【バドミントン】ダブルスでもあえて高く上げてみる勇気を持とう

こんにちは、イエロー(@inahime_poke)です。

 

ダブルスで「上げる球」といえば、ロビングとかスマッシュレシーブのロングリターンとかを使いますよね?特に攻撃されて防戦一方なんてときは上げざるを得ない場面もあります。

 

「上げる球」というのは守りの球なので、ロングリターンやロビング使いながらもどうしても心のどこかで「上げてしまった…!」というネガティブな意識を持ってしまいがちです。

 

でも高く上がったロビングって結構効果的なんです。だから、戦術的に強気で上げてみてもいいんじゃないかと思うんですよね。

 

今日の練習でも効果を実感したので、早速書いていこうと思います。

 

今回のテーマ:ダブルスでもあえて高く上げてみる勇気!

 

ダブルスで高く上げると意外と有効な理由は3つあります。

 

 

高く上がった球は打ちにくい

ちょっとわき道に逸れますが、バドミントンのシャトルをラケットで打つときって、ほとんどの場合、コンタクトの瞬間が2回ある(2回打ってる)んですよ。知ってましたか!?

 

まず最初に、コルクとラケット面が当たります。1回目のコンタクトですね。

f:id:or_chard:20161105222921j:plain

 

するとコルクが前を向くのですが、つぎに羽根とラケット面が当たります。2回目のコンタクトでシャトルの方向を操作できるんです。

f:id:or_chard:20161105224203j:plain

 

さて、本題に戻りましょう。滞空時間が短くて低いロビングや、中途半端な高さのスマッシュレシーブは相手からすれば打ちやすいのです。2回のコンタクトがちゃんと行われるからですね。

 

他方で、高く上がったシャトルは、うまく打てばほぼ垂直に落ちてきます。シングルスではロングサーブを打つといいよ!って記事でも書いたことがありますが、垂直に落ちてくると、1回目のコンタクトでコルクと羽根を同時に打たなければならないため、シャトルの勢いを殺すことができます。

f:id:or_chard:20161105223948j:plain

 

「コルク→羽根」の2回のコンタクトではなくて、「コルク&羽根→羽根」という2回のコンタクトになるんです。だから相手は打ちにくい。これが「高く上げると効果的」である1つ目の理由です。

 

エンドライン付近からのスマッシュは怖くない

「上げたら相手にスマッシュ叩き込まれるやん!」って思うかもしれませんが、エンドライン付近の奥までしっかりと相手を追いやることができれば、相手のスマッシュもそんなに怖くないです。

 

自分が攻撃するときを考えてみればわかりますよね?

  • エンドラインからスマッシュを打つ場合
  • ダブルスのサービスラインからスマッシュを打つ場合

どっちが威力を出しにくいかは言わなくてもわかると思います!

 

エンドラインまで追い込まれたときに、つなぎのスマッシュを打ったり、カットなどでゆさぶりをかけたりします。あれって、相手の返球を甘くすることも大きな狙いの1つですよね。甘い返球を叩くほうが攻撃力が出ます。

 

相手の攻撃力を削ぐために、エンドラインまでしっかり追い込む。これが「高く上げると効果的」である2つ目の理由です。

 

スマッシュを「打たれている」のではなく「打たせている」配球

低いロビングをクロスに打ったとしましょう。ペアの人からしてみれば、滞空時間も短いし、準備する時間がありません。サイドラインに寄る余裕もありません。相手が飛びついて攻撃してくるときはなおさらですよね。

 

滞空時間が長い球は、しっかりと自分とペアが相手の攻撃に備えてレシーブの準備をする時間ができます。しっかり準備すれば、リターンで揺さぶりをかけることももちろん狙えます。

 

上げてしまうと「スマッシュを打たれる…」という感覚に陥りがちです。すると、プレーも小さくなってしまいがちです。

 

しかし、こちらからしっかりと狙いをもって上げているのだから「相手にスマッシュを打たせる!」というぐらいの強気になりましょう。プレーも堂々とできますよ。守りの配球でも、気持ちは強気に。

 

相手の攻撃にしっかりと備えられるし、気持ち的にも小さくならなくていい。これが「高く上げると効果的」である3つ目の理由です。

 

終わりに 

  • 相手の攻撃力を削ぐために!
  • しっかりと準備をするために!

「高く上げる」を戦術的に用いることは十分可能だと思います。スマッシュの速い相手が、高い球を嫌がってカットや弱めのスマッシュで逃げてきたとき、効果を実感できることまちがいなしです。

 

技術というよりも配球的な話なので、明日からチャレンジできますよ~。

 

ぜひやってみてくださいね(^^♪

 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

イエローでした~

f:id:or_chard:20160717191054p:plain