豊崎愛生さんThe key to Lovin'徳島感想とレポ【3rdツアー】

こんばんは、イエローです。

 

豊崎愛生さん3rdコンサートツアー The key to Lovin' 徳島公演、参加してきた。今日は印象に残ったところを抜き出して書いていこうと思いまーす。今回は公演前のことの記述も多くなってしまったし、どちらかというと遠征日記みたいな感じかも。全体のふりかえりは大阪公演の記事に書いています。

 

まずはご本人の言葉を見ておこう!

ameblo.jp

開演まで

実家の車を借りて大阪から徳島まで行くことに。2時間半ぐらいで到着。ずーっと all time Lovin' かけてた。

「大切な誰かに会いに行く歌」がテーマの「シャムロック」はこんな日にぴったりだなあ。惜しまれるのは、僕が電車じゃなくて自動車で徳島に向かっていることと、この曲に登場する男の子が「クセ毛」なのに僕が直毛なこと(何

すまんなwww

 

物販

会場に10時前ぐらいについて物販並ぶことに。自分の前には100人ぐらいいたでしょうか。物販に並んでいると、雨が降ったりやんだり。かかと上げをしてこっそりトレーニングしてたww …見えないところでバタ足するんです(その言い方

 

物販では、最大のお目当てである会場限定のキーホルダーを購入。あとはこのツアーで会場限定のブロマイドとかポストカードとか入手していなかったので、love your life, love my lifeの通常版を購入した。あのアルバムの通常版、めっちゃジャケットが好きなんだよなー(*´ω`)

f:id:or_chard:20160627031318j:plain

 

きれいなよだれTシャツを着た愛生ちゃん。これ魅せられたら買うしかないな?(買った

f:id:or_chard:20160627032700j:plain

 

会場限定キーホルダーは買えたけど、徳島から追加された「とよさきさん」「よんコマイヌさん」「よこぎりさん」は早々に売り切れ。次回買います。

 

プレゼント企画

物販に並んでるときに、愛生ちゃんへのプレゼント企画のメッセージを書いてきた。1か月ちょい前ぐらいにTLにこの情報が流れてきて、よし参加しようと即決だった。

 

イラストめっちゃいい!!!!!やばい!!!!!!!ポストカードもいただきました。特殊加工されてるのか、表面がキラキラしてる。大事にしますね。。多分もう数人ぐらいならプレゼント企画参加できる言ってた気がするし興味のある人はぜひ~。

間違ってたり情報不足してたらごめんなさい。後で知ったんだけど、実はこの人イラスト描いてる人の企画に以前も参加していたことがあったっぽい。あのときもよかったなあと密かに思い出してました。

 

ラーメン「いのたに」鳴門店

物販とガチャが終わったあと、徳島ラーメンの有名店「いのたに」鳴門店へ。店内は愛生ちゃん勢であふれかえっていた。床もだったし、注文聞くおばちゃんのエプロンもだったし、なかなか意識高い店でした!!!(?)

 

店内ではテレビで広島阪神のプロ野球中継をやっていた。徳島という場所的に広島を応援する愛生ちゃん勢と阪神を応援する愛生ちゃん勢が入り乱れていて、仲間内なのに分かり合えないオタクの図がそこにはあった()

 

そして肝心のラーメンは、「肉入り中華そば(大)」ってやつを注文。めっちゃ肉がたっぷりで、肉厚!濃いスープは重厚感あった。卵を絡めるとおいしかったです!面は細め。850円だったかな。

参考:http://www.uma-e.net/ramen/store/2651/

 

ちなみに愛生ちゃん勢が押し寄せすぎたせいで、4時半ごろには店内の麺がなくなる事態にwww

 

f:id:or_chard:20160627121801j:plain

 

うまそう!ってかうまかった!!ごちそうさまでした!!! 

f:id:or_chard:20160627031425j:plain

 

喫茶店「ピーベリー」

ラーメンを食べ終わったあと、喫茶店に行くことに。鳴門市民文化会館の近くのピーベリーというところにいきましたー。昔ながらの喫茶店!って感じでとってもよかった。家の近所にあったらたぶん入り浸ってる。

f:id:or_chard:20160627032717j:plain

 

世界各国のコーヒー豆を仕入れていて、お値段もコーヒー1杯で600円前後。でも価格に見合うようなお店だと思う。店内の雰囲気がとてもいいです。。

参考:https://retty.me/area/PRE36/ARE148/SUB14804/100001154540/

 

フラスタ

帽子被ってるよだれむしやばい!!!ポートレイト愛生ちゃん。。。

f:id:or_chard:20160627032128j:plain

 

せちがらいおん様!!!

f:id:or_chard:20160627032140j:plain

 

まさかの香港勢wwwすげえ!!!

f:id:or_chard:20160627032323j:plain

 

ゲマ・メイト、ランティス

f:id:or_chard:20160627122115j:plain

 

公演内容

やっと本題()なんとこの日は2列目の真ん中付近の通路側で見ることができた!本当に感謝です。ありがとうございました。

セットリスト

徳島の会場限定曲は「君にありがとう」と「love your life」だった!

 

「君にありがとう」

柴犬のリュウちゃんにむけて歌っている曲。この曲はほとんど徳島でしか歌っていない。前回のツアーのときは「遠征する」という発想が自分の中になかったので徳島には行っていなかった。だからこの曲を生で聞くのは初めて。

 

東京の空を見上げても、リュウちゃんは「いない」。でも徳島に戻ってくると「そこにいる気がする」。MCの中で愛生ちゃんはそう言っていた。「君にありがとう」のときは、誰かに向かって語りかけているようでもあり、でもやっぱり歌っているようでもあり、不思議な体験だった。

 

歌い出し直後ぐらい、お客さんと顔を合わせた時のように、目線を下げて誰かに向かって顔を合わせて微笑みながら歌っていた。そう、つまりリュウちゃんに向けて歌っていたのだった。後半には、空を見上げながら歌う姿もあった。見たこともないけれど、この場には確かにリュウちゃんが「いる」。そう思わされた。「何を今さら」という気もするけれど、「そうか、この人は表現者だ」と強く思った瞬間だった。最後の方には愛生ちゃんの声が震える瞬間があった。

 

それから、愛生ちゃんの帽子についているものは公演ごとに変わってるんだけど、今日はダルメシアンだった。リュウちゃんは柴犬だったし、直接的には関係しないのかもしれないけど、やっぱり連想はするよね。アルバムのアートワークのどこかにダルメシアンがいた気がしたけど本当に気のせいだった()

 

ちなみにこの曲、提供したのは奥華子さんなんだけど、奥さんもセルフカバーをしているそう。全然知らんかったぞ!!!

君にありがとう

君にありがとう

  • 奥 華子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

「love your life」

次から次へと目の前のハードルを のりこえるたび 強くなる

ここで愛生ちゃんと目があって、「のりこえる」のところで小さくジャンプした。そこでシンクロできたのが嬉しかった。次から次へと目の前のハードルを乗り越えるって、バドミントン人生そのものじゃないですか!他のどの部分でもなく、ここで愛生ちゃんとシンクロできたのが嬉しい。

 

「ルーツ」「ターニングポイント」の曲

ぼくを探してを歌い終えたあとのMCで「今回のツアーでは自分のターニングポイントだったり、ルーツになっている曲がいくつか入っています。」と言っていた。「その中から2曲聞いてください」ということで、タワーライトとポートレイト。

 

この日のポートレイトは違った…!って大阪の時にも言ったけど、大阪の時ともまた違った。ほんとうまくいえないんだけど、この日は歌い出しから「あれ、なんか違う?」と思わされた。ほんともどかしいけどうまく言葉に出来ない。目を閉じながら歌う時間も長かったし、ステージから見える聴衆にではなく自分に向けて歌っているような。

 

ターニングポイントというと、8月31日に発売される新曲もその1つになるかもしれない。アルバムが出て、ツアーが終わって、ここからリスタートのつもりでやっていきますってこの日愛生ちゃんは言っていたからね!

 

さて、ここで皆さんに聞いてみたいんだけど、愛生ちゃんの「ルーツ」「ターニングポイント」になった曲ってなんだと思う?僕は次のこの曲もそうじゃないかなって思ってたりする。今回のセットリストにも固定で入ってるし。

 

music

musicはクラップが印象的だから「会場みんなで音を作る曲」であり、あと歌詞の中に「イエロー」が出てくるからそれだけで好きなのと、そして何より個人的にはしんどい時期にこの曲に本当に救われたから、思い入れが強いってのもある。でもそれだけじゃない。

 

「ターニングポイントの曲」というと僕はこの曲を思い浮かべたのだ。ほら、musicってDing!Dong!Ding!Dong! で言うところの「乗り越えてきた「デコボコ」」の真っ最中に発表された曲だったじゃない?アレを機に愛生ちゃんは変わった点がいくつかあるはずで*1、その意味で絶対に「ターニングポイント」と言える。

 

「羽根がないことを嘆かずまっさらな気持ちで、もう1度前を向こう。」そんな旨のことを歌う愛生ちゃんにぐっと心をつかまれた。愛生ちゃんにずっとついていこう、そう思った曲がこれだった。

失った言葉もう一度抱きしめて うつむきかげん私にさようなら

豊崎愛生さん「music」より(※作詞はつじあやのさん)

 

「ぼくを探して」ステップ 

うずまく感情が体現されているのか、独特のステップを踏み体を揺らしながら歌う豊崎愛生さんが見られる。これだけだと何のことかわからないと思うので、数年前の love your live の映像から。X脚豊崎愛生さん。

 

一千年の散歩中

ライトが愛生ちゃんに当たっている。それが虹のようにキレイな彩りだなあと思ってステージの床を見ると、はっきりと色と模様が出てるのね。それを見ると、の混合だった。ライトがあたった床を見るとわかりやすい。

 

「一千年の散歩中」の道中で出会った3人は、やっぱり愛生ちゃんに欠かせない大切な存在だということなんだろうな。それをMCの中でツアー中いままで一度も言葉にしていない。言葉にしていないけどこだわっているポイント。愛生ちゃんのそういうところ好き。そしてそういうのを探すのが楽しい。

 

「ほおずき」ステップ

タワーライトの「ラッタッタ」と並んで、多くの人が挙げているけど「ほおずき」のステップめっちゃええやん!! 今回は籠島さんのもとにかけよっていって、最初は両足ジャンプからステップを踏んでた。曲に合わせてあの場に溶け込むかのような動きだった。

ほおずきはサウンドもさることながら、「夏は美しい力で 幼い僕達を永遠にした」のような言葉選びが素敵すぎてホント好きだ…。

 

その他

序盤の時間の流れ

「シャムロック」と「ぼくを探して」は夕方。それが判断できるのは後ろのスクリーンが夕焼け空だったことと、本人の言及内容から判断できる。シャムロックに関しては、おからじ内で場面が夕方であると言っていたところ*2。「ぼくを探して」に関しては歌詞の「夕暮れよ 合わせてよ 2つの影を」というところ。

 

そして「ぼくを探して」もそこに含まれると思うけど、「ルーツ」「ターニングポイント」の曲が続く。そして夕方(タワーライト)→澄んだ空(ポートレイト)へと時間の流れを感じるセットリストになっている。

 

しかもすごいのは、「ぼくを探して」「タワーライト」「ポートレイト」の3曲ともパーソナルな部分に焦点を当てた曲(愛生ちゃん自身の言葉を借りるならおそらく「ルーツ」「ターニングポイント」になった曲)を3つ並べて、かつ、時間の流れもキレイに成立していること!

 

MC
  • 飛行機を降りると海の匂いがして、田舎の匂いがして(笑)。徳島に戻ってきたなって思う。 ヘルメットを被って自転車に乗る中学生「ヘル中」がいて、懐かしいなと。私もヘル中だった。あれかわいいし東京もヘル中にすればいいよ。
  • 「ひと駅手前で降りました」って言うけど、徳島でひと駅手前で降りると大変なことになるからね→会場笑
  • おさんぽの唄の間奏で阿波おどりの披露する愛生ちゃん。そして曲のあとのMC中。いま冴えない阿波おどりを披露しましたけど…(笑) 子供の頃は阿波踊りをやっていた。連っていう阿波おどりのグループがあって、小さい時はシャキッとした男踊り、大きくなると、しなっとした女踊りをした。でも全くスフィアに行かされていないというね。スフィアの曲にも阿波おどりの振付があったらいいんだけどな(笑)
  • (アンコール後)この衣装をつくってくれたのはアルバムのスタイリストさんと同じ人。新曲は「walk on Believer♪」で、末尾を♪にするか☆にするか、コンサート前日の真夜中まで悩んでたそうですw

 

平井さんの機材

平井武士さんのギターにつながってる機材(名前わからないけど)に、文字がスクロールで流れているのを見つけた。多分前の方で、かつ舞台に向かって右側ぐらいからしか見えない位置にディスプレイがあった。気になってちゃっかり文字を追いかけていると、こんなことが書いてあった。ちょっと衝撃でした。

+++Takeshi Hirai 3rd album rays of the jet now on sale+++ 

※追記:正しくは 2nd album でした*3。平井さんごめんなさい。あと、実際には文字のスクロールがすべて大文字だったことも追記しておきます。

こんなほとんど誰も見ないところでも流す武士大好きだわwwwwww

 

インタビュー動画も貼っとく!楽器について語る平井さんからは、バドミントンのラケットについて語る俺らと同じものを感じる。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ちなみに曲が終わったときには「Good Tune」と流れていた。

 

終演後

じじさんのご一行の打ち上げに飛び入りで混ぜてもらうため、車で吉野川バイパスを下って徳島市へ移動。懐かしい徳島市立文化センターの前を通過した。市議会で取り壊しが決まってたらしいんだけど、どうやら市長がかわったことで、文化センターの耐震工事を実施して再び使えるようになる機運が高まっているっぽい…!

www.topics.or.jp

 

飲んでるときに「文化センターの存続要望の署名活動あったら徳島まで行くよな!」って言ってたんだけど、すでに去年の時点で、徳島市立文化センターの署名をしている人たちがいたみたい。徳島在住じゃないから税金も払ってない身で言うのもアレだけど、愛生ちゃん勢、スフィア勢としては思い入れのあるところだから、ぜひとも存続してほしいなと思う。

 

ツイートまとめ

AWA RISE

なんか楽屋に阿波おどり専用エナジードリンクがwwww 多分差し入れ。徳島市内にいったら普通に自動販売機で売ってて笑った。ちなみに結構うまいらしいwww

 

 

 

 

おつかれさまでした!

 

 

 

 

つぎは神奈川、ですね。

 

また愛生ちゃんとおさんぽするぞ~(*^^*)

 

 

 

*1:例えば「ほっこり」「リア充」のような幾つかの語の登場回数が明らかに減っている。

*2:http://www.tokiwa-grove.com/entry/2016/03/25/075000

*3:https://twitter.com/kokikokima/status/748046668596125696