読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年間3つ!小学生のバドミントン全国大会についてまとめたよ

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

日本小学生バドミントン連盟が主催する全国大会は年間3つあります。全小、ABC、若葉の3つです。それぞれに特徴がありますので簡単にまとめてみました。

全小

全国小学生バドミントン選手権大会のこと(通称:全小)。年間で最大の大会と言えるでしょう。いつも年末(冬休み)に行われます。団体戦と個人戦があるので、両方に出場する人にとってはハードなスケジュールです。

団体戦

都道府県対抗です。1複2単で、チームの枠は関係ありません。違うチームの人とダブルスを組むこともできますし、何年生でも出ることができます。また、個人戦で全国大会に出場していない選手でもこちらに出場することはできます。

1つしかないダブルスをがっちり固めていれば強いかもしれません。シングルスが2本揃っていればなおよし。あるいはシングルス2本で勝負するオーダーと、ダブルス1つ・シングルス1つで勝負するオーダーの2通りを持っていれば、柔軟にオーダーを使い分けることもできますね。

その都道府県の選手層の厚さと、都道府県内の日頃の連携が結構モノをいうんじゃないかなと思います。団体戦独特の緊張感もあるので、個人戦ではありえないような「大物食い」がおこることもしばしば。

個人戦

カテゴリー

カテゴリー 種目
6年生以下 シングルス
5年生以下 シングルス
4年生以下 シングルス
6年生以下 ダブルス
5年生以下 ダブルス
4年生以下 ダブルス

以上の6つにわかれています。ダブルスは同一チームでのペアでエントリーしなければならないので、「6年生以下ダブルス」に6年生と5年生のペアで出場することもありますね。

また、2年生や3年生は「4年生以下」で戦わなければならないので、勝ち上がるのはなかなか難しいでしょう。

参加資格

参加資格
(中略)
③個人戦については、①の資格を有する選手で各種目とも全国を9ブロックに分け、各ブロックの予選会において選出された選手(九州ブロックは5人・5ペア、関東・北信越ブロックは4人・4ペア、その他のブロックは3人・3ペア)であること。ただし、ダブルスは同一クラブのペアに限る。なお、開催地の「滋賀県」には、各種目とも3人・3ペアに出場枠を与える。
引用元:http://www.syoubad.jp/taikai/zensyou/zensyou25/25youkou.pdf

つまり、大阪府を例に取ると、府大会で3位に入らないと近畿大会には出られません。そして近畿で3位に入らないと全国大会には出られないということです。なかなか出場権を得るのは難しいです。

ちなみに、参加資格は他にも用意されていて、「前年度同大会5年生以下シングルスベスト8及び4年生以下シングルスベスト2の者に出場枠を与える。 」とあります。つまり、前年度の上位選手は別枠で参加することができるということです。全小ではその人達にも勝っていかなければなりません。

ABC大会

個人戦は年間2つあります。1つは先述の「全小」で、もう1つが「ABC大会」です。

カテゴリー

カテゴリー 種目
Aの部(6年生、5年生) シングルス
Bの部(4年生、3年生) シングルス
Cの部(2年生、1年生) シングルス

この大会の特徴は、2年生以下のみが出場できるカテゴリーが用意されていることでしょう。

低学年の子供達にとっては、早い段階から「全国大会」という舞台を経験でき、同学年の子たちの中で今の自分の立ち位置を知ることのできる唯一の大会です。

他にも「全小」との違いを2つ挙げることができます。

参加資格

1つ目は「都道府県の代表」が集う大会だということ。大阪府で1位になったとしても近畿大会で3位に入れなければ「全小」には出られません。しかし「ABC」は違います。都道府県で1位になれば全小への扉が開かれるのです。

(1)都道府県の代表として都道府県協会長が承認した各グループ男女各1名。
(2)北海道については二つに分割された「北北海道」「南北海道」の各地区に(1)の出場枠を与える。
(3)平成27年度大会のベスト4入賞者には上位または当該グループへの出場権を与える。(別紙選手)
(4)平成27年度の「全国小学生選手権大会」で男女5年生以下シングルスベスト8及び男女4年生以下シングルス2位までの者には(1)とは別枠として出場権を与える。(別紙選手)
(5)開催地都道府県には各グループ男女各2名の出場枠を与える。

引用元:http://www.syoubad.jp/taikai/abc/abc17/17youkou0811.pdf

全小で上位に進んだ選手は「招待選手」として別枠での参加が可能となります。

たくさん試合ができる

全小とのもう1つの違いは「予選リーグ→トーナメント」という形式になっているということ。

全国大会でわざわざ遠いところまで言っても、トーナメント1回戦で負ければ即終了…だとあまりにも味気ないですよね。。

ABC大会では「予選リーグで数試合をやったあとで、トーナメント」という形式になっています。

このトーナメントも、予選上位選手のみがすすめる「決勝トーナメント」と、予選下位選手がすすむことになる「下位トーナメント」があります。したがって予選で数試合と、「決勝トーナメント」または「下位トーナメント」をあわせて、少なくとも3試合(勝ち上がればもっとたくさん)、全国レベルのプレーヤーと試合ができるということになります。

このように、「全小」とは随分違った形式で行われる大会といえるでしょう。

若葉カップ

チームごとに出場する団体戦です。ある意味でもっとも門戸の広い全国大会と言えるかもしれません。

全小の団体戦は「都道府県の選抜メンバーで1チームを作る」という形式でした。つまり違うチームの人とダブルスを組むということもあり得たわけですが、若葉カップは違います。出場単位は「ジュニアチーム」です。

チームが子供たちを単複まんべんなく育てているか、どの学年のプレーヤーも強いか、など、チームとしての総合力が問われる大会になっているといえるでしょう。他の大会では全国大会を目指すのが難しいような子供たちでも、この大会なら十分に出場できる可能性があります。

「全国大会に出た」という経験はなかなか代えがたいものではないかと思います。その意味でも若葉カップは貴重な大会だと言えるでしょう。こういう大会は、各チームが層を厚くしようと務めるインセンティブになっているはずです。

試合順序は、以下の通り。

カテゴリー 種目
1. 6年生以下 シングルス
2. 4年生以下 シングルス
3. 5年生以下 ダブルス
4. 6年生以下 ダブルス
5. 5年生以下 シングルス

最大の壁は、各学年に勝てる単複を揃えなくてはいけないことですね。少子化が進む現在、しかも競技人口も多いわけではありません。そんな中で7人揃えるのもなかなか難しいでしょう。

盛んなジュニア大会が嬉しい!

オリンピックでのメダル獲得に代表されるようなここ数年の日本のバドミントンの成長は、ジュニアの育成が盛んに行われていること抜きには語れません。バドミントンが子供たちにとって馴染み深いスポーツになっていけばいいなーと思います。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~
f:id:or_chard:20160717191054p:plain