【格安simレビュー】IIJmioを1年半使ったし感想書く!めっちゃ便利。

アローラ!イエロー(@inahime_poke)です。

ぼくはいま会社を休職中なので、生活にかかる固定費の削減は急務です。そんな中で早くから取り組んでいたのが「格安simを使う」ってこと。

さて、「格安sim」で有名なIIJmio(みおふぉん)を1年半使っているので、使用感を書いていきますね!回線もほぼ不満なく使えて、通信費めっちゃ安くて満足度はかなり高め。

ところで「みお」といえば美魚ですか?澪ですか?…あ、はい。さっさと本題に移ります。

はじめに

「そもそも格安simってなに?」って人のための入門記事的なものを書いておいたので、よくわからない人はそこからどうぞ~。

それから「IIJmio以外の格安simとも比較したいんだけどー」という人のための記事は別で用意しています。

で、「とにかくIIJmioの評判とか感想が知りたいの!」って人にはこの記事を読んでもらえればと思います。。

前提知識

音声通話つきのsim「みおふぉん」を提供しているIIJmioの読み方は「あいあいじぇいみお」です。IIJは「インターネットイニシアティブ」の略。インターネット業界を引っ張ろうという気概が社名にこもっててかっこいい。

ごく簡単にいえば、この手のサービスはドコモやauの提供する大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しています。だからユーザーは通信費を払うだけでいい。安さの理由はここにある。

ちなみに、回線自体はドコモやauのものなので、山の中でも地下鉄の中でも、大手キャリアの対応エリアなら普通に使えちゃいます。

だからIIJmioは繋がりにくい、といったことはないですね。ドコモの電波が入るところはIIJmioでも使えるし、ドコモの電波が入らないところはIIJmioでも使えない。シンプルにそれだけのこと。

 

f:id:or_chard:20170125002517j:plain

IIJmioのプランと料金体系は?

記事執筆時のプランと料金体系をまとめときます。電話機能をつけるなら「音声通話つき(みおふぉん)」の欄を参照。3GBで1,600円/月。自分はこれです。

プラン音声通話つき
(みおふぉん)
音声なしSMSデータのみ
ミニマムスタートプラン
※高速通信3GB/月
1,600円/月 1,040円/月 900円/月
ライトスタートプラン
※高速通信6GB/月
2,200円/月 1,660円/月 1,520円/月
ファミリーシェアプラン
※高速通信10GB/月
3,260円/月 2,700円/月 2,560円/月

いろいろ調べてみたんですけど、他の格安simでも、だいたい3GB/月のプランなら1600円前後が相場でした。

  • LINEモバイル→1,690円/月(※主要SNS使い放題)
  • mineo, BIGLOBE SIM→1,600円/月
  • DMM モバイル→1,500円/月
参考
【格安sim】厳選5社を比較してみたよー。スマホを選ぶ基準はこれ!

通話料は20円/30秒。ただ、「みおふぉんダイアル」ってアプリを使えば10円/30秒になるから、まあ通話料は実質こっち。LINEとかGoogleのハングアウトとかがあれば通話は無料なので、知り合いとかとの通話はそっちですべき。あえて電話を使うこともほとんどないと思うんだけど、一応通話料はそういうことになってます。

ちなみに留守電もあります。ぼくは仕事でプライベートの携帯を併用してるのでこれは助かる。月額300円。ぼくはつけてないけど端末補償もあって月額380円ね。

IIJmioにはどんなスマホがあるの?

低コストハイスペックで有名なZenfone2 laserがありますよ!しかも「IIJmio限定カラー」というのが存在している。パープルのちょっとかっこいいやつ。一括払いで17,800円(分割なら月額750円)。めっちゃ安いです。早速使ってるんだけど、画面とかカメラとかキレイで驚いてます。十分すぎるレベル。

f:id:or_chard:20170124125515p:plain

ぼくは18000円ぐらいのZenfone2 laserにしましたが、まったく困ってません。費用対効果が抜群に優れているのでかなりオススメ。コスパ最強。

他にもシャープのAQUOSフォン、ASUS のZenfone3 laserをはじめ、富士通、HUAWEIなど、格安スマホの定番的な端末(機種)はちゃんと取り揃えてくれてます。

…が、iPhoneはIIJmioで売ってません。じゃあどうするかというと、iPhoneをアップルストアで買って、IIJmioのsimカードを挿すって手順になりますね。ぼくはiPad mini3をそのパターンで1年半運用してました。

f:id:or_chard:20170123130251p:plain

実際に使ってみてどうだった?

使ってて「これは便利!」って機能が2つありました。

クーポンスイッチ(みおぽん)とバースト機能が優秀すぎる

1つ目は、「クーポンスイッチ」。高速通信の ON/OFF を切り替えることができるんですよ!

LINEとかTwitterとか、テキストだけのやり取りなのに高速通信を使う必要なんてないですよね。使いたいときだけ高速通信に切り替えられるクーポン機能。しかもアプリ内で1タップで切り替えられます。余った高速通信は来月に繰り越せるんですよ。これがめっっっっちゃ便利でした。

f:id:or_chard:20170124125348p:plain

それから「高速通信は3日で1GBまで!」ってアホみたいな規制がありません。ありがたや。アニメ見てたら2日で3GB近く消費した日もありましたww

f:id:or_chard:20170125003714p:plain

2つ目は、「バースト機能」。速度制限がかかったりすると、Yahoo!のトップページを読み込むのにもアホほど時間がかかりますよね…。IIJmioだと、この「バースト機能」があるので、速度制限がかかっていても(低速通信時でも)最初の数秒だけは高速通信にしてくれるんですよ。一瞬でも高速通信になればTwitterのTLとかニュースサイトとかでもちゃんと読み込めます。

f:id:or_chard:20170124125455p:plain

この2つの機能で高速通信の枠をやりくりしてるんですけど、使いきらなかった高速通信は翌月に繰り越せます。ぼくはいま3GBプランなのですが、今月2GBしか使わなかったら来月は4GBまで使えるってことになります。

f:id:or_chard:20170125003746p:plain

メールアドレスや電話番号は変わるのか?

MNP対応なので、電話番号はかわりません。ぼくはソフトバンクからIIJmioに変えました。ただしメールアドレスは変わります。Gmail使ってます。

その辺の仕組みがわからない人は格安sim入門記事をどうぞ

注意点

IIJmioだとピーク時が遅い?

えー、そんな議論自体が無意味です。格安simってのはドコモの回線を「借りてる」んだから、ドコモ回線の速度がそのまま出ます。格安simの会社は設備投資には基本的に口出ししてないわけですよ。

同じ明示の板チョコなら、イオンで買おうが、商店街で買おうが、高島屋で買おうが同じことでしょ。お客様感謝デーでイオンに人が殺到すれば必然的にイオンで売ってる板チョコが品薄になる。でも別にそれはイオンで売ってる板チョコの品質が落ちたってわけじゃないよね?

問題はイオンに人が殺到したことなんだから、次からイオンが板チョコを多めに仕入れたら問題は解決されます。格安simでいえばIIJmioがドコモから多めに「借りて」しまえばいいだけのこと。

みんながチョコを買う時はどこへ言ってもチョコが品薄になってる。バレンタインの時はどこ言ってもチョコ売り場に人がいっぱいいるわけです。あれと同じ。

結局「みんなが使う時間帯は、どこの回線も混雑するから遅くなる」ってこと。ドコモ回線を使ってるIIJmioがピーク時に遅くなるんだったら、mineoも、UQモバイルも、DMMモバイルも、楽天モバイルも、LINEモバイルも当然昼間は遅くなる。もちろんNTTドコモもピーク時は遅くなる。

イメージ的には、ピーク時(平日の12時-13時)に動画を見るのは諦めたほうがいいかなってレベルです。特に都市部の人は周りが休憩時間で一斉に使うので混むことまちがいなしです。

「今月はIIJmioが速くなった」「今月はmineoが一番速かった」とかせっせと書いてる暇なサイトもあるみたいだけど、結局あれって「ユーザーが増えたら遅くなるし、ユーザーが減ったら速くなる」ってだけ。今月は速くなったってことでみんながIIJと契約しだしたら来月は必然的に遅くなる。人が多くなれば遅くなる。渋滞みたいなものですよ。

だから、通信速度なんてどこでも大差ない!!!

これは力説しときたいです。ほんとに。ドコモ回線使ってるんだからドコモ回線の速度が出ます。au回線使ってるんだったらau回線の速度が出ます。

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

IIJmioが速いとか遅いとか以上に大事なこと

格安simのスマホを選ぶ基準は何でしょうか。

で、まあぼくなりに「これがポイント!」って基準が1つあります。回線の速度ではありません(ドコモ回線借りてるだけなんだからどこでも同じ)。料金でもありません(どうせ100円/月ぐらいしか変わらない)。じゃあなにがポイントかというと、提供してる会社です。

このIIJという会社、なじみないかもしれないけれど、実は日本で最初にインターネットプロバイダーを提供し始めた会社と言われてます*1。業界の草分け的存在。設立はなんと1992年。まだWindows95すらでていない頃ですよ!パソコンが一般家庭に普及する前からインターネット業界をリードしてきたわけです。信頼できるってのはそういうこと。

「てくろぐ」というIIJの公式ブログがあるんですけど、iPhone7が発売されてすぐに、IIJmioのsimはiPhone7でもちゃんと使えるで!ってアナウンスしてくれています。こういうスピード感があるから本当に信頼がおける。

スマートフォンってたぶん長いこと持つことになるだろうから、信頼のおけるところがいいなーと思うわけですよ。インターネット業界で長年技術とノウハウを培ってきた会社はどこかというと間違いなく「エンジニア集団」のIIJです。

それから「格安simは儲からないし本業でもないから撤退しまーす^^」ってことになればユーザー側としてはめんどくさいわけです。その点、ここの会社なら心配しないでいい。

1年半iPad mini3をIIJmioのデータsimで運用してたんですけど、いまとっても満足しています。

他のところとも比較したいって人もいるでしょうから、IIJmioも含めた厳選5社(具体的にはLINEモバイル, mineo, BIGLOBE SIM, DMMモバイル)で比較した記事を紹介しておきますね。正直、LINEモバイルにするかどうかはかなり悩みました。

次の記事
【格安sim】厳選5社を比較してみたよー。スマホを選ぶ基準はこれ!

きょうの ぼうけんは ここまで
イエローでした~<
f:id:or_chard:20160717191054p:plain