豊崎愛生さん3rdアルバム『all time Lovin'』 感想書きます。

 f:id:or_chard:20160327214902j:plain

 

豊崎愛生さんの3rdアルバム『all time Lovin'』発売されましたね!!

 

以下、アルバムに関する自分の感想です。豊崎愛生さんご本人もこのアルバムについて多くを語っています。お前の感想なんかどうでもいいんだよ!という場合は、以下の記事がおすすめです。

or-chard.hatenablog.com

 

あるいは、ローチケHMVでもロングインタビューをやってくれてるので、そっちを読むというのもいいと思います。 

 

「エピソード」を含めたアルバム

リリース日まで

2ndアルバムのときもそうだったけど、「豊崎愛生さんのおかえりらじお」で毎週新曲が1つずつ解禁されていって、その度に愛生ちゃんのその曲に対するエピソードや思いを語ってくれて。

 

発売までカウントダウンされていく感じがとってもワクワクする。僕にとってはその過程もアルバムの一部を形づくる大切な一要素になってる。

 

リリース日以降

そして発売日をむかえると
この宝箱はあなたのものでもあります。

これからは思いのまま
あなたのいろんな気持ちを
このアルバムに一緒につめこんでいってください。

(豊崎愛生さんオフィシャルブログより)

ameblo.jp

このアルバムを聞く人のものにもなる。愛生ちゃんはいつも言っている。

これからコンサートツアーで聞いたり、日々の生活に寄り添ってくれる曲になったり。

これからどんな思いをつめこめるだろうか。ワクワクしますね!

 

収録曲いくつか 

クローバー

スフィアフェスで初めて聞いた曲。自分は不器用でどうしようもないなと愛生ちゃんは思っているらしくて、そんな自分に向けた、これまでとこれからの曲。

 

シロツメクサやポートレイトやCHEEKYのような、ちょっと自分をさらけ出すような曲って、歌うのに勇気がいることじゃないかと思うんだけど、愛生ちゃんはそれすらも魅力に変えてしまっているのがすごい。

ameblo.jp

 

タワーライト

この曲がかなり好きです。タワーライトは、愛生ちゃんにとって思い入れの深い東京タワーをとりあげた曲。夜に聴きたい曲。遠征の帰り道、一人で新幹線で東京を発つときに流れていてほしいなあ。

 

僕はZazというフランスのシャンソン歌手が好きです。ジャズっぽい曲で「聞かせる」歌が多め。彼女はパリを取りあげました。すごくそれに重なるなあって思います。愛生ちゃんは東京を歌うのですね。素敵です。

ameblo.jp

 

トマト

収録してくれたのめっちゃ嬉しかった!個人的には豊崎愛生さんの曲で3本の指に入るレベルで好き!プロポーズの曲。頭を抱えるタイプの曲です。アルバムに収録されたことだし、これもまたいっぱい聞くぞー!

愛生ちゃんが「ずっとあたためてきた曲」は名曲ばっかりの法則(

これまで”ぼく”という一人称の曲が多かった中、明確に”わたし”という目線をあえて使ったのも、こうゆうテーマの曲で、今まで以上にせまい世界を意識して歌ってみたかったから。

(豊崎愛生さんオフィシャルブログより)

ameblo.jp

 

 

視覚的にも楽しめる

宝箱のようなアルバム!それは収録されている曲もそうだし、なんといってもジャケット、CDやDVDのディスク面、歌詞カード、のような視覚的な面でも宝箱のような世界になってる。

 

f:id:or_chard:20160327221751j:plain

個人的には通常版の裏面にあるこの愛生ちゃんがめっちゃいいです。。

よさしかない…!!!

どことなく『オリオンとスパンコール』のような世界を思い起こさせるような、ちょっとファンタジックな世界観。そんなアルバムの1曲目が『銀河ステーション』だというのが、またいいよね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

個人的にはスフィアの『Hazy』の愛生ちゃんがとっても好きなので、今回のような髪型と衣装はとっても好きでした!!!

 

いまいちどサムネ画像を御覧ください。タワーレコードの特典の愛生ちゃん、めっちゃよくないっすか…。

 

うまくいえないけど、「ちょっと着飾った豊崎愛生さん」の魅力を再認識しました♪───O(≧∇≦)O────♪

 

関係者の発言

「自分の声を疑って、歌えないようなまっすぐな歌が描ける」と安藤裕子さんは発言しているけど、おもしろいことに愛生ちゃん自身が自分の歌に自信を持ててない時期もあったりしたみたい。最近のおからじでは『叶えたまえ』の初披露のあたりで吹っ切れて、それ以降自分の歌い方が変わった、みたいな話をしていた*1

 

恋するラブレターめっっっっっっっっっっっちゃよかった!!!!!!愛生ちゃん新境地だわ完全に(*´艸`*) 最高のコラボをありがとうございました。おからじでは「娘が「ロックンロールロックンロールびゅびゅんびゅーん!」と口ずさむと息子が「ヘイ!」と合いの手を入れる」みたいなほっこりエピソードのメールも読まれてましたね(≧∇≦)

 

 

aokadoの角野寿和さんは、ClariSでもいくつか曲提供をしてくれている人で、自分としては馴染みのある人だった。「サヨナラは言わない」「ハルラ」「Drawing」など。だから愛生ちゃんにも曲提供をやってくれて個人的にはすごく嬉しかったり!

 

おわりに

音楽好きとして知られる豊崎愛生さん。「豊崎愛生のおかえりらじお」で流れる曲を聴いていても、選曲が本当にいいんですよね…!そんな愛生ちゃんが本当にいろんなアーティストとコラボして、新しい挑戦をしたり、愛生ちゃんがやりたかったことを1つずつ形にしていったり。

 

そういうのを一緒に追いかけていけるのがとっても嬉しいですね。ツアーも始まるけど、ちょっとファンタジックな世界、キラキラした世界になるかも!?

 

おからじで「収録されている曲順は1つの提案です」と言っていた。じゃあ愛生ちゃんはどんなことを考えてこの曲順にしたんだろうと考えるのが密かな楽しみです。

 

実は自分で「豊崎愛生プレイリスト」を作っていたときに、意識しないうちに2ndアルバムの一部分にかなり近い並びと曲の選択になったことがあって、そのときに「愛生ちゃんと考えていることが同じだ!」と嬉しくなりました。

 

アルバムに限らずライブでの選曲にも意味をすごくもたせている愛生ちゃんだからこそ、曲順にどんな思いを込めたのか、いつかこの3rdアルバムでもシンクロしたいです。