松友美佐紀さん使用モデルの5Uラケット使ってみたよー(FIERCE CX9000J)

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

以前、ウィルソンのバドミントンがすごい!って話をしました。

ウィルソン、気になって仕方なかったので、ついに松友美佐紀選手が使っているモデルのラケット(FIERCE CX9000J)を購入して使ってみました。早速ですが使用感とか書いていきたいと思います。

ラケットの好み

ヘッドイーブンか重め、シャフトは柔らかめ。…そんなラケットを探していました。

過去にはアークセイバー11を使っていたこともあるのですが、ちょっとシャフト硬いのと重さが気になるなあというところでした。とはいえよくできていると思うので、特にパワーに自信のある大人の男性プレーヤーにはやっぱりおすすめですよ!

さて、話を戻すと、松友美佐紀さんのモデルのラケットは、「ヘッドやや重め、シャフト柔らかめ」という、ぼくが探していた条件にピッタリだったので、今回選ぶことにした、というわけです。冬の大阪社会人リーグではおそらくダブルスで出場する機会もあるので、ちょうどいいなと思っています。

5Uって軽すぎない?

5Uだとパワーが出ないのでは?と思うかもしれませんよね。ぼくも使ってみるまでちょっと不安だったんですよ。

しかし、全く気になりませんでした。

5Uは軽すぎるという指摘はむしろ逆でした。ヘッドヘビーなので、しっかりとヘッドの効いたショットが打てるなーという印象を受けます。本当に77グラムしかないのか?と思うぐらい、変に軽すぎる感じは全くありません。

重量バランスのおかげでヘッドが効いているけれど、総重量は5Uなので操作性も抜群という、かなりの優れものですね。

松友美佐紀さんの要望に応じて作られたモデル

そもそも忘れてはいけないのが、このラケットは松友美佐紀選手のリクエストに答える形で作ったものだということです。

つまり、メーカーの自己満足で作ったものではない、ということです(ここ重要)

では、松友選手はどんな要望を出していたのでしょうか?

以下の動画を見てもらうとわかるのですが(34分ぐらいから)、「相手に気持ちよく打たせず、パートナーに気持ちよく打ってもらうのがプレースタイルなので、その配球が正確にできるラケットをリクエストしました。」…という旨のことを言っています。同じようなプレースタイルの人にとってはズバリ使えるものだと思います。

基本線はコントロール重視だということです。パワー重視のモデルは佐々木翔選手のモデル(RECON)がありますからね!

コントロール重視とはいえ、ヘッドはしっかりと重く、シャフトもしっかりしなるので、コントロール重視でも非力にならないように工夫されているということです。

"J"は「日本限定」の意味らしい

  • FIERCE CX9000
  • FIERCE CX9000J

実はウィルソンのラケットには上記の2種類があります。Jがついてるかついてないかですね。松友美佐紀選手のモデルのラケットはJのついてる方です。佐々木翔選手のモデルは「RECON PX9000J」です。このJは「日本限定」って意味なんだそうですよ!この動画のどっかで言ってたはずなんですけど詳しく覚えてませんサーセンw

調べたところ、Amazonは売り切れてましたが楽天市場で見つけることができました。

松友美佐紀選手のモデルのラケットって日本限定だったんですね…!日本に生まれてよかった!(

ともかく、数年間ずーっと「これだ!」って思えるラケットに出会えなかったぼくにとって、すごくいい選択肢がありました。

松友美佐紀選手は今でこそダブルスプレーヤーですが、聖ウルスラ時代(高校生の時)にはシングルスでも全国優勝しています。このラケットも同じ。ダブルスプレーヤーのみならず、シングルスプレーヤーにもオススメできると思います。ぼく自身、主戦場はシングルスなのですが、今後これを使うつもりです。

パワーでどかーん!というよりもコントロールやスピードで戦う人には結構男女問わずオススメできると思います。

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~