読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

【ペンライト】僕の相棒を紹介します【ライブ用にオススメ】

ペンライト(趣味)

イエローです。

このブログのタイトルにもなっている「ペンライト」。オタクの象徴ですね(何が

 

初めてのライブのとき、ペンライトのことはよくわからなくて、折るタイプのサイリウム(ケミカルライト)みたいなのを1本だけ持って臨んだ。多分ルミスティックだったと思う。折るタイプだから当然長持ちせず。10分前後でほとんど光らなくなることをそのとき知った(情弱

 

結局1曲目以外何も持たずにライブをすごしたというのも今となってはいい思い出ww

 

その後、今に至るまで数年間相棒として(文字通り、相として)一緒にいてくれたペンライトを紹介したいと思う。とりあえず、この1本があればおk!みたいなの。

キンブレよりもミックスペンラ

多色ペンライトと言えば「キンブレ」を思い浮かべる人って結構多いんじゃないかな。近年では「〇〇ブレード」という名前を冠し、様々な公式物販のグッズになっているキングブレードさん。かくいう自分も「スフィアブレード」や「ハルカスブレード」を持っている。

 

f:id:or_chard:20160812184131j:plain

 

でも、一番愛用しているのはターンオン社製の「カラフルサンダー 110」です。モデルチェンジにより現在は廃盤。

f:id:or_chard:20160812184214j:plain

 

ルミカライトとあわせて、3強って感じのペンライト業界だけど、その中でターンオン社製のものを僕が積極的に使っている理由は、その企業の姿勢にある(※以下、断りがない限り右から引用:http://www.turn-on.jp/concept-penlight.html)。

 

低品質な粗悪品、ありません

某ツアー中、あまりの不良品の多さとひどさに、私はプロダクション担当者に依頼され、実際に海外の製造工場まで足を運んで見てきましたが「とにかく安く作れ!と日本人業者に言われてるから…指示はそれだけだから…」と。

これも今のペンライトづくりの動機の1つになっているのだろう。仕入れ単価を抑えるために粗悪品を乱造しているのが許せなかったそうです。

 

「ライブでキレイに明るく光る」を徹底追求

色ムラがなく、満遍なく明るく綺麗に光るペンライトって作るの難しいそうです。なんか先端だけちょっと光の弱いペンライトって結構出回ってるよね。皆さんも経験無いでしょうか。あるいはライブ映像を見ていると感じないでしょうか。

 

その点、この会社の製品は「とにかく現場でキレイに光る!」を大事にしてくれているのがよく分かる。

確かに「見た目」も大切ですが、ペンライトなんだから「光った時」はもっと大切なのに…。もう少し考えてくれないと…。楽しみにしていたコンサートで、自分のペンライトが「ショボイ光り」じゃ、物足りなく悲しいですよね。

 

乱暴な使い方をされる現場をちゃんと想定している

「振りまわす+たたく」は「当たりまえの使いかた」ですよね!

わかる、それな(オタク

 

特にUOみたいな高輝度のケミカルライトは折って使うときに、前の座席とかに叩きつけて折る人がいる。ペンライトでも事情は似たようなもの。乱暴に扱われても危なくない製品づくりを考えてくれている。

 

フリッカーなし

フリッカーってなんぞ?って話だけど、要するにアニポケのポリゴンの話のやつです。暗いところで光が短時間に何度も点滅を繰り返すと、気分が悪くなる人がいる、というやつ。

数年前、TVアニメを夢中になって観ていた子供たちが突然けいれんを起こし、多数が救急車で搬送される事態に拡大した「光の高速点滅問題」=「光過敏性発作」を、誘発する可能性の問題です。

 

ペンライトを目の前で振ってみてほしい。なんかチカチカして色の残像が残るなら要注意。ポリゴン事件と同じことが起こっていることになる。放送業界では規制されてるけど、ペンライト業界ではフリッカーってまだ規制の対象外なんだそう。

 

早くから「フリッカーを避けて作ります」と宣言していた会社はターンオン社だった。この1点だけ見てもターンオン社のペンライト使おうかなって気になるよね。

 

さて、今自分が使っているターンオン社製の「カラフルサンダー 110」は既にモデルチェンジがなされている。現在の最新モデルは「ミックスペンラ」というものらしい。24色あって、色記憶もできるし、使わない色があればそれも設定できる。オタクの味方です。

 

数年前と比べてスペックは上がってるのに価格は落ちてる。ぶっちゃけ買いどきだと思います。かがくのちからって すげー!(

 

そしてこの手のペンライトは電池式です。充電式の電池を買ってしまえば、何度でも使うことができる。初期投資がちょっと膨らむけど、ランニングコストはほぼなし。おすすめ。この手のペンライトは大体単3電池3本で点灯する。

これからアニサマとかあるし、多色のペンライトが1本あればほぼすべての歌手に対応可能です。同じ歌手でも曲によって色が違ったりもするからね*1

 

繰り返しになるけれど、多色ペンライト1本持っとくと便利ですよ!

 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

f:id:or_chard:20160717191054p:plain

 

*1:例えば水樹奈々さんだと、水色、オレンジ、ピンクなどを使い分ける。