読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカード使いすぎで身を滅ぼすオタクがいるらしい

f:id:or_chard:20160326143124j:plain

 

私のことです()

 

世の中、いろんな魅力的なものがあふれています。そして、ついつい「これいいな!ほしい!」と思ったグッズとかを買っちゃう。ついついイベントに行きたくなっちゃう。そうして東京行きの新幹線のチケットを購入した回数は数知れず…。

 

去年の7月に戸松遥さんのツアーが行われたときには、物販だけで30000円ほど買ってしまいました。おかげで我が家にはグッズが充実しています(

 

最近だと、ポケモンセンターキョウトに行った時にも使いすぎた。

www.tokiwa-grove.com

 

予算が4000円の予定だったのに、気づいたら33000円も使っていました。

 

え、なにそれ、こわい話ですか…(。ŏ﹏ŏ)?(自業自得

 

 

現金がなくても「まあいいや」

お財布に5000円入っていて、8000円のものがほしいとき、普通なら「あー買えないなあ」となるはずです。買うのを諦めるはず。

 

でもクレジットカードがあると「いや、カード使えば買える…!」という選択肢が頭をかすめる。葛藤が必ず生まれてしまう。そしてたいていの場合買ってしまう。

ぼく「現金が足りない、ほしいのに買えない」

ぼく「いや、カードを使えば買える…!」

ぼく「(しかしちょっと金額がでかすぎるな)…まあいいや」ポチー

 

クレカは本質的に負債(借金)である

複式簿記的に言えば「未払金」だけが貸方に膨らみ続ける状態。負債額が大きくなっていって、借金しているのと変わらないことになる。本当にやばいです。

 

3月は支払額が30万円を超えました。

 

手取りの2か月分ぐらい。やばすぎ。

 

ケース1:買いすぎる

ぼく「カード使えば買えるンゴwwww」

ぼく「(しかしここで買いすぎると来月がしんどいのでは…?)」

ぼく「…来月節約したらええやん(゚∀。)アヒャヒャヒャ

 

なお、来月も節約しない模様

 

ケース2:支払額が膨らむ

ぼく「カード使えば買えるンゴwwww

ぼく「(しかし先月も買いすぎたし、クレカの支払額が増える一方なのでは…?)」

ぼく「…せや、来月こそ節約したらええやん(゚∀。)アヒャヒャヒャ

 

 

なお、来月も(ry

 

これをやりすぎると、給料がほとんどクレカ払いに消えていくことになる。給料日直後なのに現金がほとんどない状態。そして現金がないから結局またクレカを使って…という悪循環に陥る。こうなると完全に沼です。

 

ケース3:分割払いに手を染める

ぼく「カード使えば買えるンゴwwww

ぼく「(しかし今月はクレカの支払額をこれ以上減らしたいな…せや!)」

ぼく「3回払いでお願いします(゚∀。) 来月こそ節約すればええんやろ!

 

 

なお、

 

たぶん僕は分割手数料で年間1-2万円以上ぐらい払っていたはず。その金があればあと1本ラケット買えたのになあ(自業自得

 

キャッシングとかリボ払いとかには手を染めていないけれど、3回払いまでは平然とやっていた。しかも貯金もほぼゼロ。ボーナスもクレカ払いに消えていく悲しい世界。正直、全く健全じゃない。

 

そもそも、なぜクレカを使うかというと「来月も収入があるだろう」という前提に立脚しているからに他ならない。

 

しかしそれは構造的に会社からの固定給に依存していることであり、したがって会社に隷属することである。今すぐ会社辞めてやる!と思っても「あ、でもクレカの支払い滞るし…」となってしまえば身動きが取れないでしょ。自ら進んで社畜に堕することはもうやめような。

 

貯金をしてモノを買おう

というわけで、4月からクレジットカードの用途を限定することにした。

  • 毎月一定額発生するもの
  • 支払が止まるとやばいようなもの

携帯電話とか、ネットの回線とか、ガスとか、電気とか、そういうのだけ。口座引き落としにしないのは支払日を1つにまとめたいから。

 

さて、あなたが子供のころを思い出してみましょう。

 

「ほしいものがあったら、貯金をして買いなさい」

 

こう教え込まれていたはずです。僕たちは、貯金もないのに、いつから負債を抱えてまでほしいものを買うようになってしまったんだろう?

 

「ほしいものを貯金して買う」という初心に戻ることが、クレカ依存の生活を脱却するための第一歩。

 

オタクが日本経済を回している!と息まくのは結構ですが、それで身を滅ぼしてしまってはどうしようもありません。ちょっと落ち着いてみましょう(自戒

 

デビットカードもオススメ

僕のようにお金の管理ができないような人、現金の不足をクレジットカードでごまかしてでも好きなものを買ってしまうような人には、デビットカードがとってもおすすめ((

 

ジャパンネット銀行、住信SBI銀行あたりなら、キャッシュカードとデビットカードが一体型になったカードがついているので、そこに予算を全額ぶっこんでおいて、その予算内のみで使い切れるようにしておくのがベストだと思います。