クレジットカードこわい

こんにちは。イエローです。

 

クレジットカードって怖いですね。僕は去年新しいクレジットカードを作ったんです。そのカードはデザインも良くて、僕としてはどんどん使いたくなっちゃう。そんないいものでした。いわゆる「痛クレカ」ですね。けいおん!のデザインのニコスのカードでした。

 

ポイントの罠

ポイントモールを経由して買い物するとポイントがたくさんもらえて、ポイントは1年毎にキャッシュバックという形でいくらか自分のもとに戻ってくるんです。「ポイントを貯めるためにたくさん買物をする」という、今考えたら本末転倒なことをしていました。

そのクレジットカードを使って、ClariSやスフィアの「昔からほしいと思っていたけど、お金がなくて諦めてました」みたいなグッズを見境なく購入するようになってしまったんです。おかげで、今自分の家には関連のグッズやCD/BDが充実しています。でも、待っていたのは借金地獄でした。

 

本質的に借金である

これはよく言われることだけど、クレジットカードを使うということは借金をすること(厳密には、負債を抱えるということ)だからね。複式簿記の仕訳で言えば貸方に未払金が膨らんでいくということ。ローンを組んだり、ツケにしてもらったり、お金を誰かに借りたりするのと一緒です。全く健全じゃない。

クレジットカードを使い続けていると、徐々に給料日よりもカードの締め日が気になるようになっていく。今月の請求額っていくらだったっけ、みたいな。そして忘れた頃に数日前の利用分が請求されたりする。こまめな人なら漏れ無く覚えているんだろうけれど、僕なんかは「そのタイミングで請求挙げてくんなよー」って思ったりする。

今月とか僕は本当にやばくて、クレジットカードの請求金額をすべて払い終えて、家賃等を差し引くと、3000円も手元に現金が残らない状況になってしまう。1か月3000円生活() 分割払いとか、そういうのフル活用して、割賦利用可能枠を限界まで使ってこの状況ですからね。つまり来月以降も負債の返済は続くということ。借金地獄です。わりとまじで。

 

デビットカードに移ります

だから僕はデビットカードを使うことにした。クレジットカードほどポイントは付かないけれど、即時払いなので「口座にある以上の金額は使えない」仕組みになっています。本質的に負債を抱えるわけではないので、僕みたいな欲望に忠実な人間にはこちらのほうが向いていると思います。

そもそもカードを持たなきゃいいんじゃないの?って思うかもしれないんですけど、それは違います。だって、ネット決済ってあったほうが絶対いいじゃないですか。例えばAmazonで買物をするとき、あるいは、好きなアーティストのライブチケットの払込をするとき、わざわざ手数料の高い代引きやコンビニ払いをするんですか?それはちょっとスマートじゃないよね。Paypalに紐付けしておけば決済もスムーズで絶対楽ちんです。

 

とりあえずクレカを使うのはやめよう。

 

奇跡も魔法も、あるんだよ(ただし対価は払え)