読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

【知ってる?】バドミントンの世界大会(国別対抗戦)が行われています!

羽根(バドミントン)

こんにちは。イエローです。まさにいま、バドミントンの国別対抗戦(団体戦)が行われています。ご存知でしょうか!?

 

 

トマス杯・ユーバー杯

2年に1回(偶数年)に行われる国別対抗戦です。男子がトマス杯、女子がユーバー杯。

 

ダブルス2つとシングルス3つで勝敗を決める団体戦。原則としては以下のとおりに試合が進み、先に3本取ったほうが勝ちとなる。

 

第1シングルス→第1ダブルス→第2シングルス→第2ダブルス→第3シングルス

 

また、BWFの世界ランキングが上の方から順番に出場しなければならないので、その国の1番手同士、2番手同士、3番手同士がかならず当たるようになっている。

 

したがって、オーダーを弄る余地があまりなく*1、単純に国としての層の厚さが問われる大会になっている。

 

ちなみに奇数年に行われる国別対抗戦(スディルマンカップ)は、男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス、の5本勝負。

 

前回の大会は…

2014年に開催されたトマス杯(男子)では、日本が初優勝を飾りました!!!

 

男子の団体競技で世界一になったオリンピック種目って、バドミントンぐらいのもの。体操ですらここ数年優勝出来ていない。サッカーだってベスト8とかで大騒ぎ。そう考えるとすごいことだと思いませんか!?

 

準決勝では、事前予想ではおそらく多くの人が優勝候補に挙げていたであろう中国を、なんと3-0のストレート破り、決勝進出。田児賢一さん、桃田賢斗くんが大金星を揚げました。それはそれは大盛り上がりでしたよ(。>﹏<。)

 

逆に日本男子チームにとっては、男子サッカーに例えるなら準決勝でブラジルに勝った上に、その後の決勝でも勝ち、初の世界一になったのだから信じられないのは無理がない。

 

引用元:「第28回トマス杯で、日本が中国に勝てたのはなぜか?:中国の記事から =第265号」

http://katachann.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-a863.html

 

そして決勝のマレーシア戦は、日本時間で夜中の2時か3時頃まで続く熱戦でした。2-2で勝負は第3シングルス。上田拓馬さんが1時間半にもおよぶ大接戦を制して、優勝を決めた瞬間は今でも忘れられません。

 

ameblo.jp

 

また、同じ時期に開催されたユーバー杯(女子)では、決勝で中国に敗れはしたものの、世界の強豪をことごとく退け、準優勝という好成績をおさめました。女子シングルスの奥原希望さん、山口茜さんや、ダブルスの高橋礼華さん、松友美佐紀さんなど、当時のメンバーが今回も出場します。

 

高橋さん/松友さんのダブルスは世界ランキング1位です。シングルスのエース奥原希望さんは、ここ一番の試合で負けません*2。選手層も厚く、3番手争いでヘッドコーチも頭を悩ませているそうです。

 

前回のトマス杯/ユーバー杯については、BWFの公式動画があるので、興味のある人はそちらをご覧ください(o・ω・o)

 

www.youtube.com

 

また、2015年に開催された国別対抗戦(スディルマンカップ)では、準優勝という結果を残しました。

 

準決勝で2-2の場面から、長年日本の課題とされてきたミックスダブルスで、数野さん/栗原さんペアが世界ランク上位選手に勝利し決勝進出を果たしました。この結末を予想した人も少なかったはずです。

 

数野さんと栗原さんのペアは、このスディルマンカップで花開き、その後全日本総合選手権でも優勝を果たし、世界ランキングも着実に上昇させていきました。そしてオリンピック出場が決まっています。

 

www.youtube.com

 

つまり、ここ2年で日本が世界大会の団体戦で残した成績は以下のとおりです。

 

  • 男子が世界で優勝
  • 女子が世界で準優勝
  • 男女混合が世界で準優勝

 

 

…え、すごくね?

 

日本のバドミントンがアツいんです!意外と知らなかったでしょ?

 

今回は…

実はすでに始まっています!男子はグループリーグを2位通過、女子は1位通過でした。

 

トマス杯(男子)

桃田賢斗くんと西本拳太くんという、日本のシングルスの1番手と2番手が賭博問題でナショナルチームから外れており、厳しい戦いになりそうです。

 

ですが、長年日本のシングルスを牽引してきた佐々木翔さんや、前回の殊勲である上田拓馬さんのような実力者も控えています。また、ダブルスも世界ランキング上位選手を揃えています。

 

  

どんな戦いになるのか楽しみですね!日本は、決勝トーナメントの1回戦でデンマークとぶつかります。

 

ユーバー杯(女子)

ズバリ、優勝候補です!中国がおそらく最大のライバルになるかと思います。日本は世界一のダブルスを擁するので、シングルスを2本取ればかなり勝利に近づきます。

 

女子も、決勝トーナメントの1回戦でデンマークとぶつかります。

 

ameblo.jp

 

 

 

視聴したい人へ

バドミントンは試合時間が長いので、あんまり視聴向けじゃないかもしれない。でも見応えはあるから是非みてほしいんです。興味のある人はBWF公式の配信を確認するか、Jスポーツで視聴しましょう。

 

僕はJスポーツオンデマンドに加入しているので、余裕で見れます(*´艸`*)

 

バドミントンパック」というのがあって、25歳以下はこれがなんと月額500円。該当しない人も1000円で見放題です。

 

また、「バドミントンパック」ではなく「総合パック」に加入しておけば、Jスポーツオンデマンドで配信されているすべての種目を視聴可能です(もちろんバドミントンもOK)。

 

 

 

ともあれ、日本チームの健闘を祈ります!!!!

 

 

 

 

*1:A国の1番手とB国の3番手があたる…ということが起きないようになっている。

*2:スーパーシリーズファイナル(世界ランキング上位8選手のみが出場できる大会)や、歴史もあり最難関と言われている全英選手権(参加制限の関係から、オリンピックや世界選手権よりもレベルが高いと言われている)で優勝しています。