローズやなあって思いますね。。

その後は2015年曲をやって2015年メンバーが登場、2016年曲をやって2016年メンバーが登場っていう大きな流れになってました。あー、どっかにセトリ落ちてないかな…。

2015年メンバーはYUKAさんが主に進行をしていました。「この中で無人島に一緒に行くなら誰?」「この中でバッテリーを組むなら誰?」など、お互いがお互いをどう思っているかがポロッと聞けておもしろかったw 前日はCHIIさんのピアノに合わせて2015年メンバーだけでのパフォーマンスとかもやってたらしい。。

2016年メンバーは「隣の人の第一印象を言ってみよう」的な感じでした。CHIHIROさんがときおり小悪魔的な感じだと評されていたけどそれってどんな感じなんでしょうねw あとオーディションのときの映像ではMOEさんの髪色が今と違ってて「!?」となった。

あと、トーク中、何気なく飛び出す関西弁がいいんですよ!アイデンディを共有してるって意識になります(関西の外からやってきた人もいて、その人達にとっては大変だったのかもしれないけれど、それでも好きな大阪の球団を一緒に応援してくれたってことが嬉しい)。

選手の登場曲でもパフォーマンスが!!

パフォーマンスはLUNAさんやMAFUさんが歌ってるBsGirlsの曲以外にもありました。特に嬉しかったのは「選手の登場曲でパフォーマンスをやってくれた」ということ。

たとえば安達選手の「MAYDAY」や、

駿太選手の「CAN’T STOP THE FEELING!」などがありました。

その他、T-岡田選手の「カーニバル」、佐藤投手の「心絵」なども!個人的には若月選手の「シェリー」などをBsGirlsがやるとどうなるのか見てみたかったw(好奇心的な意味で

みんな、涙

2015年メンバーのトークのあと、LUNAさん、MAFUさんに加えて、AOIさんの3人で「瞳」という曲を歌ったことに驚きました。AOIさんが歌ってるだと!?

調べてみるとAOIさんって2015年はボーカルだったんですね。あのときはメンバーまでちゃんと見てなかったので知らなかったけど、2016年のメンバー紹介とか見てると「2016年のAOIはperformerとして迫力のあるダンスを見て頂きたいです!!!」と書いていました。LUNA, MAFU, AOIの3人がこうして再び歌うということはとっても意味のあることだったんだな。。

その時もだけど、やっぱりふとした瞬間に涙を見せる人もちらほら。客席にもちらほら。LUNAさんなんか最後歌ってるときちょっと声が震えてたと思う。

アンコール後には卒業メンバーが手紙を読み上げるコーナーがあった。よく聞くと、それぞれBsGirlsをやりはじめたきっかけも、この先何をしたいのかも、全然違うんだということがわかります。

ずーっと勉強してきたことの試験日とBsGirlsのオーディションの日がかぶってこっちを選んだRISAさんの話とか、あの場で将来の夢を初めて明かしたMANAさんの話とか、たぶんずっと覚えてると思います。MINAMIさんだったかな、「目から汗」って言ってて同じ波動を感じた(気のせいかもしれない

あと、MAFUさんが「私は夢を叶えます」という直説法現在で言い切っていたのがめっちゃかっこよかった。手紙を読むとき、スタッフさんたちの名前まで1人ずつ呼んでいたのもすごいな…って。夢を叶えるビジョンしか見えない。

今日更新されたYUKAさんのブログにも同じ旨のことが書かれていますが、YUKAさんは「私は誰よりも周りの人に恵まれている」と言っていましたね。あの人は「オリックス・バファローズと仕事ができるように」と言っていて、その言い方がかっこええなあと。

REIKAさんはもう手紙を読みはじめる時点で思いが溢れていた。相当こみ上げるものがあったことでしょう!それだけとっても伝わってきました。体調の事とか全然知らなかったけど、それでもこうしてまた笑顔を届けてくれたこと、本当に嬉しい。

あと、わりとみんなが口をそろえて言うのは「つらい」「悔しい」ときもあったということ。あれだけのパフォーマンスの裏にはやっぱり相当な積み重ねがあったのだろうと思うし、言ってしまえば露骨に数字とかに出るときもあるのかもしれないし。

最後の日に涙を浮かべるのはそれだけ目一杯駆け抜けてきた証だと思っています。こんなの類推でしか語れないけど、すっごくレベルの高い部活みたいな感じなのかなと*1。素敵な青春だったことでしょう。夢に向かって進むその姿を見ていると元気がわいてきます!

グッズ(直筆サイン入りフォトブック)について

ライブ後にはグランフロントの地下にある「世界のビール博物館」で打ち上げ!

f:id:or_chard:20170131094814p:plain

幸い、グッズを確保することができたので、一緒に行ったちくりん氏と開封の儀を。

f:id:or_chard:20170131094511p:plain

「直筆サイン入りのグッズ」って情報しか持ってなかったので、1枚の色紙とかをイメージしてたんだけど、驚きました。1枚ずつ写真とサインが入っている…!!

f:id:or_chard:20170131094316p:plain

見開き、左側に写真。右側にサイン。直筆です。2016メンバー全員分のサイン。これは永久保存だ。。

f:id:or_chard:20170131094424p:plain

2017年、もっと応援します!

2015年、球場に何度か足を運んでいた僕は初めてCD買いました。そのときに「お渡し会」的なのがあって、それがSARIKAさんだったんですよねー。あのときに顔と名前を覚えた!今回のロゴ、めっちゃ素敵でした♪

正直に言ってしまうと、顔と名前はそれぞれにわかっていたけど、パフォーマンスしっかり見たことない人もいた。そんな感じで今日のイベントに臨みました。

でもこんな素敵な空間にいさせてもらって、あれだけのパフォーマンスとあれだけ熱い想いを見せられたら、そら来シーズンからもっと応援しようって思うわけです。グッズ付きで1万6000円のチケットだったけど、3万円でも安いと思うレベル。本当にいいイベントでした。

最後に退場するときには、メンバー全員とハイタッチできるという素敵な機会に!!前のサイン会でもそうだったけど、リーダーは本当に明るく出迎えてくれる!そしてハイタッチして初めて気づくんだけど、みんな手が小さい。ステージでの姿を見ているととっても大きく見えるんだけどねえ。。

CHALさん、AOIさん、HONOMIさん、MOEさん、MIKUさん、MIYUさん、来シーズンは積極的に声かけていきますね!

そして卒業されるみなさん。

For future, for THE future.
未来へ、あなたの描く未来へ。

応援しています!ありがとうございました♪

…最後に個人的なことを。。 実は、終演後に「イエローさんですか?」って声かけられたんです。あとで「みらくる」という人だったことがわかりました。会場で声をかけられるってことは今までなかったので完全に油断してました。「吉田一将ユニと直筆サイン」というところだけで知っていただいてたみたいで、驚きました…!

京阪守口で行われたイベントの記事を読んでくださって、その後もブログ見に来てくださってたようなんです。

こういうことがあるたびに本当に読んでくださってる人がいるんだなーって実感します。自分の言葉は誰かに届いている。BsGirlsの人たちは「コメントやTwitterでの言葉」についてたびたび言及していたけど、本当に言葉の力ってすごいなと思う。

名前も知らなければ顔も知らないような、遠くはなれたところに住んでいる人とも、言葉を介してやりとりができる。インターネットのある時代に生まれてよかったな。

さて、サインが落ちてしまうとアレなのであんまり使いまわすつもりもないんだけど、これからもBsGirlsのイベントがあるときはサイン入りの吉田一将投手のビジターユニを着て現れると思いますw

f:id:or_chard:20170131100155p:plain

応援してる好きな選手のユニホームに、応援してる好きな人のサイン。宝物をありがとうございました!!

ぼくはこれからも京セラドーム大阪の外野席でオリックス・バファローズを応援しています。卒業されるみなさんも、同じファンとして球場であの興奮と感動と熱気を共有できたらいいな、なんて思います♪

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain

*1:ぼくは12年間バドミントンを続けていて、環境が変わるたびに出会いがあり別れがありましたが、それぞれのステージで過ごした時間はいつまでも心に残っています