読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【バドミントン】なぜリストスタンドが大事なのか?

こんにちは、イエロー(@inahime_poke)です。

 

ぼくは数年前から某ジュニアチームの指導をしています。指導する中で気になったことを記事にしていこうと思います。初心者はもちろんのこと、中級ぐらいの人までを想定して書いています。

 

さて、突然ですが、こんな悩みを持っている人はいませんか? 

  • スマッシュレシーブが苦手だ
  • 強いショットが打てない 

当てはまる人は、「リストスタンドができていない」かもしれません。非力な小学生でも強いショットが打てます。だから、シニアの人でも力の伝え方を工夫すれば強いショットは必ず打てますよ!

 

というわけで、今回のテーマは「力の伝え方」の最重要ポイントである「リストスタンド」です。ぼくがバドミントンを始めたとき、真っ先に「リストスタンドをしなさい」と言われました。しかし、それはなぜでしょうか?

 

今回のテーマ:なぜリストスタンドが大事なのか?

ごく簡単な説明

3つの角度でスイングしてみました。1つ目が180°、2つ目は135°、3つ目は90°です。同じ力で前腕(肘から先の部分)を回していますが、それぞれスイングの強さが違うように見えませんか?


【バドミントン】リストスタンドと力のモーメント

 

そうなんです!90°のときが一番強くラケットが振れていることがわかりますよね!音も少し聞こえるはずです。

 

全く同じ力で前腕(肘から先の部分)を回しているのに、手首の角度だけでこんなにもスイングが違うんです。「力をうまく伝える工夫」の1つが、この「リストスタンド」であることがおわかりいただけたでしょうか。

 

実際にやってみる

しかし、実際には手首の角度をピッタリ90度にしません。ラケットと前腕の角度を90°にしてみるとわかると思いますが、前腕の筋肉がピンと張っている感覚になりませんか?

f:id:or_chard:20161028142707j:plain

 

筋肉が緊張している状態からは強いショットが打てないんです。筋肉がリラックスした状態、人によると思いますがだいたい110°ぐらいでしょうか。そのぐらいがベストです。

f:id:or_chard:20161028142749j:plain

 

あわせて、今月のバドマガ11月号の表紙も見ておきましょう。リー・チョンウェイ選手の手首の角度に注目。90°ではないですよねー。

f:id:or_chard:20161028140505p:plain*1

 

なぜ、リストスタンドすると強いショットが打てるのか?

最初にも言ったように、スイングを伴うショット(スマッシュ、クリアー、ドライブ、ロビングなど)は、回旋運動を使っています。特に前腕(肘から先)の回旋運動(回内や回外)が最も大きな動力になります。

 

さて、そうした回転運動から生じる力のモーメントを最大化するにはどうすればいいでしょうか?高校物理で学びますが、ラケットと前腕の角度を90度にすればいいです。

 

スイングスピードが同じだとすると、力のモーメント (M) は、ラケットの長さ (F) ×前腕の長さ (r) ×前腕とラケットの角度 (sinθ)で表されます。

 

M=Frsinθ

 

  • F (ラケットの長さ)
  • r  (前腕の長さ)
  • sinθ (前腕とラケットの角度による)

上の3つの中で、あなたが変えることができるものは1つしかありません。

 

前腕の長さは調節できませんよね?w ラケットの長さが変わることもありえない。

したがって、ラケットの角度だけが自分で調節できる「変数」ということになります。だからこのsinθを最大化することを考えれば、最もスイングに力がうまく伝わるわけです。 

 

0°≦θ≦180°において、sinθが最大値を取るのは、θ=90°のとき。それゆえに手首の角度は90°にしましょうと言われるわけです。

 

ただ、さっきも言ったように、90°にすると前腕の筋肉が緊張してロスが生まれるので、実際に振るときは110°ぐらいがいいですね。とにかく「リストスタンド」が大事なのは、力のモーメントの考え方を使えば理解しやすいと思います。

 

そんなん知らんわ!って人はとりあえず以下のポイントだけ。

 

本日のまとめ!

  • 強いショットを打つためにはリストスタンドしなければならない
  • その角度は90-110°ぐらいが理想である

次の練習から早速改善できるポイントですよ! 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

イエローでした~

f:id:or_chard:20160717191054p:plain