【格安sim】厳選5社を比較してみたよー。スマホを選ぶ基準はこれ!

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくは来月から格安simのスマホを使うので、毎月スマホにかかる固定費が2350円になります。いまお金が結構厳しい状況なので、いい節約になってます。

さて、前回はそもそも格安simって全然わかりませーん!という人のための記事を書きました。

上の記事はいわば入門記事。「そんなことはわかっている!」という人のために書いたのが、今回の記事です。「ここの格安simがおもしろそうだったから検討したよ!」って趣旨ね。

具体的にはぼくが格安simを使うときに最終候補として絞っていたのが、IIJmio(みおふぉん), LINEモバイル, mineo, BIGLOBE SIM, DMMモバイルの5社でした。

どこの会社もそれぞれに「お、これはいいな!」と思わされたところがあったので、そのポイントを紹介します。それから、ぼくは最終的にIIJmioにしたのですが、残りの4社を選ばなかった理由もそれぞれ書いておきたいと思います。じゃあいってみよー!

※今回書くのは「格安simでスマホを使う」ときのことです。「格安simでタブレットを使う」ときのことは別記事にて投稿しますのでお待ち下さい。

目的別に見てみよう!厳選5社

実績のある格安simの会社が良い→【IIJmio】

はい、突然ですが質問です。IIJという会社を知っていますか?

ぼくは格安simを使い始めるまで知りませんでした。…が、調べてみると日本のインターネット業界を長らく牽引してきた会社であることがわかります。老舗で実績十分。格安simにもかなり前から参入していて、他社のやってないような取り組みをいち早く取り入れてくれる会社です。

f:id:or_chard:20170124124200p:plain

「てくろぐ」というブログを見てもらえればわかりますが、「エンジニア集団!」って感じの会社です。たとえば、iPhone7が発売されると、即座に動作確認を自社で行って、ブログに結果をあげてくれたりと、対応もスピーディで、とっても信頼感があります。だからぼくはIIJmioにしました。

問題が起きてもそれを解決する術を自社で持っていて、そのスピードも速い。だからずーっと使うならここが一番いいだろうなと思いました。

それから、いいなと思ったポイントがさらに2点。

1つ目は、「クーポンスイッチ」。高速通信の ON/OFF を切り替えることができるんですよ!LINEとかTwitterとか、テキストだけのやり取りなのに高速通信を使う必要なんてないですよね。使いたいときだけ高速通信に切り替えられるクーポン機能です。しかもアプリ内で1タップで切り替えられます。余った高速通信は来月に繰り越せるんですよ。これがめっっっっちゃ便利でした。

f:id:or_chard:20170124125348p:plain

2つ目は、「バースト機能」。速度制限がかかったりすると、Yahoo!のトップページを読み込むのにもアホほど時間がかかりますよね…。IIJmioだと、この「バースト機能」があるので、速度制限がかかっていても(低速通信時でも)最初の数秒だけは高速通信にしてくれるんですよ。一瞬でも高速通信になればTwitterのTLとかニュースサイトとかでもちゃんと読み込めます。

f:id:or_chard:20170124125455p:plain

それから、17,800円(分割なら750円/月)でスペック高めと、コスパ最強のスマホZenfone2 laserがIIJmio限定色のパープルで売られてるので、これも嬉しいところ(限定モノに弱いオタク)。

項目 ひとこと
通信料金 3GBで 1,600円/月(音声通話つき)
回線網 ドコモとauから選択
ここがいい! 企業の実績と信頼感が段違い!クーポンスイッチとバースト機能も便利
その他 店に行かなくても、手続きはネットですべて完結
公式サイト IIJmio(みおふぉん)

それから、今回スマホを買う前にiPad mini3をIIJmioのsimカードで1年半運用していたので、ユーザー目線で「こんな感じだよ!」ってのを過去に書いてます。よければ参考にしてくださいませ~。

関連記事
IIJmioを1年半使ったし感想書く!めっちゃ便利。

LINEやSNSをいっぱい使う!→【LINEモバイル】

ご存知LINEがやってる格安sim。

前回の記事でも言ったけど、LINEモバイルはアツいです。

いまや通話料金のかかる電話でやりとりすることなんて、ほとんどありませんよねー。知人同士ならLINEの無料通話をすればいいわけですよ。

で、そんなLINEや、Twitter, Facebook, Instagramといった主要SNSを使った通信は、「月3GB」のような高速通信の枠を食うことなく使えます。 言い換えれば、高速通信の枠を使い切ってもTwitterとかだったら高速通信ができるということ。革命的すぎるでこれは!

f:id:or_chard:20170124125605p:plain

特にInstagramとかは写真の投稿と閲覧がメインになるはずだから、通信量がどうしても多くなるはず。IGのヘビーユーザーならLINEモバイルわりと推せる。

それからもう1つ。3GBで月額1,810円の「MUSIC+プラン」ってのもおもしろいところ。外出先でLINEミュージックを使ってると、常時高速通信をしてることになるので、気づいたらとんでもない通信量になってた…みたいなことにもなりかねないんだけど、このプランだったらLINEミュージックの利用も高速通信の枠を食うことなく使えます。

項目 ひとこと
通信料金 3GBで 1,690円/月(音声通話つき)
回線網 ドコモ
ここがいい! 主要SNS使い放題
その他 MUSIC+プランなら、LINEミュージックも使い放題
公式サイト LINEモバイル

いまのスマホのまま格安simを使いたい→【mineo】

mineoの読み方はマイネオ。提供しているのはケイ・オプティコムという会社です。

関西電力系列の会社で、「eo光」という光通信を提供していることでも知られています。関西の人なら馴染み深いんじゃないでしょうか?唐沢寿明さんと相武紗季さんがもう何年も「eo光」のCMに出ています。

さて、mineoもおもしろいと思ったので検討するときの選択肢に入っていました。ちなみにぼくの弟がここ使ってますw

このmineoのCMの女の人、葵わかなさんって言うんですね。かわいい(小並感)

mineoだと、ドコモやauで使ってるスマホの多くがそのまま使えるんだというのが大きなポイント。この手の格安simって、だいたい「白ロム」と呼ばれる「どこの大手キャリアの携帯でもないもの」を買わないといけないことが多いんですよね…。月々の通信料金は安くなるけど、端末は2万円ぐらいのものを買わないといけないというパターン、あるあるです。ソフトバンクは…(察し)

iPhoneならドコモ, au, ソフトバンクの全てがそのままsimカードを挿し替えるだけで使えるらしいから、あいぽんユーザーにとっては有力な選択肢ではないかと思う。対応端末一覧、みたいなページがあったはずなので、いま使ってる端末がmineoでそのまま使えるかどうかは公式サイトで確認してくださいなー。

それから、mineoは「フリータンク」って制度がおもしろいです。高速通信が3GB/月とか決まってますよね。で、あれって余る月もあれば足りない月もあるわけですよ。それをみんなで1箇所にシェアしちゃおうぜ!ってやつです。

f:id:or_chard:20170124125649p:plain

「今月1GB余ったからフリータンクに寄付するぜ」って人や、「今月足りないから1GBもらっていくよー」って人がいる。下手をすれば我田引水、みたいになりかねないわけですが、おもしろいことにちゃんとシステムとして成立してるんですよ!ユーザー同士がお互い助け合い。いいコミュニティだなと思います。

項目 ひとこと
通信料金 3GBで1,600円/月(音声通話つき)
回線網 ドコモとauから選択
ここがいい! 既存のスマホがわりとそのまま使える
その他 「フリータンク」という善意の塊みたいな制度がおもしろい
公式サイト mineo

格安simでもiPhoneが買える!→【BIGLOBE SIM】

BIGLOBEといえば、インターネットサービスの会社として有名ですよね!あの水玉のキャラクターと、ニュース・検索サイトは特に知られてるんじゃないかな。実は、2006年から放映されたアニメ『コードギアス反逆のルルーシュ』にもBIGLOBEが「ニュースサイト」として登場していましたw

f:id:or_chard:20170124125733p:plain
© SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP・ST | サンライズ

前回の記事でもチラッと言いましたが、BIGLOBE SIMは、iPhone端末を取り扱っています。iPhone SEとか4万円台(端末代金が月2000円ほど)で入手できるので、格安simでiPhone使いたい!って人はここでまとめとくといいと思います。

あと、おもしろいなーと思ったのは「エンタメフリー・オプション」。月480円足すだけでYouTube, Google Play Music, Apple Music, AbemaTV などが無制限に視聴できるというもの。動画や音楽をガンガン利用する人はこういうのもあります。あと、月1GBのプランも用意されています(月1400円)。

項目 ひとこと
通信料金 3GBで1,600円/月(音声通話つき)
回線網 ドコモ
ここがいい! iPhone端末の取扱がある
その他 コードギアス推しならここ!!(?)
公式サイト BIGLOBE SIM

プランの種類が豊富→【DMMモバイル】

楽天なみになんでも屋さんのDMM。ぼくは艦これでお世話になっていましたw

そんなDMMがやってる格安simがDMMモバイルです。

スマホが440円から!とうたってますが、あれはあくまでも「音声通話なし」のプランのことね。電話使うなら最低でも1140円は必要です。

高速通信なしのライトプランから、1GB, 2GB, 3GB, …, 20GBと、かなり手広く揃えていて、色んなニーズに答えてくれるのがここのおもしろいところ。特に20GBのプランなんてかなり珍しいんじゃないかな。相当なヘビーユーザーならこういう選択肢もあります。

f:id:or_chard:20170124125828p:plain

特に公式サイトのわかりやすさが他の格安simの会社と比べても群を抜いてます。シミュレーションがかなりわかりやすい。業界最安値をうたうだけあって、料金が全体的に他よりも少し安めです。 他社と料金体系を比較すると努力が伺えます。

項目 ひとこと
通信料金 3GBで1,500円/月(音声通話つき)
回線網 ドコモ
ここがいい! 豊富なプランがあるから幅広いニーズに対応
その他 全体的な料金体系が安め
公式サイト DMMモバイル

格安simのスマホを選ぶ基準は何か

ぼくは結局IIJmio(みおふぉん)にしました。見てると3GBで1600円/月が相場っぽいですね。DMMが最安値の1500円。

で、まあぼくなりに「これがポイント!」って基準が1つあります。回線の速度ではありません(ドコモ回線借りてるだけなんだからどこでも同じ)。料金でもありません(どうせ100円/月ぐらいしか変わらない)。じゃあなにがポイントかというと、提供してる会社です。

スマートフォンってたぶん長いこと持つことになるだろうから、信頼のおけるところがいいな~と思うわけですよ。インターネット業界で長年技術とノウハウを培ってきた会社はどこかというと間違いなくIIJです。

それから「格安simは儲からないし本業でもないから撤退しまーす^^」ってことになればユーザー側としてはめんどくさいわけです。その点、ここの会社なら心配しないでいい。

ぼくは今回スマホを買う前に1年半iPad mini3をIIJmioのデータsimで運用してたんですけど、いまとっても満足しています。

あとZenfone2 laser2の限定色もほしかったからIIJにした…というのもちょっとした本音ですw

f:id:or_chard:20170124125515p:plain

最終的にはIIJmioにしたんでしたが、他の4社をなぜ選ばなかったのかというのも簡単に書いておこうと思います。LINEモバイルはガチで最後まで悩みました。もし、もともとスマホを持ってたらmineoにしてたかもしれない。だいたいそんな感じ。

  • LINEモバイル→外出する機会が減ったので、TwitterやLINEを自宅のwi-fiで使うことが多くなったため
  • mineo→もともとスマホ持ってないのでここにするメリットがあんまりなかった
  • BIGLOBE SIM→料金がIIJmioと同じならIIJmioでいいかなー
  • DMMモバイル→Zenfone2 laserがなかった(この機種がほしかったので)

一番ありえないのは大手キャリアの携帯に月7000円も払い続けることです。さっさと乗り換えるが吉。そして個人的にオススメなのが絶大な信頼感を寄せられるIIJmio(みおふぉん)だ、というわけです。

実際の使用感とかは別の記事で書いてるので、そっちを読んでもらえればと思いまーす。

次の記事
IIJmioを1年半使ったし感想書く!めっちゃ便利。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain