読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【バドミントン】大阪社会人リーグ前期リーグ1日目でしたー

f:id:or_chard:20160731200944j:plain

イエローです。

 

今日は大阪社会人リーグ前期リーグの1日目でした。前回は苦い経験をしたわけだけど、今回はメンバーも入れ替わって心機一転!全勝して1回で再昇格しようというつもりで挑みました。。

 

 

大阪社会人リーグ(バドミントン)の試合形式

ダブルス→ダブルス→シングルスという2複1単形式。リーグ戦なので打ち切りもなし。8チームが1つの部にいて、4チームずつ2つのリーグにわかれる。で、4チームの総当たりを行う。

 

最後には順位を確定させるために、別のリーグの同じ順位のチームと対戦。例えばAリーグの2位とBリーグの2位が対戦して、3位と4位を決める。1位になれば1つ上の部に昇格、8位になれば1つ下の部に降格となります。たいていの場合、4戦全勝すれば昇格、全敗すれば降格という感じ。

 

試合振り返り

そんなわけで今日はリーグ戦の初日。全4試合のうち2試合をやってきた。

 

1戦目

下の部から昇格してきたチーム。昇格してくるチームはだいたいチーム状態が良くて強い。自分はシングルスに出場。

 

第1ダブルスは、新加入の人がさすがの強さを見せてくれて圧勝♪

 

相手のチームは第2ダブルスに強い方のダブルスを持ってきた(外してきた)。実業団のミズノでプレーしてた人で、自分も中学生の時に見たことがあった。当時からめっちゃ強かったけど、今でもやっぱり強かった。こちらのダブルスも食い下がってくれたんだけど負け。

 

ダブルスを外してきた(1本捨てて1本とりに来た)ということは、ダブルス2つを1-1にしておけばシングルスで勝ってチーム的に勝ち、というゲームプランであるはず。だから、「ああ、このチーム、シングルスに自信があるんだろうなー」というのは何となく想像はついてたけど、案の定シングルスの人は強かった…。

 

技術的にあんまり勝てないことはすぐにわかったので、とりあえず足を動かしてスピード勝負をした。スマッシュ主体の攻めが1ゲーム目の終わりぐらいまではそこそこ通用してたんだけど、相手が慣れてきたっぽかったのでカットやクリアーも混ぜることに。1ゲーム目は19点ぐらいで逃げ切り勝ち。

 

2ゲーム目の中盤を過ぎると、だいたい手持ちのカードを使い切ってしまった。そうなるともはや相手の術中だった。ファイナルまでもつれ込んだけどジリ貧。負け。

 

一番の敗因は足が動かなくなったこと。ラウンド側とか体開きまくってたと思う。シャトルの下に入れてなかった。僕は技術的に秀でているわけではないので、とにかく足を動かさないといけない。なのに30歳を過ぎた人に体力負けってそれはあかんやろって話。志願してシングルス出させてもらったのにこれはふがいない。でなおしてきます。

 

体力に自信がなくて、手持ちのカードの数に自信がなくて、それゆえに2ゲーム勝負を仕掛けた。そうせざるを得なかった。そして2ゲームで勝負を決められなくて負けた。負けるべくして負けた、ということ。

 

というわけでチームは1-2で負け(´・ω・`)

 

2戦目

前回の大会から顔ぶれがごっそり入れ替わったので、いろんな形を試してみようということで今回はさっきとメンバーを入れ替え。自分は第2ダブルスに出場。高校のときに組んでた人とペアで出場。

 

第1ダブルスはトップダブルス同士の勝負。大激戦の末勝ち!!応援も盛り上がったし、熱のこもった試合だった! かっこいい(^^♪

 

第2ダブルスの相手は、床に足をべたづけで守りの堅いおじさんだった。攻撃にまわる時間は結構長かったと思うんだけど、2人とも決め手に欠き、点を取り切れず…という感じだった。ファイナルまでもつれたけど負け。

 

シングルスはかなり余裕を持って勝ち!強え!!バックカットとかハイバックとか死ぬほどうまかった。今度からあの人をイメトレの対象にしよう(

 

というわけで2-1で勝ち♪ …どう考えても3-0で勝たないといけなかったorz

 

総括

個人成績は0勝2敗。申し訳ねえ…。

 

今自分が所属しているチームは結構昔からあるチームなんだけど、「Aチームは若者中心で頑張ってくれ」とのことだったので、今回はメンバーが大きく入れ替わることになった。長らくこのチームを牽引してこられたシニアの世界で全国区の人たちから、自分たちへバトンタッチ、ということ。

 

新しく迎え入れられた人は高校のときによく大会で見かけた近くの学校の人で、センス抜群、研究熱心!相手にすると厄介なことこの上ないんだけど、味方にするとものすごく頼りになる(*´ω`)

 

もう1人、少し前から入っていた人も、近くの学校の人で、大学でも熱心にやっていた人。今日も2勝だった。味方にすると(ry

 

同じ地区の公立高校で熱心にやっていた人と、今こうしてチームメイトとしてプレーできるの、ほんと楽しい!!! あとは自分が勝てれば文句ないんだけどなあ…(駄

 

その他

時々一緒に練習していた人が実は同じ歳だったということがわかったり、中学のときから同じ地区で競い合ってきた人と再会したり、中学の先輩がまたバドミントンをやりはじめていたり!

 

試合会場に行くといろんな人がバドミントン続けていて、話をしたりプレーを見たりするだけでも楽しい。で、自分も頑張ろうって思える。あるいは「うちの練習おいでよ!」って言ってもらえて世界がちょっと広がったりもする。こういうの好きだなあ。

 

 

…あと、とにかく競った試合で勝ちきれないのなんとかしたい


今日の冒険はここまで。

f:id:or_chard:20160717191054p:plain