読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンと羽根と、ペンライト

バドミントン歴10年のイエローが、バドミントンに関する様々な情報を中心に発信するブログです。コーチの依頼も受け付けています。

【バドミントン】全英オープンで日本が快挙を成し遂げた!!!

羽根(バドミントン)

日本のバドミントン界にまた嬉しいニュースが(^^♪

 

スーパーシリーズプレミア 全英選手権で、日本勢が5種目中3種目に決勝進出!

そして2種目で優勝を成し遂げました!!!

 

これ、めっちゃすごいことです!!!!!!!!

 

 

そもそも全英選手権って?

スーパーシリーズプレミアという、国際大会の中でも最上位カテゴリの大会です。そのスーパーシリーズプレミアの中でも、最も歴史ある大会であり、選手たちの思い入れも強い大会なのだといいます。

 

例えば、奥原希望選手は、優勝後のインタビューで以下のように述べています。

この歴史ある全英の、この雰囲気ある会場で、こうやって優勝できることは本当にすごく嬉しいですし、自信になります。

 

また、ロンドンオリンピック女子ダブルス銀メダリストの藤井瑞希さんも、やはり全英選手権について以下のように述べています。

 

ただ歴史と伝統あるだけではなく、実際に大会のレベル自体も高い。以下、ナショナルチームの舛田圭太コーチのブログより引用*1

正直、世界ランキング上位のほぼすべてが出場する全英オープンは各国出場制限があるオリンピックや世界選手権よりもレベルが高いと言ってもおかしくないと思います。その舞台で活躍した日本選手は素晴らしいと思います。

 

今年の全英選手権はオリンピックレースの終盤に位置するため、どの選手も結果を狙いにきている大会だったはず。オリンピック前哨戦と言ってもいい。そんな中で5種目中3種目でこのような結果が出たのは本当に驚くべきこと。ゆーたらウインブルドンみたいなもんだよ、バドミントンの全英選手権って。

 

近年、世界の強豪に数えられるようになった日本チーム

いま、日本が世界の中でも地位を上げてきています。日本はもともとあまり世界のトップに立てていなかった。特に女子はダブルスもシングルスも中国勢が圧倒的。そんな時代がずーっと続いていた。

 

しかし、日本はここ10年で確実に世界と戦う力をつけてきています。

 

牽引してきた女子ダブルス

小椋久美子さん/潮田玲子さん

北京オリンピックベスト8、世界選手権3位、全日本総合5連覇など。この人たちの頃から日本のバドミントンが徐々に世界で通用するようになってきた。「オグシオ」の愛称でも親しまれ、ご存じの方も多いのでは。

 

末綱聡子さん/前田美順さん

北京オリンピックベスト4、世界選手権3位など。北京オリンピックでは中国ペアに対して大金星をあげたのが印象的でした。

 

藤井瑞希さん/垣岩令佳さん

ロンドンオリンピック銀メダルなど。バドミントンがオリンピック競技になって以来、日本勢初のメダル獲得でした。 

 

いまはそれだけではない!

上述の女子ダブルスのみならず、男子シングルスでも、男子ダブルスでも、女子シングルスでも、世界の頂点にとても近い位置にいる。

 

2014年のトマス杯(男子の国別対抗戦)では史上初の優勝を飾り、同年のユーバー杯(女子の国別対抗戦)でも準優勝でした。2015年のスディルマン杯(男女合わせた国別対抗戦)でも準優勝

 

同年のスーパーシリーズファイナル(テニスで言えば錦織圭選手が出場した、世界の上位8人のみが出場できる大会)には男子シングルス1名/ダブルス1組と、女子シングルス1名/ダブルス2組が出場しています。

 

しかも、男子シングルスと女子シングルスは、なんと優勝したのでした!!!!

 

 

テニスでは錦織圭選手が1人出場して大盛り上がりだったけど、実はバドミントンは1人出場したってレベルじゃないんだぜ!という話。4種目で5つ出場して、そのうち3つは決勝進出。いまや日本はナショナルチームのレベルで世界の強豪に数えられるに至りました。

 

特に「ダブルスの神様」と言われた朴さんがナショナルチームのヘッドコーチに就任してから、日本のバドミントンは一気にレベルが上った(それがちょうど10年ほど前のこと)。

 

sportiva.shueisha.co.jp

 

今回の結果

 

女子ダブルス:高橋礼華選手/松友美佐紀選手 優勝

強豪・中国勢を3つも倒して堂々の勝利でした!!

 

僕が高校2年生の時に大阪でインターハイがあったんだけど、そのときに松友美佐紀さんを初めてみました。あの人がいまや世界の頂点に立っているなんて、本当にすごいことだなあと。

 

常に後ろに入って、ひたすら打ち続ける高橋さんも本当にタフで、かっこいい!見習いたいです。。 

 

 

www.youtube.com

 

 

女子シングルス:奥原希望選手 優勝

ワン・シーシャン選手との1時間半にも及ぶ激闘の末、感動の勝利でした!!そしてお誕生日おめでとうございます!

 

ベッドの中でタブレット画面に向かい、夜中にもかかわらず熱く応援していました。ファイナルゲーム、途中まで主導権を握られ続け、リードされ続けても粘り強くプレーをする姿に心打たれました。僕の憧れのプレーヤーです。

 

 

 

www.youtube.com

 

男子ダブルス:遠藤大由選手/早川賢一選手 準優勝

ごめんなさい、さすがに夜中の3時前だったので寝ていました。。 過去の対戦成績が五分と五分だと聞いていたので、これはもしかするとと思ったけれど、惜しかったです。。

とはいえ、今年30歳になるこの歳になっても、未だに世界の一流プレーヤーとして君臨し続けるのが信じられないようなこと。ラスト五輪になるだろうけど、リオでの結果も出てほしいなと思います。

 

以下、ナショナルチームの舛田圭太コーチのブログより引用。

 

決勝で敗れた男子ダブルス早川・遠藤ペアも最後まで戦ってくれました。
3度目の決勝の舞台でも残念ながら敗れて準優勝でしたが、2013年準優勝、2014年準優勝、2015年3位、2016年準優勝と4年間上位に入り続ける事はこの全英では本当に難しい事ですし、素晴らしい結果だと思います。

 

ameblo.jp

 

これだけ世界で活躍する選手がたくさんいると「東京オリンピックが楽しみだね」って言われると思うんだけど、むしろ今年のリオデジャネイロオリンピックからすでに楽しみです!!!!

 

奥原希望さんは、決勝戦当日がお誕生日でもありました。最高のプレゼントを自ら勝ち取りましたね…!

 

おまけ

 

リン・ダン選手、4年ぶり6回目の優勝!!!初めての優勝は12年前だそうですΣ(゚Д゚)

 

10年前、バドミントンを始めた頃の僕は「この人が世界最強プレーヤーだよ」と教えられました。まさか、いまでも同じ人を「世界最強プレーヤー」として挙げることになろうとは…!!!

 

マジでレジェンドすぎる、、、

 

 

流行りのネタという文字列を見ると、「くぅ~疲れましたw」を思い出すな?(思い出さない

 

 佐藤コーチ何やってんすかwwwwww いいぞ、もっとやれ