第10回豊中ジュニアオープンバドミントン大会いってきましたー

【スポンサーリンク】

イエローです。

 

豊中ジュニアオープンバドミントン大会に、コーチとして参加してきましたー。この大会に行くのは初めてのこと。参加数はかなり多かった。エントリー数でいえば200人以上。

 

うちのチームからは10人弱エントリー。中には、手に汗握るような競った試合もありました。

大会概要 

15点3ゲーム延長なし。単複どちらかにしかエントリーできない。「12歳以下シングルス」のように、学年ではなくて年齢での制限なので、小学生と中学生がぶつかることもあった。

 

また、大阪府以外からもエントリーがあったので、ほかの地域、ほかの年齢層の人たちとゲームができるという、一風変わった大会になっている。それがおもしろさでもあると思う。

 

内容ふりかえり

うちのチームは小学生が中心なのでU12(12歳以下)の部がほとんどだった。

 

中でも今日一番力が入ったのは、Iさん。

 

1試合目は大激戦の末にファイナルゲームでわずかに及ばず。2試合目もすごい接戦でした。

 

うちのチームに移籍してきて数か月。今まで勝ったことがない人に今日勝ちました。それも、ファイナルゲームのチェンジエンドのポイントを先に取られて、そこからの大逆転勝利。間違いなく力がついている。移籍してきて初めてプレーを見たときのことを考えると、見違えるほどの驚異的な成長速度。

 

まだ技術的に追いついていない部分はあるんだけど、相手のどこが弱いのかしっかり考えて球を打てているし、相手のいないところに球を持っていこうとしているのがよくわかる。技術が追い付いてきたらもっと点が取れるようになると思う。

 

そして何よりいいなあと思ったのは、勝利へ向かう気持ちが本当に強いこと。1点取るごとにそれが表れていたし、劣勢でもあきらめずに点数を取りに行こうとする姿勢が素晴らしい。

 

ファイナルゲームの終盤、僕も力が入って1ラリーごとに「ここまで来たら気持ちの勝負やで!」とか言ってたと思います((

 

中学生のMさんも、久しぶりに試合での姿を見た。ちょっとイメージ通りにプレーできずに苦しい日々があったかもしれないけれど、今日の2試合目はいいプレーができていた。もともと能力は高いわけだから、今よりももっともっと強くなれるよ!

 

他の子供達にも言えるけれど、自信持ってほしいです。本当に。

 

その他

ここまで、子供たちの戦いを書いてきたんだけど、コーチのひそかな戦いとか、脇道的なことも書いておきたいと思う。

 

コーチのバランス感覚

よかったところをほめてあげるのと、今ある課題を提示してあげるのと、そのバランス感覚って結構難しい。

 

できるようになったことをほめられると「よし、次もがんばろう!」って思えるはず。だから「いいね!」と言ってあげることの効用は少なからずあると思うんです。自身の成長を否定され続けると、モチベーションもそら上がってこないでしょ。

 

僕自身はもともと、自分に対しても他人に対しても「できないこと」に目が向きがちだったから、「できないこと」に対するアドバイスが多かった。でも今のジュニアチームの代表コーチの人は、ほんの些細な「できるようになったこと」にすごく気がつく人で、ほめるのがうまい。それを見てからは僕も意識的に「できるようになったこと」に言及するようにしている。

 

他方、課題を提示せず現状を肯定しすぎると、子供たちの成長速度は鈍化する。できないことから目を背けて気休めに肯定するのは簡単です。でもコーチには子供たちをレベルアップさせてあげる責任がある。壤晴彦さんのツイートがいろんなことに当てはまりすぎててよく読み返している。

 

向上の要請は「安住しないこと」っての、ほんと身に染みる。

 

で、このバランス感覚って結構難しいんだよね。「YES」に囲まれすぎてもいけないし、「NO」に囲まれすぎてもいけない。本人の気持ちをうまく引き出してあげるような言い方ができるようになりたいなあと、今日改めて思った次第です。

 

おわりに

僕は他人とあんまりうまくしゃべれないんですよね。でも「好き」を共通項に持っている人とはちゃんと話せる。バドミントンやっててもやっぱりそう。何度も大会に顔を出していることもあり、大阪府にある他のジュニアチームのコーチとお話しさせてもらえる機会が増えてきました。他のチームの練習とか見てみたいし、1回お邪魔させてもらえないかなあ…なんて(チラッ

 

今日は保護者の方に行き帰りに車に乗せていただきました。本当にありがとうございました。いつもあたたかく私に接してくださって、嬉しいです。僕は子供たちに還元することで報いたいと思います。

 

さて、今後言うてる間に大阪府小学生シングルス大会が始まる。ついに組み合わせも発表になりましたねー。そしてその前にはABC大会(全国大会)もあるので、そっちにまずは全力を注ぎたい。

 

最後に、この気持ちをいつまでも忘れずに持ち続けたい。あなたたちが私の原動力です。コーチもがんばります。ありがとう。

 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

f:id:or_chard:20160717191054p:plain