読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

イオンJCBデビットカードが2016年春からはじまります!

その他 その他-実録!一人暮らし

どうも、イエローでっす。

 

以前書いたように、クレジットカードを使いすぎて本当に見を滅ぼしかねないと思ったので、利用範囲を大きく限定することにしました。

or-chard.hatenablog.com

 

とはいえ、ネットショッピングで「ポチる」ときに、PayPalをはじめとするカードでの決済手段を持っておいたほうが絶対便利だし…。そこで目をつけたのがデビットカード。

 

 

 

デビットカードとは?

銀行の口座からその場で支払いが行われる(即時払い)。
口座の残高の範囲内でのみ買い物が可能となり、使いすぎる心配がない。
 
たいていの場合VISAやJCBのクレカと同じように使えるとのこと。たいていのデビットカードはPayPalにも対応してくれている模様。
 
で、現在イオンデビットカードを作ろうかなって思ってるところです。いま出てるのはVISAデビットのみだけど、2016年の春からはJCBデビットが導入されることが発表されてる。
 
 

で、なんでイオンのデビットカードなの?

近くにイオンがあるから。

なんや言うてこれがでかい。お客様感謝デー時なら5%オフとなる。デビットカード比較サイト等では単純な還元率ばかりに目が向けられているけれど、この点を見落としてはいけない。5%の前では0.2%だろうが0.5%だろうが大差ないってこと。
 

カード枚数を減らせるから

キャッシュカードと電子マネー(WAON)とカード決済が1枚にまとめられる。これが結構便利。
イオン銀行のキャッシュカードとして
みずほ銀行や、三菱東京UFJ銀行などでは、平日8:45-18:00の間、手数料無しでATMが使えるようになっている*1
。最近、ゆうちょ銀行でも手数料無しで引き出せるようになった。
 
電子マネー(WAON)として
ちょっとしょっぱい。イオンの系列店以外だと使えるところは割と限られてる。少なくとも楽天EdyやiDほどではない。ただ、ファミリーマートやローソン、マクドナルドなど一部有名ドコロでも使えるようにはなってきている感じ。
 
デビットカードとして
ガスや電気などは給与振込口座から落ちるようにしておいて、生活費と趣味に使うお金を1つの口座銀行にまとめる。そしてその口座にデビットカードを紐付けする。という運用方法はありかなと思う。
 

イオンのVISAデビットではあかんの?

ええんやけど、JCBデビットだとディズニーデザインが導入される可能性も高い。実際、今自分はそのクレジットカードを持ってる。券面がものすごくオシャレだからオススメなんです。
 
 

デメリットはないの?

・会員サイトのイオンスクエアが よくない
実はイオンカード(クレジットカード)を持っていて、実際に半年ほど使ってたんだけど、ワンタイムパスワードが都度要求される(しかもメールでいちいち送られてくる)から鬱陶しい。全くスマートじゃない。
 
・使える電子マネーがWAONである
すでに書いたとおり、WAONの利用可能範囲が限られているのがネック。
まあ、そもそもデビットカード使うなら電子マネーが不要とも考えることができる。
 
・「バックアップサービス」の存在

気になっているのはむしろこっち。「口座残高の範囲内だから使いすぎの心配がない!」が売り文句だったはずなのに、結局「立替サービス」とか言うクレジットカードと大差ない機能がついている。これがいまいちイオンデビットカードを作る気にならない点なんですよねー。

 

この機能をオフに出来たり、あるいはそもそもついていなかったりすると、イオンデビットカード(JCB)を作ろうかなって思うんだけど。。。

 

 いまのところ二の足を踏んでる状況ですね。続報に期待。