読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

24歳の誕生日を迎えました♪───O(≧∇≦)O────♪

その他 その他-ブログのこと

f:id:or_chard:20160525003122j:image

今日は、誕生日だああああああああああっっっ!!!

そしてClariSから直筆のサイン入りでお祝いカードが届きました♪───O(≧∇≦)O────♪

やったね!!!ファンクラブ入っててよかったわ!!!

 

…さて、今年で24歳になりました。干支が2周ですか。はやいねえ。。

 ってか今年厄年なのにお祓いも何もしてねえwwww

 

 

さて、今年はどんな1年にしようか。僕が心酔するショーペンハウアーはこう言っています。

広い意味ではこうも言えよう。すなわち一生のはじめの40年間は本文を提供し、これに次ぐ30年間はこの本文に対する注釈を提供する。この注釈が本文の真の意味と脈絡、ならびに本文の含む教訓とすべての細かな味わいとを本当に理解させてくれるのである。

引用元:ショーペンハウアー『幸福について』(橋本文夫訳)348頁、新潮文庫、1958年。  ※文字加工は引用者による。

さあ、どんな「本文を提供」 しようか!

「本文を提供」する40年のうち、60%にさしかかろうとしています。なので、このエントリーでは、この1年でどんな「本文を提供」したいか、ちょっと宣言しておきます。

 

ショーペンハウアーは知性について語る中で「最初の40年が本文、残りの30年で注釈」って言ってるんだけど、まあ知性にかぎらず広く捉えさせてもらおう。おじいちゃん、ごめんね。

 

指導者としてステップアップしたい

公認上級指導員(バドミントン3級)取得

まずは数か月後から、公認上級指導員の養成講習会に参加します!

 

ことによっては東京都まで受講しに行くかもしれない。それでも受けたい。2年間某チームのコーチとして活動する中で、学びたいことが山のように出てきた。だからまず「勉強」したい。

www.tokiwa-grove.com

 

出前コーチ

大阪府の中学校や高校のバドミントン部を対象に、出前コーチをやってみたい。

 

公立の学校の人事異動って、部活動の顧問の事情までは配慮してくれないんだよね。野 球 部 だ け は なぜか配慮されるみたいだけど。

 

だから、「バドミントンの指導ができる顧問の先生がいなくて困っている」という部活はたくさんあります。現に僕の出身中学校は今まさにそんな感じで、顧問の先生がバドミントン経験者ではない。

 

そんな中で、少しでも生徒の役に立とうと、先生が独学でイチからバドミントンを学んで、練習メニューを組んでおられる姿を見ました。そういうチームの子たちに、基本的なことを教える場を設けたい。

 

できればその様子もこのブログに載せられたらなあ、なんて思います。まだアイデア段階だから具体性も全く無いけどね。

 

プレーヤーとしてステップアップしたい

出典を忘れてしまったけど、「プレーヤーは指導者の器の中でしか成長できない」という言葉があります。優秀なプレーヤーを育てようと思ったら、指導者自身も優秀なプレーヤーでなければならない。

 

指導云々を抜きにしても、僕はまだプレーヤーとして上級者と呼べるレベルではない。

 

全国大会に出たい。それは中学の時も高校の時も叶えられなかったこと。しかも、僕の身近でバドミントンをやっていた人の何人かが高校のときに叶えてしまったこと。

 

だから、負けたくない。

 

ブロガレ卒業

現在、月額980円のブログサロン「Blog Garage」に参加しています。そこには「一定レベルのPV数、および、ブログ収益」が達成できれば「卒業」となります。

 

現状、この1年で達成するのは厳しそうな気がするけど、ブログ始めてから3か月間(5月いっぱい)は、とにかく何も気にせず記事を書こうと思う。話はそれからだ。

 

ブロガレ卒業要件を満たせるレベルになれば、本腰入れてバドミントンに取り組めると思う。貯金しっかり作って、収益生み出す構造作って、バドミントンで生きていきたい。

www.tokiwa-grove.com

 

「はたらく」ということへの関わり方を変えたい

いまは会社員やってます。仮面社畜。僕のTwitterのプロフィールページに固定されてるツイートをここに貼ってみる。

 

人生、最善なのは、不労所得でぬくぬく暮らすこと。考えてみてほしいんだけど、一生金に困る心配がないなら、絶対に働かないよね。自分のやりたいことに精を出すでしょ。

 

僕はいろんなことに思索を巡らせ、探求に時間を使いたかった。その意味で、学問に対する未練というのは少なからずある。愛するショーペンハウアーがまさにその境遇にあった。羨ましい限りだ。

本格的に哲学するためには、精神が本当の閑暇をもっていなくてはならない。精神が何かの目的を追求して、そのために意志に誘惑されるというようなことがなく、直観的世界と彼自身の意識とが彼に授けてくれる教示を余念なく受け入れるのでなくてはならない。

引用元:ショーペンハウエル『知性について』(細谷貞雄訳)11-12頁、岩波文庫、1961年。 ※文字加工は引用者による。

残念ながら僕は高貴な家柄の生まれではないので、働いて生活の糧を捻出しなければならない。つまり、最善策「不労所得」は諦めるしかない。ああ…僕は有閑階級に生まれたかった。

 

働くしかないとなると、「週休2日で残業少なくて転勤なさそうなところ」ってだけの理由で今の会社を選んだ。大学のときの僕は「週2日の休みと平日の夜に自分の時間が保証されてれば十分勝ち組っしょwww」ぐらいのテンションだった。でもそれは間違ってた。

 

やっぱり残りの週5日を「ただ金を生むためだけに興味のないことに費やす」ってのはちょっとしんどい。というか時間を捨ててるだけにしか思えない。

 

まして職場の上司がちょっとタイプ的に合わない人ってのもある。だから早く会社やめれるようにする。

 

さて、僕がバドミントンやってるときって「働いてる」って感じしない。だから多分これが天職。このブログもそうだけど「働いてる」って感じがしないもので生きていけたら、それは不労所得にかなり近づくのでは、と思うわけです。

 

 

私は大衆に埋没しない。絶対にだ。

 

 

誕生日とブログ

豊崎愛生さん

さて、僕が「誕生日にブログ」と聞いてまっさきに思い浮かべるのは豊崎愛生さん。 

たくさんのかたに
おめでとう、って言ってもらいましたが
お誕生日は祝われるというよりも
まわりのみんなに、わたし自身がありがとうってお礼を言う日なんだと思っています。

 

まずは今年も
おとうさん、おかあさん
わたしを産んでくれてどうもありがとう。
*1

ameblo.jp

 

愛生ちゃんは親に対する感謝を真っ先に、そして毎年、口にしている。僕も見ならいたい。

 

お父さんとお母さんのおかげで、いまそれなりに楽しくやれています。

 

生まれてきてよかったと思う。ありがとう。

出会ってくれてありがとう。

そして、僕にバドミントンを与えてくれてありがとう。

 

 

…あと、なんか知らんけど有名ブロガーさんの誕生日が近い!

だからどうというわけでもないけどな!!()

 

ヒトデさん

ヒトデさん(5月30日)は、なんと自分で誕生日会をプロデュースしたそうです。

読んでたらめっちゃおもしろそうwwww 来年行くンゴwwwwww(何

www.hitode-festival.com

 

イケダハヤトさん

イケダハヤトさん(5月24日)とはなんと1日違いでした。運命感じちゃう(殴

www.ikedahayato.com

 

 

終わりに…

誕生日メッセージとプレゼントは随時募集しています!(?)

あと、今日は我らが将軍の誕生日でもあるね。おめでとう!いい1年になりますように♪