【バドミントン】YONEXアークセイバー11を半年間使ってみた。

イエローです。

YONEXのARC SABER 11を半年ぐらい使ったので、雑感書いていきます。

 

使用ラケット遍歴

なぜ今回アークセイバー11を選んだかを話すために、過去の使用ラケットを簡単に書いておこうと思う。

 

中学校の時は、アーマーテック500を使っていた。主にシングルスプレーヤーであり、シャフトがそこそこしなり、ヘッドはやや重めのラケットがしっくりきていた。体格に恵まれていたほうだったこともあり、スマッシュ攻め主体でした。自分にとってラケットの原体験はこれであり、今でもその好みは継続しているといえる。

 

高校の時は、ダブルスの方に力を入れていたこともあって、ナノスピード8000に浮気。軽くて振り抜きやすい、いいラケットでした。歴代のYONEXのラケットの中でも屈指の名器だと思います。

 

大学から会社員1年目になっても、ナノスピードの後継モデルであるナノレイ750を使っていた。また、Ti7(チタン7)を長年サブとして使っていました。というか今でも予備としてチタン7を使っているw

 

アークセイバー11を選んだ理由

さて、そんな経緯があって、今に至るわけです。ナノレイ750はどうもヘッドが軽すぎてフラストレーションがたまるので、原点回帰してヘッド重め、シャフトのしなりは標準、ぐらいのものを探すことに。どうやらアークセイバー7の後継らしいデュオラ7とかも使ってみたんだけど買わなかった*1

 

デュオラがダメならアークセイバーを使うしかない。そして現状、アークセイバー11ぐらいしか男性の中級者ぐらいのプレーヤーが使えそうなものがない。消去法でこれになった。

 

使用感

使ってみるとヘッドが確かに少し重い。ちょうどいい感じだった。操作性しにくいということはなさそう。自分が使っている限りだとダブルスのドライブ戦や前衛での仕事もこなせる。ボルトリックみたいなヘッドが重すぎるやつだとちょっとしんどいけど、アークセイバーはその辺マイルドなので、わりとオールラウンダー向けかも。

 

しかし問題は打球感。ちょっとシャフト硬すぎませんかね…Σ(゚Д゚) 棒みたいな感じ。一般的には、シャフトが硬いということは、コントロール性にも優れているということなので、それはそれで好きな人もいてそう。

 

ただ、さっきも言ったけど「Ti7」とか「AT500」とかを使っていた自分としては、ちょっと硬すぎて戸惑った。「ARC11」のマトリクスはこんな感じ。レベル的には中級者以降のプレーヤーにオススメっぽい。

f:id:or_chard:20160821224652p:plain*2

 

結局、どんな人におすすめ?

  • シャフト硬めが好きなハードヒッター
  • でもヘッドが重すぎるのは嫌い(ボルトリックとかはちょっと敬遠したい)な人
  • (ヘッドが重すぎないので)ドライブ戦もしっかりやりたい人 

 

中級ぐらい以降のプレーヤーなら男女問わずわりと使える優等生タイプだと思いました。僕とラケットの好みが似ている人は使ってみる価値あると思います。

 

きょうの ぼうけんは ここまで 

イエローでした~

f:id:or_chard:20160717191054p:plain

 

 

*1:表と裏で形状が違うことに気を取られてしまう。僕には、ラリー中に余裕があるとクルッとラケット面を回してしまうクセがある。そのときに「あれ、いま持ってるグリップはフォアとバック逆かも?」とか考えてしまって、そっちに気を取られてしまうことがあった。そして集中力を欠いてミスをしてしまったwww

これがあってからデュオラは二度と使わないと心に誓ったのでした。YONEXさんユーザーのこと考えて作ってんのかって感じ。あんなもん自己満足やんと思う。

*2:http://www.yonex.co.jp/badminton/racquets/arcsaber-11.html