読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バドミントン強くなりたいなら、月刊誌「バドマガ」を読もう!

イエローです。

 

バドミントン強くなりたい!でも身近に教えてくれる人がいない!

 

…そういう人って結構多いんじゃないかな。ベストなのは「身近に教えてくれる人がいない」状況を打破することだと思う*1

 

さて、もう1つおすすめしたいのは『バドミントン・マガジン』を読むこと。

www.fujisan.co.jp

 

そもそも『バドミントン・マガジン』って?

通称、バドマガ

 

国内唯一のバドミントン専門誌です!毎月出ている月刊誌。ベースボール・マガジン社からでていて、だいたい毎月100ページちょっとぐらい。専門誌ってだけあって情報の量も質もかなりハイレベル。初心者から上級者までバドミントンやるなら全ての人が読んでおくべき。

 

オススメする理由

初心者から上級者までカバーされている

ジュニア、学生、シニア、レディース。

バドミントンという競技は何歳になっても続けられる。それゆえ、『バドミントン・マガジン』に掲載されている記事のターゲットも幅広い。

 

例えば最新号で言うと、藤本ホセマリさんの「目からウロコのシニア・バドミントン講座」なんていうのがある。一方で「ジュニアのための体づくり」という連載もある。

 

また、いまはもう連載をやってないみたいだけど、少し前ならバドミントンのルールについてのケーススタディがあったり、栄養面から選手の食事を考える連載とかがあったりする。こうした対象の広さゆえに、バドミントンに関わる人であれば誰が読んでも参考にできるところがあるようなつくりになっている。

 

コラムを書いている人のレベルが高い

これは結構大事なこと。

身の回りであなたに指導してくれる人を思い浮かべてほしい。

  • その人のレベルはどんなもの?
  • 都道府県大会でどの辺まで勝てる?
  • 全国大会でどのぐらいまで勝てる?
  • あるいは過去の実績はどのぐらいのものだった?
  • その人の指導実績はどうか?
  • その人は過去に強いプレーヤーを輩出したか?

 

バドマガのいいところは、日本のトップクラスの人が寄稿しているということ。プレーヤーとしてトップクラスの人はもちろんたくさんいる。例えば、少し前まで元日本チャンピオンの佐藤翔治さんが連載を持っていた。

 

それだけでなく、今であれば奈良岡浩さんや、昔であれば胡山喬さんのような、指導者として全国レベル、あるいはナショナルレベルのプレーヤーを見てきた人が連載をもっていたりする。

 

考えてみてほしいんだけど、日本のトップレベルの人達に指導してもらえるチャンスってなかなかない。少しでもこういうところで学べるのであれば、読む価値は十分にある。

 

トップ選手のパーソナルな部分を知れる

トップ選手にはバドマガが取材をすることももちろんある。そうするとわかるんだけど、強くなった人も「昔は誰でも初心者だった」のである。じゃあなんでこの人は強くなれたのか?それをインタビューの中で語ってくれるから、その中にあなたが強くなるヒントがきっとあるはずだ。

 

「日本のトッププレイヤー」と一口に言っても、小学生の頃から全国大会の上位常連だった人もいれば、中学・高校まで目立った実績をもっていなかった人だっている。

 

また、小学1年生からバドミントンをしていた人もいれば、中学校になってからバドミントンを始めて、日本のトッププレイヤーになった人もいる。意外とエリート街道を突っ走った人ばかりではないということに気づくはずだ。

 

そして、そうしたインタビューの中から、トップ選手のバドミントンに対する向き合い方も知ることができる。とても貴重。

 

強い学校、チーム、国、プレーヤーを知れる

中学校や高校、大学などを選ぶ基準が「バドミントンが強い」ことであるならば、ぜひ読んでおくべき。だいたいそういう強豪チームにはバドマガが練習の取材に訪れている。どのぐらいのレベルのプレーヤーがいて、どんな狙いを持ってどんな練習をしているかを知れる。そのチームの監督の、ものの考え方を知れる。

 

また、全国大会やBWFスーパーシリーズ(世界の大会)の結果などが載せられていたりするので、いま誰が強いかってのもこれを読んでいれば把握することができる。強い人を知ることができれば、あとはYouTubeやJスポーツで映像を見ながらその人の真似をしていけばいい。

 

練習メニューがたくさん紹介されている

学生の皆さん!

練習を毎日やっているといつも同じメニューばかりでなんとなく単調になってしまいませんか?

 

そして指導者の皆さん!

そろそろあなたの引き出し、ネタ切れなんじゃないですか?俺の悪口はやめるんだ!(何

 

バドマガなら練習メニューが載っていて、しかもその狙いまできっちり書かれている。その狙いを理解した上でメニューを導入すれば、いつもの単調な練習が活気づくかもしれません。

 

あるいは、自分たちがやっているのと同じ練習でも、「こういう狙いで取り組めばいいのか!」と気づけることだってあるはずだ。意外とトッププレイヤーでもやってる練習メニューは同じだったりする。そのレベルが段違いなだけ。

 

さて、ここで自問してみよう。

プレーヤーのみなさん!

  • あなたのいまのそのプレー、「なんとなく」できているだけではないか?
  • そのフットワーク、その打ち方が合理的であると自身を持って言えるだろうか?
  • その理由を説明できるだろうか?

 

コーチのみなさん!

  • あなたの中にあるバドミントン理論はいつ吸収したものか?
  • その理論は誰に教わったものか?
  • 理論のアップデートはきちんとなされているか?古くなっていないか? 

 

即座に首を縦に振れなかったのなら、バドマガを読んでみるべき。昔読んでたけどいまは読んでないよーって人も、いま一度最新の情報を仕入れてみてはいかがでしょうか?

 

定期購読をしてみよう

『バドミントン・マガジン』を購入していると、毎月書店に買いに行くのが億劫になってくることがある。そして後回しにしているといつの間にか売り切れていたりする。そんな経験ある人もいるんじゃないかな。というか自分がそうだったwww

 

最近知ったんだけどバドマガの「定期購読」なるものがある。自分はそれを知って早速定期購読した。これのいいところは送料が無料なところ。

 

しかも最初の2ヶ月はなんと半額で入手できる。これはアド。

 

メールアドレスと住所と支払い方法を登録するだけ。5分もあればできるはず。もちろん読んだだけで強くなれるわけじゃない。「うまくなりたい!知りたい!を全力サポート」だからね。あくまでもサポート。

 

でも、これを読むと「あ、これは明日の練習からできそう」ってのがあったりする。バドマガはだいたい800円ぐらい。あなたの「強くなりたい!」が本物なら、毎月ランチ1回分の投資をする価値は大ありだと思うよ。

 

www.fujisan.co.jp

 

 

きょうの ぼうけんは ここまで

イエローでした~

f:id:or_chard:20160717191054p:plain

 

 

*1:なかには自己流プレーなのに「教えたがり」の人もたくさんいるけれど(特に年齢を重ねるほど多くなる)、そういう人とはできるだけ関わらないように。