読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【バドミントン】2016年6月 ふりかえり

イエローです。

 

いままで自分はわりと「うまくいかないこと」「できないこと」ばかりに目が向いていた。ふと気づいたのは、ジュニアの代表コーチを見ていたとき。このコーチは些細な事でもできるようになったことに気づいて、しっかり褒めている。自分は、できないことばかりに目を向けすぎているのではないだろうか。そしてそれは自らのプレーに対してもそうではないだろうか。

 

「できないこと」に目を向けすぎるのは、自分でもやっていてストレスだったし、子供たちにとってもおそらくストレスになっている。だから「できるようになったこと」にもう少し目を向けたい。そんなわけで、今月から「自分ができるようになったこと」をリストアップしていくことにする。

 

ダブルスに関すること

「前衛でセンターに落とす」の効果を実感した

いつも読んでるブログで書いてるのを見つけた。これはすぐにでも実践できるぞー!と思ったので早速やってみる。なんでセンター?ってのはかなり明快に書かれてる。

相手からの返球角度が狭くなって、後衛の動く距離が短くなり、良い体勢を作りやすいから

引用元:ダブルスでのネットはセンターに置こう: バドミントン 上達への道 〜レベルアップ研究室

クロスに振られるとしんどいもんなあ…。確かに攻撃を持続させやすくなった実感がある!トップアンドバックの形を持続できればそれだけ攻撃の時間も長くなり、つまり得点力が上がるということ。

 

副次的な効果として、相手がロブを打ってサイドアウトをしてくれるシーンも多くなった。あとお見合いから点をもらえるシーンもちょっとあった。やってみて難しいなって思ったのは、お互いにトップアンドバックに近い形になっているときかな。センターにネットを置くのは結構勇気がいる。浮いたら即死案件ですからね…()

 

サーブレシーブを2歩で対応することにした

昔からダブルスのサーブレシーブが苦手だった。原因を考えてたんだけど、左足を一歩出してサーブレシーブを打ってたのがダメだったっぽい。それだと距離が稼げなくてシャトルを前でさわれない。相手のサーブが沈んできてからしかレシーブが打てておらず、サーブレシーブでほとんどプレッシャーがかけられない状態になっていた。

 

身近な人(サーブレシーブのプレッシャーに定評あり)や、トップ選手を見てると、結構サーブレシーブを2歩で対処してる人も多かった。それを真似することにしたらかなりうまくいった♪───O(≧∇≦)O────♪

 

以下の動画で、画面手前、ツァン・ナン選手のサーブレシーブを参考にしてみてほしい。※ツァン・ナン選手も、左足一歩だけで踏み込んでいる時があるので、状況によって使い分けてるっぽい。他の選手も同様。

 

ダブルスは「攻撃をいかに持続させるか」がキモだと実感した

バドミントン・マガジン7月号に、世界選手権3位の実績を持つ池田信太郎さんの「ダブルス・インテリジェンス」という連載がある。そこには「ダブルスは縦の関係を作れると強いんだよ」ってのが書いてあった。

 

これだけならほとんどの人が知ってると思うんだけど、その形を作るためにはどうすればいいか?その形を持続させるためにはどうすればいいか?ってのはあんまり言われないよね。その辺のことがバドマガ7月号の「ダブルスインテリジェンス」には書いてあって、早速実践してみた。

 

「攻撃を持続させるためにストレートスマッシュを打つ」というのは自分にはなかった視点だったので、読んで実践してみてよかった!今までわりと漫然とやってたけど、ラリーの作り方も考えるようになったなー。とくに意識するようになったのは自分が前衛と後衛のどちらをメインでやるか?ということ。

 

「ダブルスインテリジェンス」では、世界のトッププレーヤーを見渡すと、前衛と後衛の役割分担がハッキリしていると指摘されてる*1。「この人と組むときは自分が後衛に回ろう」とか「この人はスマッシュ打たせると強いから自分ができるだけ前衛に回ろう」とかをハッキリと意識してゲームに臨むようになった。

www.tokiwa-grove.com

 

ミックスダブルス特有のサーブを実践した

大阪総合で負けたときに「やっぱり男子が後ろのトップアンドバックの時間を長くしないとしんどい」というごくありふれた結論にたどり着いた。いまさらかよwww

 

「男性が女性の後ろからサーブを打つ」というアレを早速やってみる。まだ精度100%には程遠いんだけど、このサーブを打つとき、「パートナーの女性にどこに立ってもらうか」「自分が3打目にどこを狙うか」を模索しつつ、ある程度形にすることができた。来月も継続して取り組みたい。

 

ひたすら男性が後ろに張り付くのはしんどいけど、うまくできれば得点能力はあがりそう。例えば以下の動画が参考になるかと(*^^*)

 

総括

今月はダブルスのことばっかりになってしまった() 大阪総合で負けたのがわりとショックで、かつ、課題もハッキリ見えたので、今月は自然とダブルスにエネルギーが注がれることになった。あとバドマガの「ダブルスインテリジェンス」が本当におもしろかったんだよ!

 

7月は大阪社会人のリーグ戦が始まるので、そこでシングルス・ダブルス、どっちで出ても勝てるようにしたい。どっちも練習します( ̄+ー ̄)

 

今のところ、次月の課題は 

・シングルス

長いラリーでも運動量を落とさないこと(トレーニングの必要性)

・男子ダブルス

トップアンドバックの形を維持し、得点をもぎ取る球回しを覚えること

・ミックスダブルス

ミックス特有のサーブの精度を上げること

です。毎日漫然とやらないようにだけ、気をつけたい。集中。

 

 

*1:例えば高橋選手と松友選手なら、高橋選手が後衛、松友選手が前衛。遠藤選手と早川選手なら、遠藤選手が後衛、早川選手が前衛。

ベースボール・マガジン社『バドミントン・マガジン』2016年7月号、55-59頁。