読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

ぼくの原体験。初めての「コーチ」との出会い。

羽根(バドミントン) 羽根(バドミントン)-コーチのうわ言

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくはバドミントンのコーチをやっています。小学生4年生から6年生まで軟式野球をやっていました。チームの三冠王、4番でショートでキャプテンでした。ちょっと強いシニアチームからも声がかかってました。でも中学生になって野球を続ける気には全くなれなかったのです。その理由はいたってシンプル。野球が楽しくなかったから。そしてその最大の要素は指導者です。

「指導者」の反面教師像が克明に刻まれたあの3年間は、ぼくのなかで強烈な原体験として残っています。

指導者として「ああなりたくない」

落球すると罵声、フライを上げると説教、暴投すると罰として「走ってこい」、監督の機嫌が悪いとケツバット。できないことがあると、頭ごなしに叱られて「なんでできへんねん!」と言われはするものの、怒鳴り散らすだけで具体的に改善のアドバイスをくれることはあまりありませんでした。監督は「水を飲むな」という戦時中の人間みたいな指導者でした。殴られたこともあります。

ぼくが3年間野球をやっていたのはそんなチームだったんです。監督やコーチの怒鳴り声が怖くて、練習の前にはいつもお腹を下していました。

ぼくはそんなチームで野球をやって「野球がおもしろい」とは思えなかったのです。

バドミントンのコーチをやると決まったとき、「ああいう指導者には絶対にならない」と密かに心に誓いました。

人間として「ああなりたくない」

監督は他の種目(特にサッカー)を露骨にけなしていました。とあるコーチは、その日の気分次第で、褒めてくれたり、怒鳴ってばっかりだったり、気まぐれでした。ほとんどのコーチは、タバコを吸っていました(喫煙はスポーツに悪影響)。上から目線で高圧的だから話を聞いてくれる気配もありません。

そんな人間の言うことって、全く心に響かないんですよね。どれだけ正論でも聞く気になれない。

少なくともぼくは、コーチの何気ない仕草やふるまいから、「このコーチはこういう人だな」って判断してました。「ゴロを待って処理するな!」と言ってるコーチが、自分で守備をするときには待って処理しているのを見たときとかは、「おまえ言ってることとやってることが違うやん…」と思ってましたし。

だから、バドミントンのコーチをやるとき「子供たちに見られている」ということはかなり意識しています。競技レベルだけでなく、人格的にも優れた人間にならないといけないなって、この時の経験が教えてくれているんです。

競技との出会いは指導者との出会いでもある

小学校の3年間がそんなんだったので、「中学生になっても野球をやる」なんて選択肢は毛ほども思い浮かびませんでした。野球はちっとも楽しくなかったので、バドミントンをやることにしたのです。

ぼくみたいに、出会った指導者次第で、競技を継続するしないまで決まることって、それなりにあると思うんですよ。

小学校・中学校を卒業してもバドミントン続けようって思ってくれるかどうかは、その人がバドミントンを楽しいと思えたかどうかにかかっています。そしてバドミントンを楽しいと思えたかどうかは、指導者にかかってる部分が大きいと思います。

けだし、競技との出会いは指導者との出会いでもある。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~