読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【懲役40年】1年働いたけど、会社ってこんなところだった

就活生の皆さん、そしてこの春から働き始める皆さん、こんにちは。

 

懲役40年の1年目を終えt…一足先に会社勤めを1年間経験したので、「会社ってこんなとこだったよー」ってのを書いていきます。少しでも参考になれば。。。

 

少なくとも、自分は一生会社勤めで終わることはないなと確信しました。

本質的に集団生活である

ここは重要。考えてみてほしいんだけど、小学生の頃から私たちは集団生活を強いられてきたわけですよ。その総決算がここ。

 

付き合いたくない人とも付き合わなくてはいけない

はい、いきなりクソみたいなのがきましたー。

 

会社に務めていると、上司、他部署、取引先、役所など、様々なところからの要求に応えていかなくてはならない。 

  • どうしようもなく頭の悪い人
  • 精神的に低劣極まりない人(権力関係を卑劣にも利用する人、ハラスメント)
  • 無理な要求を突きつけてくる人
  • 自分とは相容れないものの考え方をする人(しかもそれを押し付ける人)
  • なんかやたら怒鳴り散らす人
  • 威圧的な人

 

これが個人での付き合いならば「もうこの人とは関わらないようにしよう」ということもできる。

 

でももし上に列挙したような人が直属の上司だったら?会社にとって大切な取引先の窓口担当だったら?そんな人間とも関係を持ち続けなければならない。

 

で、だいたい自己啓発(笑)の本には「そんなときは自分を変えよう!」みたいなことが書かれてるんですよねー。

 

いやいや、どうあがいたって私は私でしかないですしー。え?バカなの?死ぬの?

 

20年以上かけて形成された価値観とか考え方とかがそう簡単に変わるわけねーだろwwwww

 

変わらなくていいです。でも関係を持ち続けなければなりません。

 

「直属の上長」のような、誰か特定の人との関係がギクシャクして憂鬱であれば、病院に行ってみましょう。

www.tokiwa-grove.com

 

他人の行動が自分にも影響する

自分のペースで物事が進められなくなる。たとえ自分がしっかりやっていても、誰かが手を抜いたせいで自分にまでシワ寄せがくることだってある。

 

よくある月給制の会社ならば、シワ寄せを処理したところで翌月の給料が上がるわけではない。正直者がバカを見る世界です。まじめな人ほど損をする。裁量の大きい営業さんとかなら話は別かもしれないけどね。

 

あとは、上司の気まぐれで、指示されて取り組んでいた仕事が一からやり直しになったりもする。これは本当にクソ。朝言ってたことが夕方には変わってる。まさに朝令暮改。正直「ふざけんなよ!」と言いたくなることもある。

 

これらはすべて集団生活だからおこること。他者と関わりを持つから起こること。集団生活での弊害(めんどくさいこと)は高校生までの間にたくさん経験があるかと思います。おっさんどもがよく言うように「学生と社会人は違う」のではなく、むしろ学生の延長線上に社会人がある。

 

組織の都合によって自分の生活が規定される

収入のほとんど(あるいは全て)を所属している会社に頼らなければならない。つまり会社勤めをやめた瞬間に収入がなくなってしまう。

 

それを逆手に取って会社は労働者を縛り付けている。例えば副業禁止とかいう前時代的なことをやってる会社が多いこと1つ見てもそれが言える。クビや減給などをチラつかされると労働者は強気になれない。

 

つまり、労働者は構造的に弱者なわけです。会社の言いなり。そうして会社が自分の生活の大部分を占めるようになってしまう。自分の行動を自分で決められなくなってしまう。具体的にはこういうことが起こりえます。

 

  • せっかくマイホームを買ってもすぐ転勤になるかもしれない。そうなったら残るのは無意味なローンだけ。

  • せっかく土日に楽しみなライブがあってチケットをとっていても、急に出勤を命じられるかもしれない。
  • せっかくプライベートを充実させたいと思っていても、残業でそれどころじゃなくなるかもしれない。資格取得を命じられてプライベートの時間が取れないかもしれない。
  • せっかくゆっくり寝たくても、出勤日には早起きしなければならない。は?ふざけんな。睡眠時間よこせよ。

 

モチベーションの高い人がほとんどいない

会社に入ると先輩社員や上司がすごく真面目に責任感を持って仕事をしているように見えるかもしれない。でもそれは気のせい。そう見えるのは最初だけ。

 

実際には、自分と関わりのある人の要求に応えつつも、「うわ、めんどくさ…」って思いながら作業やってる。「組織に貢献したい!」って思ってる人なんて数%のものでしょう。

 

組織に貢献したいって本気で思ってる人ってだいぶ気持ち悪いっすねー。「愛社精神」とか言ってる人見てるだけで動悸息切れ吐き気が…。

 

「結果を出したい!」と思ってる人ならそこそこな数いてそうな気はするけどね。

 

まとめ

 

一人の時間が何よりも尊い。

 

でも会社勤めをやってるとほとんどの時間が集団生活になる。そして他者との関わりも自分でコントロールできない。

 

はい、だから言いたいことはここでも同じです。

 

 

 

ソロ充しようぜ!

 

 

 

 

この場合、さっさと会社勤めやめようぜ!ってことです。

 

脱獄計画はすでに始めています。

 

 

 

 

ノシ