読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

管理人イエローと、このブログについて

羽根(バドミントン) 羽根(バドミントン)-全国大会への道 羽根(バドミントン)-コーチのうわ言 プロフィール的なの

【スポンサーリンク】

f:id:or_chard:20161011020627p:plain

イエローです。

 

僕は中学生の時に本格的に競技としてのバドミントンをはじめました。プレーヤー歴は早いもので10年をこえています。その間、順風満帆ではない時期もあった。でも今はバドミントンをすごく楽しめています。

 

今回は、このブログの中心テーマでもあるバドミントンとの関わりについて書きます。かいつまんでるけど、ちょい長め。

 

【幼少期】バドミントンとの出会い

実は幼い頃から僕はバドミントンに親しんでいた。というのも、そもそも親の出会いのきっかけがバドミントンだったからです。

 

毎週土曜日の午後は、親が参加している大阪の某実業団チームの練習についていっていました。それゆえ、潜在意識の中で最も身近なスポーツがバドミントンだったのは当然と言えます。

 

【中学時代】プレイヤー人生、スタート

小学校4年生から6年生までやってた軟式野球をスパっとやめました。中学校からは、バドミントンプレーヤーとしてスタートを切ることにした。中学校のバドミントン部には女子しか入部が認められていなかったんだけど、色んな人の協力もあって、男子の入部を認めてもらいました。

 

というわけで男子の初代部員は俺!後輩たちは団体戦で近畿大会に、個人戦で全国大会にも進むぐらいの強豪校に押し上げてくれた。先に道を切り開いておいてよかったわ!(ものすごいドヤ顔)

 

中学時代の最高成績は、ダブルスで大阪府大会ベスト8。近畿大会に出たかったなあ、というのが心残りでした。

 

【高校時代】充実の3年間

高校はバドミントンの強い公立高校に行きたかった。身の丈に合わない進学校を志望したけど無事合格。周囲を驚かせましたw

先輩にも、同級生にも、後輩にも、先生にも恵まれました。とっても充実していました!すごくいい環境だった。

 

高校時代の最高成績は、団体戦で大阪府3位。ダブルスで大阪府ベスト8。近畿大会出場。シングルスで大阪府ベスト16。シングルスはあと1勝できていれば近畿大会に行けたのですが…。無念。

 

ここまではやればやるほど伸びていく感じもあって、すごくバドミントンを楽しめていました。

 

【大学時代】どん底、そして…

まず部活が全く面白くなかった。大学の体育会って大嫌い。3か月ぐらいでやめた。

 

やめたあとは、今まで知りあった人にいろんなチームを紹介してもらい、練習場所を転々としていました。

 

でも、どこに行っても高校までのプレーが全く通用しない。点が取れない。かなり伸び悩んだ。というか、壁にぶつかった。

 

勝てなくなると、今までほど「バドミントンが楽しくて仕方ない!」と思えなくなってきます。練習に行く回数も減り、当然さらに勝てなくなる。モチベーションも落ちる一方です。

 

…そして練習に行く回数がさらに減る。悪循環だった。

 

正直、バドミントンに対して前向きになれていなかった時期です。自分はこれ以上強くなれないのかな。なんて思うこともありました。

 

ジュニア指導にチャレンジ

そんなどん底に近いときに、「コーチやってくれませんか」って声をかけられたわけです。

  • あんまり強くもない自分が
  • バドミントンに対して前向きになれていない状態で
  • お金をもらってまで(!)

バドミントンを人様に教えるなんてとてもできない。そう思い、最初は断りました。それでも、「一度練習に来てほしい」と直接電話で熱弁されて、行ってみることにした。

 

練習を見に行って、純粋にバドミントンを楽しんで、強くなろうと練習している子たちの姿を見て、忘れかけていた初心を思い出しました。

 

そうだ、俺はバドミントンが好きだったんだ。バドミントンを楽しんでたはずじゃないか。と。

 

で、この子たちの役に立ちたい!と心から思うようになりました。そして自分自身、もう一回バドミントンがんばろうか!って思えるようになったのです。

 

今でも子どもたちのまっすぐな姿は、僕に「バドミントン、やるぞ!」って思わせてくれる原動力になっています。

 

…それでも自分はプレーヤーとして上級者とはいえないから、コーチなんてやってていいんだろうかって思い悩むこともありました。

 

だって他のコーチはオリンピック選手とか全日本トップクラスとか、そんなレベルの実績持ってる人達ばっかりなんですw

 

だから、すごく葛藤しました。

 

でもね、「イエローコーチがいい!」って言ってくれる子がね、いたんですよ。それが嬉しくて嬉しくて。「あ、自分はここにいてもいいんだ」って思えました。

 

同時に、この子に少しでもこの気持ちを還元したいと思い、コーチとしてもプレーヤーとしても成長しようと決心したのでした。

 

【現在】バドミントンをライフスポーツにしたい

そして会社員になった現在、夢を叶えるために会社を休職して、コーチとしてもプレーヤーとしてもレベルアップに取り組んでいます。

 

プレーヤーとしての目標は大阪の代表選手として全国大会に出ること。コーチとしての目標は、子どもたちの潜在能力を最大限引き出してあげられるような指導者になること!

 

ゆくゆくはバドミントンを生業にしたいです。そのための第一歩として!実は今年の秋からバドミントンの「公認上級指導員」の養成講座を受講しています。

www.tokiwa-grove.com

 

バドミントンと関わりながら生きていける!ということを示したいです。一般化するなら「好きなことをしながら生きていく」でしょうか。

 

僕は誰かのために道を拓きたい。 

 

このブログの目指すところ

そんな私がお届けするこのブログ。

 

プレーヤーである以上、「バドミントンが強くなれない…」と悩むことも多いのではないでしょうか。上にも書いたように、私もその経験をしている一人です。

 

でも「これ以上強くなれない」なんてことは絶対にありません。バドミントンは、生涯スポーツとして楽しめる競技なのに、「学生の頃がピークだった」なんてもったいないと思うんです。

 

だから、このブログでは、バドミントンに関するいろんなことを発信していこうと思っています。 

  • それはプレーヤーであるあなたにとって、少し有益なものになるかもしれません。
  • モチベーションが上がらないあなたにとって、気持ちを奮い立たせるものになるかもしれません。
  • 練習場所や市民大会などの情報がほしい人にとって、情報ソースになるかもしれません。

 

上にも書いたように、僕はとあるチームのコーチもしていますので、その中で感じたことも書いていこうと思います。

 

なので、バドミントンプレーヤーの子を持つ保護者や学校の先生にとっても、何かしら有益な情報を提供していきたいです。

 

こうした情報発信を通じて、同じ悩みを持つバドミントンプレーヤーやその関係者のお役に立つことができればいいなと考えています。

 

あ、ちなみにTwitterもやってます。

心の声、ダダ漏れです。

twitter.com

 

 

  • 僕はバドミントンで生きていきたいと思っていて、ブログを通じてそのための発信をしています(羽根)。
  • 個人的な趣味の話もしたくてたまらないので、ときどきしています(ペンライト)。
  • あとはたまにオピニオン的な記事もお届けします(ペン)。

万人受けはしなくていい。でもわかる人にはわかる!刺さる人には刺さる!そんな記事を書けたらと思います。

 

バドミントン関係ないことも書いてたりしますが、まあよければふらっと読みに来てくださ〜い(。>﹏<。) 泣いて喜びます、泣かないけど(

 

 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

イエローでした~

f:id:or_chard:20160717191054p:plain